2014年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年10月

2014年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
病院には沢山の人が患者として訪れます。本当に色々な人がいるわけですが、どんなに真面目に一生懸命働いても、患者さんの怒りを買ってしまうことがあります。自分でやっ…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■決済賞与あり看護師求人を選びましょう!看護師求人の中には「決済賞与」が記載されているケースがあります。決済賞与とは、利益・負債を年に一度報告する本決算があり…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■給料アップのためにも昇給は何より重要!基本給が昇給することによって、給料(年収)が増えます。ですので、昇給があれば確実に労働意欲が増しますし、職場の士気も高…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■資格を持ちながら看護師未経験者は意外に多い看護学校を無事卒業し、看護師の「資格」を取得するも、色々な理由から「看護師」として病院で一度も働いたことがない方も…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
1999年に日本ではじめて電子カルテが導入されたのですが、当時のモデルは決して操作性に優れているものではありませんでしたが、とてつもない脚光を浴びました。当時…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■履歴書で再就職は決まるくらい重要です!看護師さんの間では転職・就職で履歴書を軽視する向きが年々強まっています。しかし、実際には履歴書を見て採用を決める採用担…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
潜在看護師の数が右肩上がりで増えています。ここで問題なのは、一度退職してから一度も仕事に復帰しないケースが増えている点で、理由は色々いわれています。仕事がハー…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職支援する研修を受ければだいじょうぶ?長期間看護の仕事から離れていれば、どうしても採血などの「手技」や仕事に必要な「勘」を取り戻すまで、それなりに苦労し…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■社宅あり看護師求人のメリット社宅は病院の敷地の中か、近場に所有しているケースが多いです。しかし、残念ながら「社宅あり」の看護師求人は、それほど多くありません…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
病院によって「看護手順」は微妙に異なりますので、入職したばかりで日が浅いと、マニュアルがなければ何かと対応に戸惑うことになります。しかし病院の体質があまりにも…

記事を読む

患者さんのクレームに対応するために看護師さんが取るべき行動とは?



病院には沢山の人が患者として訪れます。本当に色々な人がいるわけですが、
どんなに真面目に一生懸命働いても、患者さんの怒りを買ってしまうことがあります。


自分でやったことなら、何とかしなければという思いから、誠心誠意で対応しようと
思えるのですが、日々激務をこなしていると、精神的にイラつくこともあります。


そうした状態にありながら、他の看護師さんの対応にいついてクレームを入れられ、
困惑するも、怒りをおさえられずに口論となって大きなトラブルになります。


どんなに看護師さんが悪くなくても、対応にあたった看護師さんが責められます。


日本では看護師さんが患者さんから暴力を振るわれてもニュースにはなりません。


しかし、逆に看護師さんが患者さんに暴力を振るうとニュースになります。


ですので、訴訟問題に発展しないためにも、ひたすら患者さんの話を聞く必要があり
ます。患者さんもしゃべっている内に冷静さを取り戻します。


その状態で謝罪すれば、大抵丸く治まりますので、根気よく話を聞く必要があります。




是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





決算賞与ありの看護師求人の魅力とは?悪質な求人を見分けるポイントとは?




■決済賞与あり看護師求人を選びましょう!


看護師求人の中には「決済賞与」が記載されているケースがあります。


決済賞与とは、利益・負債を年に一度報告する本決算があり、そのさいにお金に余裕が
あれば従業員に支払われるボーナスのことで、必ず支給されるものではありません。


ご存知ないかもしれませんが、病院の半数以上が赤字経営なので、決算賞与が支給され
ているということは、病院の経営が安定していることを示しています。


しかも従業員に還元することで節税と従業員の仕事に対する士気を高める効果がありま
すので、「決済賞与あり」の看護師求人は、求人を選ぶうえで一つの指標となります。


ただし、その年だけで終わってしまうのでは意味がありません。


過去5年位の実績を調べ、継続して支払われているのであれば、評価できます。




■決算賞与はいつ支給されるの?悪質な求人に騙されないポイント


看護師転職求人サイトで紹介される看護師求人には、「 賞与 」は基本給の4ヶ月分、
5ヶ月分といった形で記載されていまして、医療機関の大半は年2回支給されます。


ちなみに決算賞与が支給される時期についてですが、決算の時期が病院によって異なる
ため一概にいえませんが、2月か3月に支給するところが多いです。


上述したとおり、決算賞与を支給する医療機関は、経営状態が良いから決算賞与を支給
されるわけですから、決算賞与を支給していないところよりも、当然人気が高いです。


しかし、人材確保のために「決算賞与あり」と求人票に記載することを目的にしている
としか思えないケースもあります。ようは支払っているという実績作りです。


こういったことまでして人材確保に走る場合、人の入れ替わりが激しい可能性大です。


「決算賞与あり」をうたう求人は飛びつく前に上述した点を確認しましょう。





■決算賞与とボーナスの違いとは?


決算賞与はボーナスの違いについてですが、ボーナスは、賃金規定で定められてます。
従業員によって支給される額に差はありますが、支給することが前提になってます。


決算賞与は毎年の業績に応じて支給される特別賞与です。


このため、支給することが前提となっていません。


経営状態があまりにも悪化すれば、ボーナスも支給されない場合があります。


決算賞与が支給される条件についてですが、当然決算が黒字のときのみです。


決算期に合わせて利益の一部を従業員に還元します。


このため支給されるのは年1回となっています。


給料アップを狙うなら看護師求人の過去の昇給額を実績ベースで調べる




■給料アップのためにも昇給は何より重要!


基本給が昇給することによって、給料(年収)が増えます。


ですので、昇給があれば確実に労働意欲が増しますし、職場の士気も高まります。


特に昇給額が予想を超えると、モチベーションがより高まりますよね。


反対に昇給額が小さいと、「これくらいしか評価されていないのか」と思ってしまい
ますので、仕事に対するモチベーションは一気に下がってしまいます。


病院側も、従業員は昇給すれば、色々な点で良い働きをしてくれることを知っている
わけですし、上手く利用すべきだと思うのですが、非常に難しい状況にあります。


日本国内にある病院の実に半数以上が赤字経営で火の車だからです。


このため、毎年かならず昇給があるとは限りません。





■年齢や勤務年数によって昇給額が異なる


しかし働く側からすれば、昇給が全くないよりも、小額でも昇給があった方がいいと
思いますよね。昇給の額は勤務年数が長いからといって多いとは限りません。


実際にはその逆の場合が圧倒的に多いです。


ベテラン看護師さんの中には昇給があっても1000円以下ということもあります。


看護師さんの年齢によっても昇給額が大きく異なります。


若い看護師さんのなかには昇給額が5000円以上に設定される場合が少なくありま
せん。年収で6万円以上増えることになるので、決して小さくありません。





■ベテラン看護師の昇給に対する根強い不満


仕事の中身とその責任がほぼ同じでありながら、「昇給額」に大きな差があることに
ベテラン看護師さんの中には、不満に感じている方が意外と少なくありません。


お給料の総支給額が若手看護師さんよりも多いということを忘れています。


こういったことを経営陣はきちんと説明する義務があります。


しかし長年勤務していると、例え一従業員であってもは経営に関してある程度理解を
示してくれると一方的に思い違いをしている経営者が少なくありません。


これは病院だけでなく、一般の会社でもいえることです。注意しないと、ベテランの
従業員が一方的に不満を抱えたまま、職場の士気を著しく下げる行動を取ります。





■転職する場合は過去の昇給額を調べる


実際に病院によって、昇給のシステムも金額も異なりますので、転職するのであれば
過去のベースアップの実績も重要な「判断材料」となります。


ただ漠然と昇給を期待しても意味がありません。


逆に裏切られることのほうが多いです。そうならないためにも過去のペースアップの
実績を把握します。そうすればどれくらいが妥当かが見えてきます。


そういった情報は自分で調べるのは非常に難しいです。


しかし、「看護師求人サイト」を利用すれば簡単に調べてくれます。


「未経験者歓迎」の看護師求人は大丈夫?未経験者が就職する方法とは?




■資格を持ちながら看護師未経験者は意外に多い


看護学校を無事卒業し、看護師の「資格」を取得するも、色々な理由から「看護師」
として病院で一度も働いたことがない方も少なからずいらっしゃいます。


人生には色々なことが起こりますから、予定調和というわけにはいきません。


病気や事故による怪我によって、長期間働くことができない場合もあります。


大変な思いをして看護師の資格を取得したことから、看護師の資格が無駄になって
しまうと嘆く人が多いです。しかし、そんなことはありません。


最初はだれでも未経験者です。階段を一段ずつ登りながら一人前の看護師になります。
一般の会社に勤務していた方が30代後半になって看護師を目指す方もいます。


一人前の看護師となる頃には40代ですから、遅いということはありません。




■未経験者歓迎の求人について


「未経験者」の看護師求人も少なからずあります。


より多くの人材を求めている病院では、慢性的な「 人材不足 」を解消するためにの
手段として、「 未経験者 」を積極的に雇用しています。


そのためのサポート体制もしっかり整備されています。


看護師として医療機関で勤務した経験がないということで、引け目を感じる方も多い
のですが、例え未経験者であっても、研修期間を経て普通に働くことができます。


ですので、なんら引け目に感じる必要はございません。





■堂々と応募し面接をうけましょう!


未経験者歓迎の求人であれば、他の求人よりも圧倒的に敷居が低いので、多少の不安
があったとしても、遠慮せずに応募し、面接を堂々と受けてください。


しかし、冒頭で申し上げた通り、求人の数はそれほど多くありません。


地域によっては、ハローワークや一般の求人メディアで探すのが困難かもしれません。


そこでオススメしたいのが、看護師転職サイトです。


ナースではたらこは、保有している看護師求人の大半が未公開求人です。


未経験者歓迎の看護師求人を徹底的に探してくれます。


このため無理なく就職活動を進められます。自力でやるのは非常に大変ですが、専任
のキャリアコンサルタントがサポートしてくれるので安心です。


転職先の病院の電子カルテの取り扱いについて確認する!



1999年に日本ではじめて電子カルテが導入されたのですが、当時のモデルは決して
操作性に優れているものではありませんでしたが、とてつもない脚光を浴びました。


当時すでに看護師不足が深刻な状況にありましたので、看護師さんの仕事を軽減できる
ので、病院内の業務が劇的に改善されると期待されていました。


しかし、当時電子カルテを操作している看護師さんから不満が続出しました。


以来15年以上経過していますが、それほど画期的に進化していいません。


ですので、電子カルテの普及も3割程度にとどまっています。


手書きで行っていた人は操作を覚えなければなりません。


前職の職場で電子カルテを利用されていた方も安心はできません。


電子カルテのメーカーが同じとは限りません。


電子カルテの取り扱いに関して病院によって微妙に異なります。


ですので、しっかり確認して早い段階で使用出来るようにしなければなりません。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





長期のブランクがある看護師さんの再就職は履歴書がより重要です!




■履歴書で再就職は決まるくらい重要です!


看護師さんの間では転職・就職で履歴書を軽視する向きが年々強まっています。


しかし、実際には履歴書を見て採用を決める採用担当者も少なくありません。


履歴書をみてはねられてしまったら、面接まで辿り着くことができません。


履歴書を見て「話てみたい」と、興味をもってもらわなければ前に進みません。


ですので、いうまでもなく「履歴書」は非常に重要です。


文章の怖いところは話す言葉よりも、人を不快にさせてしまう可能性が高い点です。


ですので、履歴書の記入に記入に関しても言葉を選ぶ慎重さが求められます。


長期のブランクがあって再就職される場合は、過去に経験した仕事について記入し、
どれくらの期間仕事から離れているか明確に知らせる必要があります。


そうすることにより、求職者がどの診療科で主にどういったことをやり、何年くらい
経験を積んできたかについて、採用担当者は正確に把握することができます。





■しっかり即戦力になれるとアピールする!


いくら人材不足に苦しめられているといっても、採用側が希望する人材像とかけ離れ
ている看護師さんを雇うほどは余裕がないので、マッチングが重要になります。


長期のブランクがあっても、できるだけ短い期間で即戦力となりうる可能性がある方
を採用したいと考えるので、その可能性があるかを見極めようとします。


ですので、そうした姿勢を履歴書でしっかりアピールしなければなりません。


採用担当者はそうした点を考慮したうえで履歴書を見ます。


そして、履歴書から求職者の人物像を把握しようとするので、人によってはこの時点
ですでに採用するしないの判断は、90%程度決まっているとされています。


くどいですが、それほど履歴書は重要なんです。長期のブランクがある看護師さんが、
再就職するうえで、とくに履歴書の書き方が重要になりますので注意してください。





■自分に不都合なことを隠そうとしない!


とはいっても、特別なことをする必要は全くありません。できるだけ丁寧に各項目を
記入し、採用担当者に疑いの目をかけられないように、正直に書くべきです。


これまでの経歴をよく見せたいがために水増しするようなことは絶対にやめて下さい。
少しくらいならバレないだろうと、高をくくると面接の場で痛い目にあいます。


面接で面接官から問いただされ、しどろもどろになってしまったら、嘘をついていた
ことが明らかになってしまうわけですから、その時点で「不採用」決定です。


採用側からすれば、履歴書は求職者の誠実さを判断するための材料でもあるんです。


人材を見極めるのに慎重なところもあれば、反対に即決に近いところもあります。


経営にある程度余裕がありながら、人材不足で大変な病院は履歴書だけで採用を決め、
面接の場で「できるだけ早く来て欲しい」と懇願されるケースもあります。


特に地方の場合はこうしたケースが少なくありません。


後になって問題とならないように履歴書は正確に正直に記入して下さい


長期間にわたって信頼関係を築きながら安心して働くために大切なことです。



夜勤が家庭の事情できなくても日勤専従で働けます




潜在看護師の数が右肩上がりで増えています。ここで問題なのは、一度退職してから
一度も仕事に復帰しないケースが増えている点で、理由は色々いわれています。


仕事がハードなのに加えて「人間関係の問題」が多い点が離職率を高めます。


しかし、人の命を守るという使命感のもと、大変やりがいのある仕事です。


このため潜在看護師の中には仕事に復帰したいと考えている方も多いです。


自治体も市民にきちんと医療サービスを提供するために必死です。


人材不足をカバーするために再就職しやすい環境を整備することに力を入れてます。


病院も勤務形態に柔軟性をもたせることで、働きやすい環境を整えようとしています。
これまで大雑把に常勤、非常勤という分け方でした。より細分化されています。


このため夜勤が色々な理由から出来ない方でも、日勤専従で働けます。


派遣法が大幅に改正されることになったので、さらに細分化されるかもしれません。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





ブランクが長い潜在看護師の再就職を実現するためには準備が大切!




■再就職支援する研修を受ければだいじょうぶ?


長期間看護の仕事から離れていれば、どうしても採血などの「手技」や仕事に必要な
「勘」を取り戻すまで、それなりに苦労しますが、不安に感じる必要はありません。


再就職した後にスムーズに仕事ができるように準備すれば問題ありません。


入職する前に看護技術や看護に関する知識を一から学び直すことによって自信を取り
戻すことができます。そうするとそれまでの不安が嘘のように解消されます。


学び直すといっても、基本がしっかり叩きこまれているわけですから、それほど時間
はかかりません。あせらずにゆっくり自分のペースで進んでいけば大丈夫です。


病院や自治体が開催する再就職を支援する研修を受講すれば、採血などの手技、医療
機器の使用方法方や薬など、看護に関する知識を学び直すことができます。





■ネットの無料サービスを利用してスキマ時間に勉強する


スキマ時間を利用して色々学べます。例えばYoutubeには沢山有益な情報が後悔されて
います。看護技術に関するレクチャービデオは有料でもおかしくないものもあります。


動画を見ながらイメージトレーニングすると、記憶がよみがえるのと同時に勘を取り
戻しやすくなります。また自分で色々探すことにより、目的意識が明確になります。


実際の現場で働くうえで役に立ちます。全くなにもしないで差就職するのと、自分の
出来る範囲で勉強した上で再就職するのとでは得られる結果に大きな差がでます。


前者は何をするにもストレスに感じるため、途中で挫折する可能性が高いです。


後者は最初はミスすることも多いかもしれません。


しかし働きなが徐々に自信を取り戻すことができます。ですので、まずは看護師さん
の復職を支援してくれる、こうした研修やセミナーを受講しましょう。





■受講すれば再就職の道がひらけます!


研修と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、気軽に受講すること出来ます。


研修は、半日から数日間程度です。研修内容によって日程が異なります。


何といっても受講料が無料なので、まったくリスクがない点が大きな魅力です。


最近の医療動向についても学べますし、潜在看護師の復職を支援するためのテキスト
を利用すれば、自宅で学び直すことができるので、時間を有意義に使えます。


そうした素晴しい研修であっても、「潜在看護師」の中には、お子さんがいるため、
受講するのをためらっている方も多いのですが、これは非常にもったいないです。


研修によっては託児所で子供を預かってくれるところもあります。


ですので、看護協会や市役所、病院に直接問い合わせてみましょう。


看護師転職サイトを利用して再就職に関して相談すれば、自分でやるには面倒な作業
をすべて代行してくれるので、看護師転職サイトに相談するのも一つの手です。


社宅あり看護師求人のメリットとは?求人選びに失敗すると毎日が地獄!




■社宅あり看護師求人のメリット


社宅は病院の敷地の中か、近場に所有しているケースが多いです。


しかし、残念ながら「社宅あり」の看護師求人は、それほど多くありません。


それでも社宅がある病院に勤務するのは、かなりメリットが大きいです。


一人暮らしの場合、社宅があれば生活費がかなり抑えられますし、社宅の住人全員が
病院関係者ですから、多少窮屈な思いをするかもしれませんが、何かと安心です。


社宅から病院までの距離が近いので通勤が楽という点も見逃せません。





■社宅に住めば通勤が断然楽!


地方の場合、職場である病院が住宅街から離れているケースが少なくありません。


急患が立て続けにあったり、長時間にわたる「 残業 」で遅くなったときに車を運転
するのは本当に辛いですから、病院のそばに社宅があるのは色々な面で楽なんです。


車の場合、道路が渋滞することがありますから、いつもと同じ時間帯に家を出ても、
遅刻してしまうことがありますが、社宅であればそうしたこともありません。


通勤時間が短くてすみますので、その分仕事に専念できます。


また、仕事で疲れた体を、すぐに休めることができます。


車や電車で通勤する場合、こうはいきませんからね。





■社宅あり看護師求人のデメリット


メリットがあれば、デメリットがかならずあります。


まず住人全員が同じ病院に勤務している人たちなので、当然人の目をきにしないわけ
にはいきません。かなり自由が制限されますので、窮屈に感じるかもしれません。


また、仕事帰りに買い物をして帰るといったこともできません。


こういったことに嫌気して、社宅から出て行く人もいます。


しかし、デメリット以上にメリットがあると思います。なんといっても社宅の大半は
「無料」か、ありえないくらい安価に設定されているので、金銭面で断然お得です!


ただし、社宅を優先しすぎて求人選びに失敗すると大変です。


仮に職場と社宅の人間関係が最悪だったとすると、一日中嫌な思いをしなくてはなり
ません。あまりにも酷いと自分の部屋にこもりっきりなんてことになりかねません。


安易に選んでしまうと後になって後悔することになるので十分注意して下さい。


病院見学のさいに看護手順マニュアルがあるか確認する!




病院によって「看護手順」は微妙に異なりますので、入職したばかりで日が浅いと、
マニュアルがなければ何かと対応に戸惑うことになります。


しかし病院の体質があまりにも封建的だったりすると新しいことを積極的に取り入れ
ようとする意欲があまりにも低いので、看護手順のマニュアルすらありません。


業務全般のシステム化も遅れているので、電子カルテに慣れきってしまっている人は
とにかく、何をどうしていいか分からなくなるかもしれません。


仕事に関して質問しても、「仕事は目で盗む」といったことを真顔で言われます。


こうした職場を避けるためにも、看護マニュアルがあるか必ず確認しましょう。




是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます