2014年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年10月

2014年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
入院患者さんの中には不安に苦しめられ、次第に絶望感が広がり心を閉ざしてしまうケースが少なくありません。こうなると治療の効果が著しく低下します。患者さんのご家族…

記事を読む

No Image

看護師の再就職について
■新卒の看護師の離職率が上昇中!日本看護協会から発表された新卒の看護師さんの離職率(2013年度)は、7.9%で前回よりも0.4%上昇してまして、病床規模が大きいほど低…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■なぜ週休3日の看護師求人が増えているのか?どこの病院も人材不足です。看護師さんを確保するのに相当苦労しています。医療費は右肩上がりで高騰しているわけですが、…

記事を読む

患者さんと良好な関係を気づくことで仕事がよりスムーズに行える?



入院患者さんの中には不安に苦しめられ、次第に絶望感が広がり心を閉ざしてしまう
ケースが少なくありません。こうなると治療の効果が著しく低下します。


患者さんのご家族からクレームが入る原因にもなりかねません。


ですので、ご家族と協力しながら除々に心をひらいてもらうことが大切です。


しかし、そのような時間は看護師さんにはありません。


どうやったら患者さんのご家族に理解してもらえるか考えても答えはでません。


実は特別なことは何もする必要はありません。


それよりも、患者さんのベッドサイドに立ち、声掛けをする頻度を増やすだけでOK
です。これだけで患者さんとそのご家族に信頼感が芽生えます。


特別なケアを行なうより、ベッドサイドに立ち寄る方が患者さんには印象に残ります。


自分たちのことをこの看護師さんは気にかけてくれると考えてくれるようです。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

新卒の看護師が再就職する理由とは?離職率がさらに上昇している?




■新卒の看護師の離職率が上昇中!


日本看護協会から発表された新卒の看護師さんの離職率(2013年度)は、7.9%で前回
よりも0.4%上昇してまして、病床規模が大きいほど低いことが明らかになりました。


看護学校を卒業して1年以内に退職してしまう方が約10人1いることになります。
大きな夢と希望を抱いて看護師になったわけですから、非常に殘念な結果です。


看護学校を卒業するのもかなり大変ですが、それ以上に実際の現場は大変です。


当然のことながら職場に配属されたばかりの看護師さんは何もできません。


学校で勉強したことを実践できるようになるまでには相当時間がかかります。


まず同じ病気を患っているにもかかわらず、患者さんの症状はそれぞれ異なります。
こちらの質問に対しての答えも異なるので、戸惑ってしまうことが多いです。


それぞれの患者さんにあった看護ケアを行う必要があります。


しかし、それらのことは経験を通じてしか学ぶことはできません。





■先輩によって言うことが違うので常に混乱する


新卒の看護師さんは、とにかく毎日が勉強ですから、ある程度のことができるように
なるまでは、常に先輩に指導してもらいながら働くことになります。


先輩の看護師さんが言ったことと全然違うことをやって怒られることもあります。


先輩や上司によって言うことが違うので、混乱することも多いでしょう。


そのときに「誰々さんはこういいました」とは絶対に言ってはいけません。


火に油を注ぐかのごとく、目の前の先輩看護師を怒らせることになります。


でも仕事の流れを覚えるまでには仕方のないことですよね。


病棟によって仕事のやり方も微妙に異なるので、それに対応できるようになるための
一つの訓練と考えると、人によって言うことが違うことに腹も立たなくなります。


皆さん、おなじような経験をしながら実際の仕事で通用する技術を身につけています。





■人に慣れればそれまでの苦労が全て報われます!


新卒の看護師は仕事に慣れるのも大変ですが、一番大変なのは人に慣れることです。


同じ職場のスタッフは働きながら次第に慣れていきます。


しかし、病院には沢山の人が働いていますので、他の部署の職員に対しては相当時間
がかかります。名前と顔を覚えてもらうためには、それなりの努力が必要です。


職場の職員と良好な関係を築けるようになると次第に患者さんに対して恐怖感が除々
に和らいでいきます。ここまで来るとそれまでの苦労が報われます。


全てのことが初めてなわけですから、混乱しないほうがおかしいくらいです。


それほど責任感の重い仕事に携わっているわけですから、むしろ誇りに思うべきです。


職場の先輩の言葉に怒りを覚えることもあります。指導してもらっている身にあると、
頭では分かっていながらも、心に余裕がないので、怒りを感じてしまいます。


それまで我慢していたものが一気に吹き出してしまい、先輩や上司と衝突します。


そして、勢いあまって退職してしまうケースが少なくありません。





■新卒の看護師がやむえず退職するケースについて


新卒の看護師は、仕事をこなすのが精一杯です。


このため相手の気持ちを考えているゆとりがありません。


毎日叱られているという思いから、どんどん仕事に対する自信がなくなります。


そうなれば仕事に行くことが「憂鬱」になります。


「いやだな」という想いは、いやなことをどんどん引き寄せてしまいます。


そうなると何をやるにも、強い抵抗を感じることになってしまいます。


しかも夜勤などの変則勤務を行なうので、生活も次第に不規則になります。


職場では常にストレスがたまり、睡眠不足などが重なって心と体のバランスを崩し、
重度の「体調不良」になってしまう看護師さんも少なくありません。


こうした場合は、やむえず退職して再就職することになりますが、しっかりと将来的
な目標・目的がなければ、同じ問題を繰り返すことになるので注意が必要です。


まず一人で悩んでも解決しないと知るべきです。誰かに相談して自分の置かれている
現状を理解し、それに対してどういった対応をとるかが重要です。


おすすめは看護師転職サイトを利用して相談にのってもらうことです。


取るべき行動が明確になりますので、相談するだけでも十分価値があります。


週休3日の看護師求人が増えている理由とは?働きやすさ求める人が急増中




■なぜ週休3日の看護師求人が増えているのか?


どこの病院も人材不足です。看護師さんを確保するのに相当苦労しています。


医療費は右肩上がりで高騰しているわけですが、病院の収益率は悪化しているので、
忙しいのに儲からない状況が続いていますので、どこも厳しいです。


そうした状況を改善するために勤務シフトをより「 細分化 」し、スポットで働いて
くれる非常勤看護師の仕事や、夜勤専従看護師の仕事が増えています。


多くの医療機関が看護師さんが働きやすい環境を整備することで、看護師さんの確保
に努めています。また同時に常勤で働く看護師さんのシフトも多様化しています。


最近では週休3日でありながら、常勤で働く看護師さんも増えています。


もちろん求人の多くはフルタイムであってもパートやアルバイトが中心です。


しかし、正職員としての看護師求人も少なからず存在します。


週休3日ですので、週休2日で働くよりも当然お給料は少ないですが、それでも一般
の会社に勤務するOLさんよりは稼げるわけですから、人気は非常に高いです。





■週休3日の看護師求人が多いのは?


総合病院や大学病院では週休3日の看護師求人はさすがに少ないです。


週休3日の看護師求人は、クリックのような小規模経営の医療機関が多いです。


総合病院や大学病院は入院患者の数が桁外れに多いので、さすがに常勤看護師で週休
3日だと、それぞれの患者さんの状態を把握することが難しくなってしまいます。


週休3日の看護師求人が多いのは、美容を中心としたクリニック、デイケアのような
介護施設や、透析センターなどで週休3日で看護師の求人を良くみかけます。


デイケアや訪問介護のような福祉関係の施設で求められる看護師さんの仕事は、一般
病院のそれとはかなり内容が異なりますので、慣れるまで苦労するかもしれません。


パートやアルバイトの時給が高いのは、美容系のクリニックです。


やはり介護関連は医療機関の水準よりも低いですが、働きやすい環境にあります。





■週休3日で働く場合の給料の目安


週休3日の職場で働くことができれば、身体をゆっくり休めることができます。


またプライベートを充実させることも問題なくできます。気になるのはお給料です。


常勤の場合は夜勤がありますので、その月の夜勤の数によって変動します。


お給料は額面で20万円から30万円の間くらい、年収で300万円前後です。


またパートやアルバイトの時給は、1500円から2000円の間です。


上述したとおり、美容関連のクリニックはかなり高めに設定されています。


また最近ではパチンコなどの遊戯施設にも医務室や託児所を設けています。


地方であっても、こうした施設では高めの時給を設定しています。


一週間のうちに休みが3日もあるので、どうしても週休2日で働いている看護師さん
よりもお給料は低いですが、一般の会社で働く女性のお給料よりは絶対多いです。


はっきりいって給料以上のメリットがあります。


週休3日の看護師求人は、子育て中のママさん看護師さんにぴったりです。


お休みが多ければ、家庭と仕事の両立も無理なく実現できます。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます