2014年09月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年09月

2014年09月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

前向きになれる言葉と感動するお話
今回みなさまにシェアさせていただくお話は、私の尊敬する水谷修さんのお話です。これまで水谷先生は沢山の若者たちと真剣に向き合い、時に激しくぶつかりながらも、自ら…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■志望動機がなぜ重要なのか?看護師さんが転職するさいに求人先が重要視するのが「志望動機」です。なぜ転職するのか、その理由が知りたいわけですから、ブランク明けの…

記事を読む

No Image

デイサービスの仕事について
■利用者と良好な関係を築く難しさについてデイサービスの看護師さんは、メインの仕事である利用者の健康管理をより確かなものにするためにも、普段から積極的にコミュニ…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職支援セミナーのメリットとは?潜在看護師さんはすでに60万人に達しています。この中で再就職したい看護師さんも沢山いるのですが、長期のブランクがあるため、…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■まず大掃除しましょう!やはり看護師の仕事から長い間遠ざかっていると、いざ「再就職」しようにも抵抗があります。新卒で看護師として働き始めたころを強く思い出すか…

記事を読む

No Image

デイケアの仕事について
■メインの仕事は健康管理デイケアにおける看護師さんの仕事についてですが、基本的に利用者さんの健康管理がメインの仕事となっています。ですので医療的ケアを行う機会…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■自分から再就職を難しくしてしまう?再就職を希望する看護師さんの多くが、準備の段階で「年齢」を問題視します。求人先からではなく、自ら「40歳を過ぎたら難しいだ…

記事を読む

No Image

前向きになれる言葉と感動するお話
今回みなさまとシェアさせていただくお話は、子供を授かるも、重い病を患っているため、やもえず中絶することとなった母親の命に対する尊さが説かれています。この女性の…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■環境が大きく変化するさいは要注意!同じ職場にいながら何らかの理由で環境が大きく変化することがあります。例えば立て続けにベテラン看護師さんが辞めたりすると職場…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■考えれば考えるほど不安になる!長期のブランクがある看護師さんが再就職するにあたって問題は特にありません。どこの医療機関も人材不足であるため、「潜在看護師」を…

記事を読む

周りのみんなに優しさを配ってごらん




今回みなさまにシェアさせていただくお話は、私の尊敬する水谷修さんのお話です。


これまで水谷先生は沢山の若者たちと真剣に向き合い、時に激しくぶつかりながらも、
自ら放棄しようとする命をギリギリのところで救ってきました。


夜回り先生の本を友人から借りて読んだ印象では、もっと熱血教師のような方を想象
していたのですが、実際の水谷さんは非常に物腰が柔らかい方です。


そして、とにかく若者たちの話を真剣に聞く姿が印象的でした。


きっとこうした姿勢が若者たちから信頼され、心を開いていくことで、自分の人生
と真剣に向き合うことができるようになったのでしょうね。




(「死にたい」「手首を切った」、そんな相談に水谷さんは
どのように答えているのですか、の質問に)


「水谷です。君が死ぬのは哀しいです」


それだけです。


すると大体


「ごめんね、先生を哀しませて。でも死にます」と返ってくる。


これでこの子は死にません。


(なぜです?)


意識が外へ向きます。


彼らの意識構造は閉鎖的で内へ向いていますから、それを外に向けさせる。

それだけでとりあえずは助かります。

そして僕は一つのお願いをします。


「周りのみんなに優しさを配ってごらん。何でもいいんだよ。
お父さんの靴磨きでもいいし、洗濯物を畳むのでもいい」


「そんなことして何になるの」


「いいから、まずやってごらん」と。


二、三日後には、心ある親なら子どもの変化に気づきます。


「先生、お父さんが靴を磨いていたのを気づいてくれて、
ケーキ買ってくれた。ありがとう」


というようなメールや電話がくる。


そこで今度は親と話します。


お母さんに毎晩一緒に寝て、触れ合ってください、とお願いするのです。


日本の小児科医の父と呼ばれた内藤寿七郎先生は、
「子どもは三歳までに決まる」と言いました。


三歳までにどれだけ触れ合って、抱っこしたかで人生が決まると。


いま、子どもを全然抱いていないでしょう。


保育園に預けても、数人の先生では子ども全員を十分に抱くことはできない。


車ではチャイルドシートなんかに乗せて、全然抱いていないですよ。


たとえ十代になっても二十代になっても遅くはないから、
お母さんに彼らと触れ合って、抱き締めてほしいとお願いするのです。


抱き合えばいいんです。


触れ合えばいいんです。


言葉は要りません。


大人たちは頭を使い過ぎますよ。


子どもたちが待っているのは、考えてもらうことじゃない。


そばにいてくれることです。


それを頭で考えて、言葉でこね繰り回すから、
むしろ言葉で子どもたちを傷つけて追い込んでいる。


いま世の中、ハリネズミだらけだ。


教員と生徒も、親と子も、社会全体がそうです。


愛し合って認め合いたいのに、針を出し合う。


例えば、娘が深夜一時頃帰宅した。


親はもう泣きたいくらい心配なんですよ。


玄関のドアが開いた瞬間、本当は、「やっと帰ってきた。心配していたんだぞ」
と言いたいのに、「何やっていたんだ、こんなに遅くまで!?」と言ってしまう。


一方、娘は家に帰ったら、「遅くなってごめんね」と言おうと思っていたのに、
親に強く言われたものだから、「うざいんだよ!!」と言ってしまう。


「何だ、その口の利き方は。おまえなんか帰ってくるな!」


「分かったよ、出てけばいいんでしょ!!」……。


素直になればいいんです。


そして、言葉を捨てればいい。


教育に言葉は要らないのです。



志望動機が駄目だと看護師の転職・再就職は失敗する!




■志望動機がなぜ重要なのか?


看護師さんが転職するさいに求人先が重要視するのが「志望動機」です。


なぜ転職するのか、その理由が知りたいわけですから、ブランク明けの再就職や新卒
の就職よりも重要視されるので、志望動機について真剣に考えなければなりません。


しかしそう簡単に自分自身を納得させるような志望動機が思いつきませんよね。


なぜなら看護師さんが転職(退職)する理由として最も多いのが「人間関係の問題」
「労働環境の問題」だからです。こうした問題がゼロな職場はまずありません。


大なり小なりどこにでもある問題ですし、実際の面接で面接官に志望動機を問われて
「前職の人間関係が良くないので転職を決意しました」と答えたらどうでしょう?


間違っても採用されることはないですし、正直に答えればいいわけではありません。
勢いあまって前職のグチをひたすら言い続けてしまうケースも少なくありません。





■良い印象を与えようとすると失敗する?


かといって面接対策のノウハウ本に書かれているような回答例をそのまま暗唱しても
だめです。例えば「キャリアアップ」「スキルアップ」のためと答えたとします。


ではなぜ前職では「キャリアアップ」「スキルアップ」できないのか疑問が残ります。


これに対する明確な答えがあるのであれば何も問題ありません。


求人先には前職にはない科目があって、そこで看護師としてさらに成長したいという
思いが本当にあるのであれば、面接官にその思いを簡潔に伝えれば良いでしょう。


しかし、安易に良い印象を与えようとして、当たり障りのないことを言ってしまうと、
面接官にその点を指摘されてしまい、かえって答えに困ってしまいます。


ですので、あまりにも面接官に好印象を与えようとするとかえって難しくなります。


志望動機がまずいと全てが狂ってしまうので、非常に重要になります。





■これまでの経験を生かして即戦力性をアピール!い


ではどうすればよいのでしょうか?


素直にこれまでの経験を愚直にアピールしましょう。


その方が面接官だけでなく、採用担当者にストレートにアピールできます。


前職で身につけた経験を新しい職場で最大限生かすことをアピールしましょう。


そのさいのポイントについてですが、前職の職場でおきたトラブルを自分はどのよう
に解決したかも簡単にアピールすると、より信頼性が増すことになります。


というのも他の人はひたすらいいことしかアピールしないからです。


職場でおきた突発的なトラブルや自分で招いたトラブルをいかに解決したか、これも
面接官や採用担当者にアピールするうえでは非常に有効なポイントになります。


一方ブランク明けの再就職であれば、正直に伝えればいいので特に難しくありません。
できるだけ前向きな気持ちが伝わるような表現方法を用いると良いででしょう。


こうした面接対策や将来的なキャリアプランの作成についても、看護師転職サイトを
利用すれば、専任のキャリアアドバイザーが親切丁寧に教えてくれます。


客観的にアドバイスしてくれるので、これらすべてにおいて非常に有効です。


デイサービスが求める看護師とは?コミュニケーション能力が大切!




■利用者と良好な関係を築く難しさについて


デイサービスの看護師さんは、メインの仕事である利用者の健康管理をより確かなもの
にするためにも、普段から積極的にコミュニケーションを取ることが求められます。


利用者は高齢者ですから、中には内にこもってしまい、喋りかけても口を固く閉ざして
しまったままの方もいますし、反対に相談を装って喋りかけてくるお喋りな方もいます。


一般病院にいるときよりも、コミュニケーションを取る機会と時間はあります。しかし、
慣れないと、どのように対応していいか分からず戸惑ってしまうことも多いです。





■コミュニケーションは慣れるまでの辛抱!


最初はこちらから喋りかけても警戒されるばかりで、ぎこちない状態が続くと思います。
ですので、最初はできるだけ利用者の話を聞くことに集中してください。


また他の職員さんがどのように利用者さんに接しているか観察しながら、徐々に自分でも
試しみてましょう。そして、簡単な質問パターンをいくつか用意します。


それに従って利用者さんに語りかけてみて下さい。「この人は私の話を聞いてくれる」と
わかれば、次第に向こうから喋りかけてくれます。そうなればしめたものです。





■利用者からの相談について


仕事に慣れてくると利用者さんとそのご家族から色々な相談を受けるようになります。


相談の中身についてですが、例えば以下のようなことです。


(1)「体の痛みの訴え」

(2)「怪我や病気の処置」

(3)「薬がきかない」

(4)「施設内の人間関係」

(5)「家族との関係」


コミュニケーション能力というと「喋る能力」と思われがちですが、「聞く力」を養う
ことが何より大切です。利用者さんも話を聞いてくれることを望んでいます。





■看護師に求められるその他のこと


デイサービスに限らず、介護関連の施設の多くが慢性的な人手不足に悩まされています
ので、「入浴介助」や「送迎」なども行わなければならないケースがあります。


そういった状況でも嫌な顔をせずに明るく対応できる人が求められます。


また、利用者の方だけでなく、他の従業員とも誠実に接することを心がけて下さい。
利用者さんからは、優しくて親切な看護師さんが強く求められています。


デイサービスは身障者や認知症の方もいらっしゃいます。


特別視しないで普通に対応することが求められます。


再就職セミナーを受講して就職活動するさいの注意点について




■再就職支援セミナーのメリットとは?


潜在看護師さんはすでに60万人に達しています。


この中で再就職したい看護師さんも沢山いるのですが、長期のブランクがあるため、
どうしても仕事に対する自信がもてません。考えれば考えるほど不安になります。


こうした、悩みがある看護師さんのために再就職支援セミナーがあります。


こうした再就職セミナーには、おなじような境遇にある看護師さんが沢山参加される
ので、お互いに励まし合いながら受講することができるのでメリットは多いです。


こうした絶好の機会を逃す手はありません。しかし中々腰が重いですよね。


ですので、レクレーションに参加する気分で参加されると良いです。


再就職セミナーに参加して、自信が回復すれば儲けものですし、駄目だったとしても
きれいに諦めがつくので、損することは何もありませんので、安心してください。


むしろ得るものの方が多いです。看護師さんの仕事は常に効率を求められますので、
看護師以外の仕事につくことになっても、セミナーでの経験が役に立ちます。





■再就職セミナーを受講したら求職活動へ!


地方自治体や病院が主催している再就職支援セミナーを受講すれば、受講する前より
も確実に自信が回復します。その勢いのまま求職活動に入りましょう。


再就職支援セミナーを開催した病院では、看護師さんは確保するために行っています
ので、看護師さんの募集条件について問い合わせてみるのも一つの手です。、


再就職支援セミナーを受講したさいに院内を見学させてもらえるケースが多いです。


もし受講している間に「働いてみたい」と思ったなら、迷わず院内見学を頼んでみま
しょう。そして院内の雰囲気、従業員の対応、設備など入念にチェックしましょう。


病院内を見学しながら嫌な気持ちに全くならないのであれば、その病院にあっている
かもしれません。そうなるとトントン拍子で入職まで進めることができます。





■いきなり難易度の高い職場で働くのは危険!


再就職するまでに長いブランク(5年以上)があるのであれば、いきなり高度な医療
を行っていない職場で働くとミスを連発してしまい、自信を喪失してしまいます。


せっかく一人の看護師として自信を取り戻しつつあるところで、こうなってしまうと
即退職することになりかねません。これは非常にもったいないことです。


最初の数ヶ月間は看護師としての立場になれることに集中すべきです。


患者さんと接しているうちにコミュニケーションの取り方も次第に上手くいきます。


そうすれば良好な人間関係を構築することが出来ます。


看護師さんの仕事は感覚的なものが多いので、感覚を取り戻すまでが大変です。


ですので、医療にこだわる必要はありません。介護施設でも働けます。


仕事に慣れて自信を持てるようになれば、そのまま働き続けることができます。


しかし、忙しい職場だと、ミスが発生する確率も高くなるので、再就職されたばかり
の看護師さんには荷がおもすぎますので、無理なく働ける職場を選びましょう。


長期のブランクがある看護師が自信をもって再就職する方法!




■まず大掃除しましょう!


やはり看護師の仕事から長い間遠ざかっていると、いざ「再就職」しようにも抵抗が
あります。新卒で看護師として働き始めたころを強く思い出すからです。


右も左も分からずに毎日上司や患者さんに怒られながらも無我夢中で働いてきたこと
を思い出し、また同じこと繰り返すのかとどうしても考えてしまうわけです。


確かに昔のように激務をこなさなければならないと考えると気が引けてしまいます。


最初から苦労することばかり考えると何も出来ずに終わってしまいます。


ですので、まずしっかり自分自身の棚卸しを始めましょう。


オススメは大掃除です。家の中のいらないものを整理すると心と体も整理されます。


新しいことを始めるうえで捨てなければいけないものが色々あります。


一見なんでもないようなことに思えるかもしれませんが、非常に有効です。





■なぜ悩んでしまうのか?


多くの方が再就職するさいにまず「どういった職場」で働くかについて延々と悩んで
しまいます。それよりも、まず現在の生活を見なおしてください。


長期のブランクがあって再就職する場合は大抵家庭と仕事を両立しなければならない
状況にあるわけですから、そうした場合大切なのは、何をやらないかです。


そうすることで条件が明確になります。そのためにも大掃除は重要なんです。


そうしないと、必要以上に再就職することに恐怖を感じてしまいます。


例えば以下のようなことを延々と悩んでしまいます。


(1)人間関係で上手くやれるか?

(2)医療技術の進歩についていけるのか?

(3)最新鋭の医療機器を操作できるのか?

(4)この年で夜勤をこなせるか?

(5)毎日残業だったらどうしよう?



ブランクが長ければ長いほどこうした悩みに振り回されることになります。


そうならないためにも、やらないことを明確にしましょう。


やりたくないことといってもいいかもしれません。





■こだわりを捨てれば楽になる!


今現在どこの病院も人手不足にありながら業務の効率化を進めています。


病院内の働き方も多様化しています。常勤で働くことにこだわる必要はないのです。


非常勤であっても時給が高めに設定されています。


ですので、一般職に就いている女性社員よりも全然稼ぐことが出来ますし、非常勤で
あれば、夜勤はやらなくても大丈夫です。ただし毎日残業があるところもあります。


家庭を優先させるために、「残業なし」の職場を希望するのであれば、やりたくない
こととして「夜勤」「残業」となり、これを条件として求人を探せばいいわけです。


しかし、自分で探すとなると時間がかかるので、看護師転職サイトがおすすめです。
ただ相談するだけでも十分勝ちがあります。現状を知ることが出来ます。


どうしても「 常勤 」にこだわるのであれば、再就職者向けの研修やセミナーを受講
しましょう。そうした情報も看護師転職サイトで教えてくれます。


デイケアでの看護師の仕事について、働く上での注意点とは?




■メインの仕事は健康管理


デイケアにおける看護師さんの仕事についてですが、基本的に利用者さんの健康管理
がメインの仕事となっています。ですので医療的ケアを行う機会も少ないです。


デイケアなどの「 介護施設 」では、必ず医師を配置することが法によって義務づけ
られているのですが、医師は基本的に施設内には常駐していません。


というのも病院での仕事を兼任しているからです。


このため、実際に医師の先生方が施設に訪れるのは限られています。


看護師さんは医師の先生と連絡を取りながら、指示に従って適切に対処します。





■緊急時は医師に代わって対処する


デイケアは病院ではないので一般病院のように入院患者がいません。


また救急搬送されることもありません。


しかし、利用者の大半が高齢者であるため容態が突然急変することがあります。


例えばリハビリやレクレーションを行っている間に突発的に起こります。


そうした場合、看護師さんが先頭にたって対応しなければなりません。


といっても看護師さんが実際に行える医療行為は限られていますので、医師の先生の
指示に従いながら、適切な対応しなければならないので、冷静さが求められます。





■利用者とのコミュニケーションが大切


デイケアのような介護施設も「 人材不足 」のところが多いです。


バイタルチェックや利用者さんが服用する薬の管理など、利用者さんの健康管理以外
にも色々なことを行わなければなりません。介護の仕事もその一つになります。


介護の仕事にまったく興味がない人には不向きかもしれません。


レクリエーションにも参加して、利用者と積極的にコミュニケーションを取ったり、
食事介助、トイレ誘導、湿布、爪切り、胃ろう管理なども行います。


中でも利用者さんとの「コミュニケーション」は難しいです。


病棟勤務時代よりも聞く力が大切となります。


とにかく利用者さんに沢山しゃべってもらうために質問を事前に用意しましょう。





■環境の違いに戸惑うこともある?


同じ介護施設であっても、仕事内容は各施設によって微妙に異なります。


ですので、後々問題にならないようにするためにも応募する際には、求人先について
しっかり調べることをおすすめします。これだけでもかなりトラブルを防げます。


病院から転職された看護師さんの場合、環境の違いに戸惑うことも多いです。


しかし、夜勤はありませんし、勤務シフトも複雑ではないので、慣れると体力的にも
精神的にも負担がそれほど大きくないので、働きやすいと感じる方が多いです。


こうした情報を自分自身で調べるのは正直大変です。


ですので看護師転職サイトを利用して転職活動することを強くオススメします。



年齢の高い看護師が再就職しやすい仕事と職場について!




■自分から再就職を難しくしてしまう?


再就職を希望する看護師さんの多くが、準備の段階で「年齢」を問題視します。


求人先からではなく、自ら「40歳を過ぎたら難しいだろうな」と勝手に思い込んで
しまうのです。するとどうなるか、大抵以下の4つパータンの行動を取ります。


(1)自ら再就職を諦めてしまう

(2)再就職できれば何でもいいと希望の条件を諦める(長く続かない)

(3)パート・アルバイト・派遣で看護師の仕事に復帰

(4)スーパーなどでパートやアルバイトで働く



現状からいうと依然として医療機関の多くが人材不足に陥っていますので、40歳を
過ぎていても、それまでの経験が評価されるので、再就職は問題ありません。


しかしそれでも「年齢」が大きな障害となって、自分の希望にあった条件のいい職場
は見つからないのではないかと心配する看護師さんが多いのが現状です。





■常勤で再就職できるチャンスは十分あります!


上述した(2)にある通り、求人先から内定が欲しいがために、希望の条件を諦めて
まで入職しようとするのですが、これは後々後悔することになりかねません。


多くの医療機関が人手不足の状態にあるのは、何らかしらの原因があります。


例えば仕事が極端にハードだったり、平均よりもかなり「給料が低い」といったこと
が十分考えられますので、安易に妥協してしまうのは非常に危険です!!


40歳を過ぎている看護師さんに全く再就職のチャンスがないわけではありません。


若手よりも、経験のある看護師さんを希望する医療機関も多いんです。


患者さんとのやり取りも、ある程度年齢が高い看護師さんの方が上手ですよね。


ですので安易に妥協するのではなく、忍耐強く求職活動に取り組む必要があります。





■他にもこれだけ働ける職場があります!


年齢が高い看護師さんが再就職するにあたって歓迎されるのが介護施設です。


病棟勤務の経験がある看護師さんを強く求めています。


中でも老健や老人ホームなど高齢者関連の施設では、施設内で働く職員の平均年齢も
高いですから、20代の若い看護師さんよりも働きやすいと思います。


病院にこだわらなければ、常勤での再就職も問題ありません。


また、夜勤や深夜勤務が出来るのであれば、さらにチャンスは広がります!


夜勤専従の場合は少ない回数でも、夜勤手当そのものが割高に設定されているので、
かなり稼げますし、体調管理もしやすいので、実はけっこう人気があります。


求人は圧倒的に非常勤が多いのですが、ここ最近では夜勤専従の常勤正規職員の求人
も増えていますので、病棟経験があるのであれば応募されると良いでしょう。


まずは、看護師転職サイトにて再就職するための相談から始めましょう!!


大切な命に代わりはないから...




今回みなさまとシェアさせていただくお話は、子供を授かるも、重い病を患っている
ため、やもえず中絶することとなった母親の命に対する尊さが説かれています。

この女性の言葉には命の大切さが込められていて、心に強く訴えてきます。



私は実際なら、幼稚園児の母親をしてた。


でも、6ヶ月(人工中絶可能期間ギリギリ)の検診で、
胎児が重い病を持ってることを知った。


それも性別や胎動が分かった瞬間だった。

初めての妊娠で、希望してた男の子だった。

「どんな病気であれ、私が育てる!!!」

なんて意気込んだけど、
奇形やダウン症や内臓や脊髄すら作れない子だった…。


完全に周りからも反対されて、医者からも「中絶してくれ。」って。

「何で虐待する親は産めて、私が産めないんだ。」なんて怨んだ。

結局泣く泣く、処置を受けることに決めた。


全部終わった後で医者に、

「こういう障害を併発で持った子は、実際に流産や着床前に流れてしまう。

でも、この子はママと少しでも一緒に居たくて耐えたんだろう。

本当に強い男の子でしたね。」


それ言われた時、命の尊さとか生命力とか身に染みた。


こんな世間知らずな人間でも、母親として選んでくれたこと、

一緒に居たいと頑張って生きてくれたこと、

ママになる喜びを与えてくれたこと、

全てに感謝してる。



今でも私は、親孝行で強い最高な息子を身篭れたって誇りに思う。

少しでも、虐待や中絶が減りますように。



「Facebookより転載」


看護師がうつ病になりやすい状況とは?サインを見逃さない!




■環境が大きく変化するさいは要注意!


同じ職場にいながら何らかの理由で環境が大きく変化することがあります。


例えば立て続けにベテラン看護師さんが辞めたりすると職場全体が混乱します。


残された看護師さんが手分けしてやらなければ業務が回りません。


単に仕事が増えるだけならまだしも、それと平行して「責任」も大きくなると心理的
ストレスも同時に大きくなるので、「うつ病」を発症するリスクが高まります。


さらに時間に追われるようになれば心に余裕がなくなり、色々不安が増すため、寝る
ことが思うようにできなくなり、肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます。





■指導する立場になるとさらに時間がなくなる


看護師3年目に入ると色々と役割が増えてきます。


責任のある仕事を任されるようになるります。


新卒として入職した新人看護師が職場に配置され、新人看護師の指導及び教育を担当
するようになると自分の時間を確保するのが今まで以上に難しくなります。


今までの業務をこなしながら新人看護師の教育・指導行いながら、次の年の看護研究
発表に向けて、研究の調査や準備が重なってしまうと、狂気の沙汰となります。


休む暇がありません。休日は勉強するか心と身体を休ませるだけとなります。





■些細なことが気になりだしたら要注意!


肉体的にも精神的にも疲弊した状態で前向きなことを考えるのは困難です。


このため次第にこれまで気にしなかったことが急に気になりだしたりします。


うつ病のサインでもあるので、注意する必要があります。


例えば職場の他の看護師さんや患者さんが話しているのが気になりだします。「もし
かしたら私のことを話しているのかも?」といった具合に気になります。


そうするとさらに不安が拡大し、寝たくても寝れず、疲れがとれないことから、常に
体の不調を訴えるなど、健康状態が危険な状態へと向かっていきます。





■辛いと感じたら上司に相談する


こうなる前に看護師長にすぐ相談しましょう。場合によっては精神科を受診すること
を強く勧められるかもしれませんが、絶対に拒絶しないでください。


精神科に対してマイナス的イメージを抱いている方は医療関係者の間でも少なくあり
ません。そんなことは一切ありません。最近の薬物療法はかなり改善されています。





■精神科受診は恥ずかしいことではない


もっと早く行けばよかったと思うくらい肉体的にも精神的にも楽になります。注意点
としては、必ず上司に相談することです。しかし、多くの人が隠そうとします。


周囲に迷惑を掛けたくないという思いからです。そう考えると余計に苦しい方向へと
自らを進めてしまいますので、すぐに上司に相談してください。



ブラングがある看護師が再就職して家庭と仕事を両立させるには?




■考えれば考えるほど不安になる!


長期のブランクがある看護師さんが再就職するにあたって問題は特にありません。


どこの医療機関も人材不足であるため、「潜在看護師」を積極的に採用しようとして
います。そのために研修プログラムを独自に設けている病院も年々増えています。


そうした病院なら入職して研修を受けたのちに職場に配置されるので、慣れるまでは
大変かもしれませんが、無理なく「復職」することができます。


唯一問題があるとすれば、求職活動に入る前に色々と考えてしまうことです。


「以前のように働くことが出来るのか?」「ハードな仕事をこなせるのか?」など、
自問自答を繰り返す度に自分自身を不安に落ち入れる答えしか返ってきません。





■仕事と家庭を両立させるためには?


常勤で働くとなると、病院によっては日勤と夜勤の両方行わなければなりません。


慣れるまでは生活リズムを安定させることが難しいです。


しかし、最近では看護師さんの働き方も多様化していますので、常勤であっても日勤
のみで働ける病院が増えてます。こうした病院で働けば仕事と家庭を両立できます。


無理して日勤・夜勤を行なうも、体調を崩して仕事を辞めざるえないケースもありま
すので、家庭と仕事を両立させるためにも、無理してはいけません。


過去に仕事で無理がたたって身体を壊してしまった経験があるのであれば、なおさら
のこと「 勤務条件 」に関しては慎重になったほうが良いでしょう。





■妥協すると後で後悔することに!


看護師転職サイトを利用して再就職するのであれば、家庭と仕事を両立させるための
条件を申し出てください。夜勤が無理なら「夜勤なし」ときちんと伝えましょう。


ブランクがある看護師さんの中には、内定が欲しいがために無理して求人先の条件を
一方的に受け入れようとする方が少なくないのですが、これは得策ではありません。


入職してから後悔するのは目に見えています。無理して働いても長続きしません。


しっかり現状を把握して、それに合わせて条件を設定しましょう。


勿論健康に自信のあるならば全く心配する必要はありません。


長期のブランクがあっても復職直後から昼夜関係なく働く看護師さんもいます。


しかし、全員が全員こうした方のように働けるわけではありません。





■条件を絞り込むことの重要せいについて


色々不安があるでしょうが、まずは最初の一歩を踏み出すことが肝心です。


いきなり求職活動をスタートさせるよりも、看護師転職サイトに再就職について相談
することから始めてみることをオススメします。その方がストレスなく復職できます。


ブランクがあって、そこのとで再就職するにあたって色々悩まれてきたのですから、
最初から無理せずに、条件にあった理想の職場を探してもらいましょう。


「希望の診療科」、「働ける時間帯」、「夜勤なし」、「日曜出勤なし」、「給料」
「勤務可能エリア」、「子供の送り迎え」など、条件を具体的に伝えてください。


家庭と仕事の両立は不可能ではありません。ブラングがあっても再就職は可能です。
看護師転職サイト「ナースではたらこ」では全面的にサポートしてくれます。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます