2014年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年10月

2014年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
ただでさえどこの職場も人材不足で苦しんでいますが、夜勤はさらに厳しい状況で働くことになります。少数精鋭といえば聞こえはいいですが、とにかく厳しいです。ギリギリ…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■大型病院で正規職員として働くのは難しい!看護師さんが懲戒解雇されるケースは本当に稀です。何らかしらの問題をおこしたため、懲戒解雇されると再就職するさいに苦労…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■決算賞与を支給している病院は良心的?決算賞与は業績に応じて支給額が変動しますので、ボーナスのように給料の何ヶ月分といった形で支給されることはありません。内容…

記事を読む

ナースコールをしやすい環境を作るのも看護師さんの大きな役割!



ただでさえどこの職場も人材不足で苦しんでいますが、夜勤はさらに厳しい状況で働く
ことになります。少数精鋭といえば聞こえはいいですが、とにかく厳しいです。


ギリギリの状況をとっくに超えているケースも少なくありません。


職場によっては15分程度の仮眠すらまともにとれません。


こうした状況で働き続けていれば、どんなに温厚でやさしい方でも心に余裕が無くなり
ますので、仕事中に怒鳴りたくなります。それくらい皆さん過酷な環境で働いてます。


しかし、自らの行動や言動によってトラブルになってしまえば自分が存します。


ましてや患者さんとトラブルになれば、最悪の場合、解雇は免れません。


トラブルの着火点となりやすいのが、「ナースコール」です。


急いで駆けつけたら何度もなかった、そうなると怒りを爆発させたくなります。


しかし、ナースコールしやすい環境を作ってあげたほうがトラブルは減るんです。


夜間だと患者さんによっては、遠慮してしまうので、問題となることも多いです。


そうならないためにも、ナースコールしやすい環境を作らなければなりません。



是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





懲戒解雇された看護師が再就職するさいの問題とは?再就職できるの?




■大型病院で正規職員として働くのは難しい!


看護師さんが懲戒解雇されるケースは本当に稀です。


何らかしらの問題をおこしたため、懲戒解雇されると再就職するさいに苦労します。


まず履歴書を作成するさいに、懲戒解雇された事実を記入しなければなりません。


また面接のさいには必ずその経緯を面接官に正確に説明する義務があります。


自らの「不祥事」によって、前職の病院に多大な被害を及ぼしてしまったのであれば、
深く反省していることをしっかり求人先に伝えなければなりません。


そのうえで理解してもらわなければ、内定を勝ち取ることはできません。


大きな病院は周辺地域の信用が非常に重要になります。


個人が経営する「小さな診療所」であれば、何か問題がおこれば簡単に引っ越すことが
できますが、大学病院や総合病院は、そういうわけにはいきません。


ですので、問題のある人を雇用するのを避けようとする向きが非常に強いです。


推薦人を立てれば面談まではいくかもしれませんが、そのまま即採用とはなりません。


普通に求職活動を進めた場合は、書類審査の段階で不採用となります。





■懲戒解雇された看護師が働ける職場とは?


では「もうあきらめなければならないのか?」というと、そんなことはありません。


小さな診療所であれば、オーナーに理解してもらえれば就職できます。


勿論なぜ懲戒解雇になってしまったのかは、正直に話さなければなりません。


そこで、「 この人はもう反省しているから大丈夫だろう 」と思ってもらえなければ、
採用されませんので、現時点で自分は悪くないと思っているなら厳しいです。


考え方らを改めなければ看護師として再就職することは困難です。


これまでのことをしっかりと反省し、一生懸命求職活動を行った結果、自宅周辺にある
小規模のクリニックに再就職出来たと仮定します。これで安泰とはなりません。


医療業界というのは恐ろしく狭い業界ですので、仮に懲戒解雇されたことを同じ職場の
職員に伝えなくても、後になって知ることになります。それくらい狭い世界です。


もしかしたらそうしたことをきっかけに、職員の態度が変わり、職場で孤立することに
なるかもしれませんが、真面目に働いて信頼回復に務めるしかありません。





■社会的に信用を取り戻すのが何より難しい


仕事以外においても信頼を取り戻すのは大変ですが、真面目に生活すれば大丈夫です。


その時が来るまで諦めないで真面目に働き続ければ、懲戒解雇されたことも自分を見直
すきっかけを与えてくれたと感謝の気持ちが湧いてくることでしょう。


また再就職するうえで求職活動を挫折しないためにも、最初はアルバイトや派遣で働く
のも一つの手です。非常勤であれば大型病院でも受けれてくれる可能性があります。


ここで真面目に働けば、必ず信頼を回復することができます。


医療機関の多くは人材不足に悩まされているので、その働きぶりが評価されれ、信頼を
勝ち取ることが出来れば、正職員として雇用される可能性が高まります。


また一人で悩んではいけません。自己嫌悪に陥って前に進めなくなります。


最寄りの「看護協会」や「市役所」「看護師転職」サイトなどに相談しましょう。


 タグ

決算賞与ありの看護師求人は経営状態が良い病院と判断できる?




■決算賞与を支給している病院は良心的?


決算賞与は業績に応じて支給額が変動しますので、ボーナスのように給料の何ヶ月分
といった形で支給されることはありません。内容も寸志に近いです。


支給される額がボーナスよりも低いとはいえ、支給されれば嬉しいものです。


上場している企業の中には大きく業績を伸ばしても、社員や株主に還元することなく、
そのまま「 内部留保 」に回してしまうケースも少なくありません。


決算賞与を支給してくれる病院はそれだけ従業員を大事にしているといえます。


また経営状態が良いことを意味しているので、不安なく働くことができます。


ただ気をつけたいのは、露骨に人集めのために決算賞与を支給しているところもあり
ますので、この点に関しては引っかからないように十分注意する必要があります。





■決算賞与のメリットについて


決算賞与は金額以上に従業員のモチベーションを確実に高めてくれます。


自分も頑張れば病院の業績に貢献できるといった思いが芽生えます。


そうなると従業員の患者さんに対する対応が良くなることでしょう。


そして、さらに評判が評判を呼び、さらに業績が上向くことになるかもしれません。


決算賞与という形で医療機関側が従業員たちの努力に応じて還元してくれるわけです
から、従業員の仕事に対するモチベーションが下がるはずもありません。


また決算賞与を支給することで離職率の低下にもつながります。


支給する側と受けとる側の双方にとって良い影響を与えてくれます。





■決算賞与ありの看護師求人の現状について


国内には大小合わせて8000以上の病院が存在しますが、その半数以上が赤字経営
に苦しめられているので、決算賞与ありの看護師求人は決して多くはありません。


しかし、今現在看護師さんが活躍できる場は確実に増えています。


一般の企業でも従業員の心と体の健康を管理する動きが広がっています。


そして、企業看護師を採用する企業が確実に増えています。


一般企業の方が病院よりも、決算賞与を支給されやすい状態にあります。


より安定した職場で働けるチャンスが広がることになります。


企業看護師の場合は、土日祝日は完全にお休みですし、夜勤などはありませんので、
肉体的にも精神的にも病棟勤務よりは圧倒的に負担が少ないです。


病棟勤務から企業看護師として一般企業に転職される方も多いです。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます