2014年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年10月

2014年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

看護師の再就職について
■再就職するえで最大の悩みとは?長期のブランクがある方が再就職するにあたり、仕事に関する知識を大幅に忘れていることに焦りを感じます。これが再就職することを躊躇…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■医療機関によって条件が異なる!転職にはリスクが伴います。転職したからといって、今現在置かれている状況が改善されるわけではないからです。その逆もあることを認識…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
今いる職場に不満を感じ、一日も早く「転職」したいと考えている看護師さんは少なくありません。しかし、転職したからといって必ず上手くいくわけではありません。特に人…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■面接でもコミュニケーション能力が問われる看護師さんの仕事は医療の専門職でありながら、究極のサービス業でもあります。患者さんと接するにあたって、しっかりコミュ…

記事を読む

No Image

介護関連の資格
■看護師がケアマネの資格取得を考えるときとは?ご存知の通り看護師さんの仕事は、夜勤や時間外勤務があり、肉体的にも精神的にもハードな仕事なので、他の業種・職種に…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
子供が保育園に通うようになると子育てが一段落しますので、自分の時間が持てるようになりますが、何かと不安が多いこのご時世ですので、働きに出ることを検討します。し…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
結婚・出産を経て、子供が保育園に通いだすと再就職を検討されるケースが多いわけですが、いくつか注意しなければならない点がどうしてもあります。今回は求人選びの注意…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
年度初めを狙って転職する看護師さんが少なくありません。年度初めには職場も新しい人材を受け入れる体制が整っていますし、気候的に過ごしやすい時期なので、明るい気持…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
病院の「評判」は転職先候補を絞り込むうえで非常に重要です。いうまでもなく病院の評判は非常に重要です。転職先候補を絞り込むうえで非常に重要な指標となりますが、評…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■介護に関する知識がどうしても必要介護老人保険施設でも看護師さんは不足しています。しかし、不足しているのは看護師さんだけではありません。病院と同じく、介護老人…

記事を読む

潜在看護師の再就職を妨げる悩みとは?ノーリスクで再就職を実現するには?




■再就職するえで最大の悩みとは?


長期のブランクがある方が再就職するにあたり、仕事に関する知識を大幅に忘れている
ことに焦りを感じます。これが再就職することを躊躇させる大きな生涯の一つです。


しかし、また一からやり直しする必要はありません。


ブランクが長いからといっても、5年以上の「臨床経験」があれば、自治体や医療機関
が提供する再就職支援サービスを受ければ問題なく取り戻すことができます。


こうした研修・セミナーは、すべて無料で受講できます。研修の中身に関しては色々と
言われていますが、個人的には大した問題では無いと思っています。


まず現役の看護師さんから直接現場で行われる看護の基本技術を指導してもらえます。


また仕事の内容などについて色々と相談できる点だけとっても大きなメリットです。





■再就職を支援する研修やセミナーについて


大切なのは、同じ様な状況にある看護師さんが沢山受講されている点です。


相談し合える仲間が一人でもできれば大きな財産となります。


互いに切磋琢磨し合いながら再就職を実現することでしょう。


これはお金などには換算することができない大きなメリットです。


通勤可能圏内にある医療機関や市役所に問い合わせてみるのも一つの手です。


またホームページに詳細情報が開示されていますし、看護師転職サイトを利用すれば、
再就職するためのプランを構築した上で、ステップバイステップ形式で進めます。





■入職した後に学び続けることが大事


人の命を守るのが医療及び看護の役割ですから止まることがゆるされません。


医療は常に進化しているからです。原因不明の疾病が続々と誕生していますから、
医療に携わる人たちは常に進化することが求められています。


ですので、再就職の研修を受けるだけでなく、自主学習が非常に大切です。


単に与えられた課題をこなすだけではありません。


看護師として将来的にどうするか、具体像が明確になります。


そうした上で、すでに復職された先輩看護師の話をきけるので、余計具体化さらます。


研修を受講することにより、看護知識や看護技術だけでなく、最新の医療機器の取り
扱いについても指導してもらうことも出来ますので、入職後も安心です。


例えば看護の仕事から離れる前には電子カルテを扱ったことすらない方もいます。


そういった看護師さんでも、簡単に操作できるようになります。





■再就職セミナーは完全無料でノーリスク


また講習では看護技術や看護知識の理解を深めるだけではありません。


病棟やICU、医局や院内託児所も見学も行いますので、実際には至れり尽くせりです。
事実見学した病院にそのまま就職する看護師さんも少なくありません。


複数の研修を受けながら、再就職についてじっくり考える看護師さんも多いです。


いずれにしても再就職を支援する研修やセミナーは受講するだけならノーリスクです。


あれこれ悩んで前に進めないくらいなら、研修だけでも受けるべきです。



資格手当ありの看護師求人を探すさいの注意点!手当よりも大切なのは?




■医療機関によって条件が異なる!


転職にはリスクが伴います。転職したからといって、今現在置かれている状況が改善
されるわけではないからです。その逆もあることを認識する必要があります。


リスクを犯してまで転職するわけですから、少しでも条件が良い職場へ転職したいと
考えるのは当然ですし、そうでなければ転職する意味がありません。


お給料が今より下がるのであれば、転職する意味がないどころか間違いなく自己嫌悪
に陥ってしまうことでしょう。しかし気をつけないとそうなってしまうのです。


例えば、スキルアップのために資格を習得された看護師さんの中には、少しでも給料
をアップさせるために、「資格手当」で求人を選ぶケースが少なくありません。


しかし、「医療」や「介護」に関連した資格であれば、中身を問わず全て資格保有者
として認め、一定額の資格手当を支給するというわけには殘念ながらいきません。


例えば「ケアマネージャー」の資格を取得しても、介護関連の施設では、それ相当の
手当が支給されますが、医療機関では認められないケースも多いです。





■手当ばかりに目を奪われると損をする?


資格手当をはじめ、各種手当の支給額が低くても、基本給が高く設定されている場合
もあります。基本給はボーナスにも影響するので、言うまでもなく重要です。


勿論各種手当の額も大切ですが、各種手当てに目を奪われて、基本給が今勤務されて
いる医療機関よりもトントンか少し低いところに転職してしまうのも問題です。


年収ベースでマイナスになってしまう可能性があるので十分注意してください。


また同じくらいの規模の病院に勤務しながら、同じ資格を有していても、Aさんは資格
手当が支給されていても、Bさんは支給されないといったケースもあります。


こういったことは、転職先候補を絞り込むさいに、確認しなければなりません。


入職した後に認めてもらえるように交渉するのは困難ですので注意してください。





■資格手当はいくらくらいが相場?


専門看護師や認定看護師の場合、1万円前後の手当が支給されます。


専門看護師や認定看護師として認定されるまでの道のりは決して平坦ではありません。
大学院で2年間勉強するための学費や生活費などの費用もかかります。


ですが、手当としては1万円程度しか支給されないケースがほとんどです。


これだけを見ると非常に存した気分になるかもしれませんが、毎月のお給料にプラス
されるだけでなく、一人の看護師としての評価は確実に上がっていきます。


そして、より高度な看護ケアを行うことができるようになれば、昇給のさいに基本給
に大きく反映されますし、自分から交渉するさいも有利に進めることができます。


なぜなら絶対的な価値を持っているからです。





■下調べが何より大切!


資格手当て以上に仕事に対するやりがいや、社会的な信用のほうが断然大きいので、
専門資格の取得を検討されている方は、前向きに検討されたほうが良いでしょう。


大半の医療機関で何らかしらの手当が支給されてますが、額面に関しては、医療機関
によって異なりますので、よく調べてから応募されたほうが良いでしょう。


自分で調べるのは難しいですが看護師転職サイトを利用し、キャリアコンサルタント
に相談すれば、適切なアドバイスをしてくれますので、安心です!!


転職するかしないかで悩んでいる看護師さんへオススメの方法




今いる職場に不満を感じ、一日も早く「転職」したいと考えている看護師さんは少なく
ありません。しかし、転職したからといって必ず上手くいくわけではありません。


特に人間関係の問題は、自分の中にある問題を解決しない限り続く可能性があります。


一方的に「もっと人間関係が良くて働きやすい職場がいい」と思っても、転職した職場
が前職よりも悪辣な環境にあるかもしれません。実際そうなるケースも多いです。


そうした場合に勢いにまかせて転職してしまうと大抵失敗します。ですので、空いてる
時間を有効に使って、スポットでアルバイトすることをオススメします。


「はぁ?忙しくて毎日クタクタなのにバイトなんか出来ないわよ」


おっしゃるとおりなのですが、社会勉強のつもりでバイトしてみましょう。


そうすると色々なことが分かります。


今いる職場の良い所、悪い所が分かると冷静な判断が出来るようになります。


「バイトして、今いる職場がいかに酷いところかわかった」となった場合は転職し、
そうでなければ、今一度考えなおされたほうが良いでしょう。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





ブランクが長い看護師が再就職の面接で面接官を虜にする方法とは?




■面接でもコミュニケーション能力が問われる


看護師さんの仕事は医療の専門職でありながら、究極のサービス業でもあります。


患者さんと接するにあたって、しっかりコミュニケーションを取らなければ当然色々
な問題が生じるわけですから、面接の場でもコミュニケーション能力が問われます。


とはいっても専門のインストラクターのように振る舞う必要はありません。


取るべき行動はシンプルです。面接官から尋ねられた質問に対して、きちんと答える
だけです。そのさいに適切なスピードで、はっきり答えて下さい。


声の大きさに関してですが、面接官よりもほんの少しだけ大きな声になることを意識
してください。無理に大きな声をあげる必要はまったくありません。


よく面接関係の書籍には、「 大きな声で答える 」と書かれていますが、それよりも
分かりやすく答えることのほうが重要です。そのために応募書類が重要になります。





■しっかり応募書類を作成することで面接で勝利する


志望動機をしっかりまとめることによって、面接官があなたに対する質問をしやすく
するわけですが、これにより、面接官の質問をある程度コントロールできます。


やり方についてですが、非常にシンプルです。


志望動機の欄で結構なので、面接官が質問しやすいように看護観やこれまで経験して
きたことをまとめ、これらのことを求人先の病院で最大限貢献したいとします。


例えば「脳神経外科病棟」で働いていたと仮定します。


いかに過酷な状況で毎日真剣に患者さんと向き合ってきたかを説明し、そこで培った
スキルと知識を求人先の病院で最大限貢献したいとするわけです。


そうすると必然的にこれを確認するために集中的に質問されます。すでに自己分析が
しっかりされており、自分の考えが明確になっているため好感がもたれやすいです。


後はそれに対して答えるだけなので、無駄がないうえに双方にとってもやりやすさを
感じることでしょう。そうなれば「好印象」を与えるには十分です。





■最高の自分をアピールする方法とは?


皆さん一番苦労するのが自分をアピールすることです。


我々日本人の多くが自己アピールに苦労しています。


そうした中で我々日本人が一番心に響くのは他人の「苦労話」です。


みなさん心の底では「お涙頂戴」が大好きなんですよね。


もちろん露骨過ぎるのは嫌われますので、これまでの経験で一番大変だったこと、
そしてそれをどう乗り越えたのか、出来るだけシンプルにまとめて伝えましょう。


人間誰しも失敗を犯すわけですが、問題はそれをどう対処したかですよね。


逃げずに向き合ったからこそ今があるわけです。それを最大限にアピールしましょう。


また求人先の病院や施設についてもしっかりリサーチしてください。


面接官の質問に適切な答えで返すためにも、絶対に必要です。


悲しことに、求人先のホームページすら見ないで応募する方が少なくありません。


当然「こんなことも知らないで応募してきたの?」となります。


こうした点を含めて事前にしっかり準備しておけば、本番も大丈夫です!


看護師がケアマネージャーの資格を取得しても転職に失敗する理由とは?




■看護師がケアマネの資格取得を考えるときとは?


ご存知の通り看護師さんの仕事は、夜勤や時間外勤務があり、肉体的にも精神的にも
ハードな仕事なので、他の業種・職種に転職することを誰でも一度は考えます。


そのさいに「 介護職 」を検討する方が圧倒的に多いです。


看護師さんの場合、5年以上職務経験があれば、ケアマネージャーの受験資格が得ら
るので、転職目的でケアマネージャーの資格取得を目指す方が少なくありません。


確かにケアマネージャーの仕事は、夜勤や日曜勤務、時間外勤務もありませんので、
家庭がある方は、家族と過ごす時間が確実に増えると思います。


家庭と仕事を両立させたいのであれば、ケアマネージャーの仕事は適していますが、
色々な人と関わりを持つので、高いコミュニケーション能力がどうしても必要です。


しかもお給料が看護師さんとは比較にならないほど安いです。





■ケアマネージャーの仕事は人間関係の問題がいっぱい!


仕事の内容が異なりますので、 看護師さんの仕事とケアマネージャーの仕事を比較
するのは難しいですが、看護師さんの仕事とは違った「 やりがい 」があります。


利用者さんが適切な介護サービスを受けられるように手配するのがケアマネージャー
の主な仕事となりますので、基本調査だけやればいいというわけにはいきません。


色々な職種の人達と関わりを持ちながら仕事を進めていきますので、当然中には合わ
ない人もいます。腹の立つことも少なくありません。この点はどこも一緒です。


また施設の経営者が地主で、所有している土地を遊ばせるのが勿体無いという理由で
介護の事業を始めるケースがあり、こうした施設で働くことになると大変です。


面倒なことはすべて押しつけられますので、心が休まるときがありません。





■ケアマネージャーとして転職するのは大変?


他の職種からケアマネージャーの資格を取得されるケースも当然あります。


しかし介護や医療の現場で働いたことのない方がケアマネージャーの資格を取得され
ても、雇用側は経験者を求めているのでケアマネージャーとして働くのは困難です。


看護師さんの場合は介護施設で看護師として働いた経験があれば、かなり有利ですが、
それでも実際にケアマネージャーとして転職するのは簡単ではありません。


ケアマネージャーとして働くのであれば、介護施設で看護師として数年働いて、その
働きが認められたうえでケアマネージャーとして働くのが一般的です。


そこで問題となるのが「給与」です。はっきりいて病院勤務の看護師さんの方が年収
ベースで100万円以上高いので、お金のことを考えてあきらめる人も多いです。


ママさん看護師がブランク明けから再就職するさいの注意点とは?




子供が保育園に通うようになると子育てが一段落しますので、自分の時間が持てるよう
になりますが、何かと不安が多いこのご時世ですので、働きに出ることを検討します。


しかし、子供がまだ小さいのでフルタイムで働くのは厳しいです。


このためパートやアルバイトで働く事を考えます。看護師の資格を有していながら近所
のスーパーやコンビニで働いてしまうケースが少なくありません。


過酷な職場でまた一から働くのなら、知らない仕事の方がいいと考えてしまうようです。
また病院に合わせて働かなければいけないという固定概念がそうさせることもあります。


しかし、これは非常に勿体無いです。パートなら自分のペースで働くことができます。


スーパーのパートやアルバイトはせいぜい時給900円ですが、看護師さんのパートは、
時給2000円前後が相場なので、家計を助けたいならパート看護師がベストです!


是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

ママさん看護師さんがブランク明けから再就職するさいの注意点



結婚・出産を経て、子供が保育園に通いだすと再就職を検討されるケースが多いわけ
ですが、いくつか注意しなければならない点がどうしてもあります。


今回は求人選びの注意点について動画で解説しています。


何を注意しなければならないかといいますと、求人先の職場の既婚率です。


独身の看護師さんが多い職場は、仕事にそれだけの時間を費やすことができるので、
仕事量が多くてハードなケースが少なくありません。しかも細かったりします。


それぞれの看護師さんが自分のペースを守るため結構ピリピリしています。


仕事に対する意識が非常に高いので、あまり休もうとしません。


こうした職場では子供が病気になって休まなければならないときも休みにくいです。


既婚者が多く、子育て中のママさん看護師がいるところの方が断然働きやすいです。


ですので、病院見学のさいにはこの点を必ず確認してください。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





年度初めに転職するメリット・デメリットとは?




年度初めを狙って転職する看護師さんが少なくありません。


年度初めには職場も新しい人材を受け入れる体制が整っていますし、気候的に過ごし
やすい時期なので、明るい気持ちで働くことができるのはメリットです。


しかし、ある程度規模の大きな病院は、1年生看護師を大量に受け入れますので、
「新人育成」にどうしても力を取られてしまうことになります。


このため病衣によっては業務が混乱しやすいのも事実です。


ですので、タイミングとしては悪くはないのですが、経験者の方が転職した場合は、
研修などをしっかり行ってもらえない可能性もあるので注意が必要です。


年度初めを狙って転職する看護師さんが多いのは事実です。受け入れ体制が整ってる
うえに、新年度に向けて人材を補充しようとする動きも活発化します。


しかし、だからといって良い求人に恵まれやすく、希望にあった転職が実現しやすい
といったではありませんので、この点に関しては十分注意下さい。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





病院の評判から看護師さんの転職先候補を絞り込む方法




病院の「評判」は転職先候補を絞り込むうえで非常に重要です。


いうまでもなく病院の評判は非常に重要です。転職先候補を絞り込むうえで非常に重要
な指標となりますが、評判の良い悪いには、それなりの理由があります。


評判が悪い病院は、やはり従業員の対応が悪すぎるというのが圧倒的に多いです。


従業員の態度が悪かったり、対応が悪いところは職場の人間関係も当然良くありません。


職場の環境もよくないので色々なトラブルが次から次へと生じます。


このように看護師さんの接遇がよければ、悪い評判はたちにくいです。


他の従業員の対応が総じて素晴しいにもかかわらず、対応にあたった看護師がたまたま
悪いのにあたってしまうこともありますが、患者さんの方が理解してくれます。


また態度と対応の悪い従業員が多くて、その日対応した看護師に嫌な目にあった場合は、
病院そのものが悪いと理解し、ここからあっという間に評判が広がります。


良い評判は中々広がりませんが、悪い評判はあっという間に広がります。


最近はネットでこうした評判を各業種別に一覧出来るサイトが沢山あります。


特殊な例では、求人を見て応募するのがブラックな病院と認定される前を100とし、
ブラックな病院と審判をくだされてから、応募が1にまで下がってしまいます。


殘念ながら、実際に病院を利用した患者さんの病院やそこで働く従業員の対応に対する
印象が良い・悪いといった厳しい評価がなされるのは非常に怖いです。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





長期ブランクがある看護師が介護老人保健施設に再就職するさいの注意点




■介護に関する知識がどうしても必要


介護老人保険施設でも看護師さんは不足しています。


しかし、不足しているのは看護師さんだけではありません。


病院と同じく、介護老人保健施設でも人材不足に苦しめられています。


介護施設で働く職員の大半が介護士の資格を有する人達ですが、どこも経営が厳しい
ので、賃金を引き上げて雇用を最大化するといったことができません。



このため、本来であれば看護師さんがやらなくても良い「 介護関係 」の仕事も場合
によってはやらなければならないので、介護に関する知識も必要になります。


施設に勤務する看護師さんは病院から転職するケースが圧倒的に多いです。しかし、
最近では結婚・出産を経てブランク明けで再就職されるケースも増えてます。





■慣れるまでは戸惑うことが多い


病院では、ブランクのある看護師さんが不安なく働けるように研修や講習会を設けて
いますが、介護老人保健施設では、基本的にこういった取り組みを行っていません。


施設内のスタッフからすれば、全てベテランの看護師としてみられますので、何でも
できると思われる傾向が圧倒的に強いです。慣れないと戸惑うことが多いです。


看護師として経験が少なければ、当然判断に困る場面に遭遇することも少なくありま
せん。職場で浮いてしまい、精神的につらいときもあるかもしれません。


しかし、働いているうちに慣れてきますので、数ヵ月間の辛抱です。





■求人を選ぶさいのポイント


もしも「臨床経験」があまりにも浅かったり、ブランクが長過ぎる場合(5年以上)
は、復職支援プログラムがある病院に再就職して経験をつけるのも一つの手です。


ある程度自信がついてから、介護老人保健施設へ転職します。


そうすれば入職してからもスムーズに働くことができます。


また経験があって、ブランクが1〜2年程度だけれでも自信がないのであれば、求人
を選ぶ際に必ず相談できる看護師さんがいる施設を選びましょう。


看護師さんの数がある程度揃っている施設であれば、仮に戸惑う場面に遭遇すること
があっても、他の看護師さんに教えてもらえますので、安心して働けます。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます