2014年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年10月

2014年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
潜在看護師の数が右肩上がりで増えています。ここで問題なのは、一度退職してから一度も仕事に復帰しないケースが増えている点で、理由は色々いわれています。仕事がハー…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■再就職支援する研修を受ければだいじょうぶ?長期間看護の仕事から離れていれば、どうしても採血などの「手技」や仕事に必要な「勘」を取り戻すまで、それなりに苦労し…

記事を読む

No Image

条件で選ぶさいの注意点
■社宅あり看護師求人のメリット社宅は病院の敷地の中か、近場に所有しているケースが多いです。しかし、残念ながら「社宅あり」の看護師求人は、それほど多くありません…

記事を読む

夜勤が家庭の事情できなくても日勤専従で働けます




潜在看護師の数が右肩上がりで増えています。ここで問題なのは、一度退職してから
一度も仕事に復帰しないケースが増えている点で、理由は色々いわれています。


仕事がハードなのに加えて「人間関係の問題」が多い点が離職率を高めます。


しかし、人の命を守るという使命感のもと、大変やりがいのある仕事です。


このため潜在看護師の中には仕事に復帰したいと考えている方も多いです。


自治体も市民にきちんと医療サービスを提供するために必死です。


人材不足をカバーするために再就職しやすい環境を整備することに力を入れてます。


病院も勤務形態に柔軟性をもたせることで、働きやすい環境を整えようとしています。
これまで大雑把に常勤、非常勤という分け方でした。より細分化されています。


このため夜勤が色々な理由から出来ない方でも、日勤専従で働けます。


派遣法が大幅に改正されることになったので、さらに細分化されるかもしれません。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





ブランクが長い潜在看護師の再就職を実現するためには準備が大切!




■再就職支援する研修を受ければだいじょうぶ?


長期間看護の仕事から離れていれば、どうしても採血などの「手技」や仕事に必要な
「勘」を取り戻すまで、それなりに苦労しますが、不安に感じる必要はありません。


再就職した後にスムーズに仕事ができるように準備すれば問題ありません。


入職する前に看護技術や看護に関する知識を一から学び直すことによって自信を取り
戻すことができます。そうするとそれまでの不安が嘘のように解消されます。


学び直すといっても、基本がしっかり叩きこまれているわけですから、それほど時間
はかかりません。あせらずにゆっくり自分のペースで進んでいけば大丈夫です。


病院や自治体が開催する再就職を支援する研修を受講すれば、採血などの手技、医療
機器の使用方法方や薬など、看護に関する知識を学び直すことができます。





■ネットの無料サービスを利用してスキマ時間に勉強する


スキマ時間を利用して色々学べます。例えばYoutubeには沢山有益な情報が後悔されて
います。看護技術に関するレクチャービデオは有料でもおかしくないものもあります。


動画を見ながらイメージトレーニングすると、記憶がよみがえるのと同時に勘を取り
戻しやすくなります。また自分で色々探すことにより、目的意識が明確になります。


実際の現場で働くうえで役に立ちます。全くなにもしないで差就職するのと、自分の
出来る範囲で勉強した上で再就職するのとでは得られる結果に大きな差がでます。


前者は何をするにもストレスに感じるため、途中で挫折する可能性が高いです。


後者は最初はミスすることも多いかもしれません。


しかし働きなが徐々に自信を取り戻すことができます。ですので、まずは看護師さん
の復職を支援してくれる、こうした研修やセミナーを受講しましょう。





■受講すれば再就職の道がひらけます!


研修と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、気軽に受講すること出来ます。


研修は、半日から数日間程度です。研修内容によって日程が異なります。


何といっても受講料が無料なので、まったくリスクがない点が大きな魅力です。


最近の医療動向についても学べますし、潜在看護師の復職を支援するためのテキスト
を利用すれば、自宅で学び直すことができるので、時間を有意義に使えます。


そうした素晴しい研修であっても、「潜在看護師」の中には、お子さんがいるため、
受講するのをためらっている方も多いのですが、これは非常にもったいないです。


研修によっては託児所で子供を預かってくれるところもあります。


ですので、看護協会や市役所、病院に直接問い合わせてみましょう。


看護師転職サイトを利用して再就職に関して相談すれば、自分でやるには面倒な作業
をすべて代行してくれるので、看護師転職サイトに相談するのも一つの手です。


社宅あり看護師求人のメリットとは?求人選びに失敗すると毎日が地獄!




■社宅あり看護師求人のメリット


社宅は病院の敷地の中か、近場に所有しているケースが多いです。


しかし、残念ながら「社宅あり」の看護師求人は、それほど多くありません。


それでも社宅がある病院に勤務するのは、かなりメリットが大きいです。


一人暮らしの場合、社宅があれば生活費がかなり抑えられますし、社宅の住人全員が
病院関係者ですから、多少窮屈な思いをするかもしれませんが、何かと安心です。


社宅から病院までの距離が近いので通勤が楽という点も見逃せません。





■社宅に住めば通勤が断然楽!


地方の場合、職場である病院が住宅街から離れているケースが少なくありません。


急患が立て続けにあったり、長時間にわたる「 残業 」で遅くなったときに車を運転
するのは本当に辛いですから、病院のそばに社宅があるのは色々な面で楽なんです。


車の場合、道路が渋滞することがありますから、いつもと同じ時間帯に家を出ても、
遅刻してしまうことがありますが、社宅であればそうしたこともありません。


通勤時間が短くてすみますので、その分仕事に専念できます。


また、仕事で疲れた体を、すぐに休めることができます。


車や電車で通勤する場合、こうはいきませんからね。





■社宅あり看護師求人のデメリット


メリットがあれば、デメリットがかならずあります。


まず住人全員が同じ病院に勤務している人たちなので、当然人の目をきにしないわけ
にはいきません。かなり自由が制限されますので、窮屈に感じるかもしれません。


また、仕事帰りに買い物をして帰るといったこともできません。


こういったことに嫌気して、社宅から出て行く人もいます。


しかし、デメリット以上にメリットがあると思います。なんといっても社宅の大半は
「無料」か、ありえないくらい安価に設定されているので、金銭面で断然お得です!


ただし、社宅を優先しすぎて求人選びに失敗すると大変です。


仮に職場と社宅の人間関係が最悪だったとすると、一日中嫌な思いをしなくてはなり
ません。あまりにも酷いと自分の部屋にこもりっきりなんてことになりかねません。


安易に選んでしまうと後になって後悔することになるので十分注意して下さい。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます