2014年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年10月

2014年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

転職に失敗する看護師の特徴
病院によって「看護手順」は微妙に異なりますので、入職したばかりで日が浅いと、マニュアルがなければ何かと対応に戸惑うことになります。しかし病院の体質があまりにも…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職するえで最大の悩みとは?長期のブランクがある方が再就職するにあたり、仕事に関する知識を大幅に忘れていることに焦りを感じます。これが再就職することを躊躇…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■医療機関によって条件が異なる!転職にはリスクが伴います。転職したからといって、今現在置かれている状況が改善されるわけではないからです。その逆もあることを認識…

記事を読む

病院見学のさいに看護手順マニュアルがあるか確認する!




病院によって「看護手順」は微妙に異なりますので、入職したばかりで日が浅いと、
マニュアルがなければ何かと対応に戸惑うことになります。


しかし病院の体質があまりにも封建的だったりすると新しいことを積極的に取り入れ
ようとする意欲があまりにも低いので、看護手順のマニュアルすらありません。


業務全般のシステム化も遅れているので、電子カルテに慣れきってしまっている人は
とにかく、何をどうしていいか分からなくなるかもしれません。


仕事に関して質問しても、「仕事は目で盗む」といったことを真顔で言われます。


こうした職場を避けるためにも、看護マニュアルがあるか必ず確認しましょう。




是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





潜在看護師の再就職を妨げる悩みとは?ノーリスクで再就職を実現するには?




■再就職するえで最大の悩みとは?


長期のブランクがある方が再就職するにあたり、仕事に関する知識を大幅に忘れている
ことに焦りを感じます。これが再就職することを躊躇させる大きな生涯の一つです。


しかし、また一からやり直しする必要はありません。


ブランクが長いからといっても、5年以上の「臨床経験」があれば、自治体や医療機関
が提供する再就職支援サービスを受ければ問題なく取り戻すことができます。


こうした研修・セミナーは、すべて無料で受講できます。研修の中身に関しては色々と
言われていますが、個人的には大した問題では無いと思っています。


まず現役の看護師さんから直接現場で行われる看護の基本技術を指導してもらえます。


また仕事の内容などについて色々と相談できる点だけとっても大きなメリットです。





■再就職を支援する研修やセミナーについて


大切なのは、同じ様な状況にある看護師さんが沢山受講されている点です。


相談し合える仲間が一人でもできれば大きな財産となります。


互いに切磋琢磨し合いながら再就職を実現することでしょう。


これはお金などには換算することができない大きなメリットです。


通勤可能圏内にある医療機関や市役所に問い合わせてみるのも一つの手です。


またホームページに詳細情報が開示されていますし、看護師転職サイトを利用すれば、
再就職するためのプランを構築した上で、ステップバイステップ形式で進めます。





■入職した後に学び続けることが大事


人の命を守るのが医療及び看護の役割ですから止まることがゆるされません。


医療は常に進化しているからです。原因不明の疾病が続々と誕生していますから、
医療に携わる人たちは常に進化することが求められています。


ですので、再就職の研修を受けるだけでなく、自主学習が非常に大切です。


単に与えられた課題をこなすだけではありません。


看護師として将来的にどうするか、具体像が明確になります。


そうした上で、すでに復職された先輩看護師の話をきけるので、余計具体化さらます。


研修を受講することにより、看護知識や看護技術だけでなく、最新の医療機器の取り
扱いについても指導してもらうことも出来ますので、入職後も安心です。


例えば看護の仕事から離れる前には電子カルテを扱ったことすらない方もいます。


そういった看護師さんでも、簡単に操作できるようになります。





■再就職セミナーは完全無料でノーリスク


また講習では看護技術や看護知識の理解を深めるだけではありません。


病棟やICU、医局や院内託児所も見学も行いますので、実際には至れり尽くせりです。
事実見学した病院にそのまま就職する看護師さんも少なくありません。


複数の研修を受けながら、再就職についてじっくり考える看護師さんも多いです。


いずれにしても再就職を支援する研修やセミナーは受講するだけならノーリスクです。


あれこれ悩んで前に進めないくらいなら、研修だけでも受けるべきです。



資格手当ありの看護師求人を探すさいの注意点!手当よりも大切なのは?




■医療機関によって条件が異なる!


転職にはリスクが伴います。転職したからといって、今現在置かれている状況が改善
されるわけではないからです。その逆もあることを認識する必要があります。


リスクを犯してまで転職するわけですから、少しでも条件が良い職場へ転職したいと
考えるのは当然ですし、そうでなければ転職する意味がありません。


お給料が今より下がるのであれば、転職する意味がないどころか間違いなく自己嫌悪
に陥ってしまうことでしょう。しかし気をつけないとそうなってしまうのです。


例えば、スキルアップのために資格を習得された看護師さんの中には、少しでも給料
をアップさせるために、「資格手当」で求人を選ぶケースが少なくありません。


しかし、「医療」や「介護」に関連した資格であれば、中身を問わず全て資格保有者
として認め、一定額の資格手当を支給するというわけには殘念ながらいきません。


例えば「ケアマネージャー」の資格を取得しても、介護関連の施設では、それ相当の
手当が支給されますが、医療機関では認められないケースも多いです。





■手当ばかりに目を奪われると損をする?


資格手当をはじめ、各種手当の支給額が低くても、基本給が高く設定されている場合
もあります。基本給はボーナスにも影響するので、言うまでもなく重要です。


勿論各種手当の額も大切ですが、各種手当てに目を奪われて、基本給が今勤務されて
いる医療機関よりもトントンか少し低いところに転職してしまうのも問題です。


年収ベースでマイナスになってしまう可能性があるので十分注意してください。


また同じくらいの規模の病院に勤務しながら、同じ資格を有していても、Aさんは資格
手当が支給されていても、Bさんは支給されないといったケースもあります。


こういったことは、転職先候補を絞り込むさいに、確認しなければなりません。


入職した後に認めてもらえるように交渉するのは困難ですので注意してください。





■資格手当はいくらくらいが相場?


専門看護師や認定看護師の場合、1万円前後の手当が支給されます。


専門看護師や認定看護師として認定されるまでの道のりは決して平坦ではありません。
大学院で2年間勉強するための学費や生活費などの費用もかかります。


ですが、手当としては1万円程度しか支給されないケースがほとんどです。


これだけを見ると非常に存した気分になるかもしれませんが、毎月のお給料にプラス
されるだけでなく、一人の看護師としての評価は確実に上がっていきます。


そして、より高度な看護ケアを行うことができるようになれば、昇給のさいに基本給
に大きく反映されますし、自分から交渉するさいも有利に進めることができます。


なぜなら絶対的な価値を持っているからです。





■下調べが何より大切!


資格手当て以上に仕事に対するやりがいや、社会的な信用のほうが断然大きいので、
専門資格の取得を検討されている方は、前向きに検討されたほうが良いでしょう。


大半の医療機関で何らかしらの手当が支給されてますが、額面に関しては、医療機関
によって異なりますので、よく調べてから応募されたほうが良いでしょう。


自分で調べるのは難しいですが看護師転職サイトを利用し、キャリアコンサルタント
に相談すれば、適切なアドバイスをしてくれますので、安心です!!


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます