2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

病院以外の仕事について
■看護師の仕事はパート・アルバイトでも稼げる?看護師さんが医療機関だけで働く時代は終わりました。一般病院で3年以上働いた経験は、色々な場所で生かすことが出来ま…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■強いストレスを受ける原因とは?看護師になって3年目に入ると、職場にて責任のある仕事が任されるようになります。そうなるとやることが必然的に増えるので、それまで…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
ショックにより、患者さんが突然便意を訴えてくることがあります。 高・副交感神経に何らかの問題が生じてしまったり、血流低下によるものなのか、色々悩みましたが、余…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■美容外科クリニックでの看護師の役割と仕事いついて美容外科クリニックも、一般病院で働く看護師さんの転職先として人気が高いです。一般病院のように夜勤や準夜勤など…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■休めないから給料に不満をもらす?看護師さんの仕事は、他の業界よりも給料が高いとされています。しかしそう言われても現役で働く看護師さんからすれば、色々と納得出…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■整形外科クリニックでの看護師さんの役割とは?整形外科クリニックは、病院以外の職場への転職を検討してる看護師さんの間で人気が高いですが、整形外科での勤務経験が…

記事を読む

No Image

子育と仕事の両立について
■看護師の9割超は女性看護師2000年に入ってから男性看護師さんが急増しています。それまで看護さんの仕事は完全に女性中心だったわけですが、状況が少しずつ変わり…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
長期間に渡って入院している患者さんの中には、心を閉ざしてしまう方も多いです。入院当初は自分から積極的に同室の患者さんと接するも、全員がいなくなっていまうと、そ…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■大学の保健室での看護師の仕事について看護師さんの仕事が年々多様化しています。実際に看護師さんが活躍する場は「医療機関」だけではありません。病院以外の職場で沢…

記事を読む

No Image

看護師の給料について
■看護師さんのお給料は高い?世間の皆様は、看護師さんの年収は高いと思われているようです。ちなみに看護師さんの平均年収は37.5歳で469万円で、サラリーマンの…

記事を読む

イベントナースの仕事とは?短期で気軽に働けるのでダブルワークに最適!




■看護師の仕事はパート・アルバイトでも稼げる?


看護師さんが医療機関だけで働く時代は終わりました。


一般病院で3年以上働いた経験は、色々な場所で生かすことが出来ます。


「正職員として働き続けるのもよし」、「気が向いた時に集中的に働くのもよし」、
といった具合に働き方を自分でコントロールすることができます。


これは看護師さんの仕事が専門性が高く特殊だからにほかなりません。


勿論看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも大変ですが、仮にパートやアルバイト
で働いたとしても、一般の会社に勤務する平均的なOLさんよりも稼げます。


そうした短期の仕事として「イベントナース」の仕事があります。




■イベントの数だけ看護師さんが働ける?


昨年あたりから都市部を中心に企業の「新製品発表会」などのイベントが増えている
影響からか、イベントナースの求人を目にする機会が増えています。


イベントナースは、その名の通り、イベント専門の看護師さんのことです。


イベントの来訪者が怪我や病気など突発的に患った場合、迅速に対応しなければなら
ないわけですが、そうした万一の場合に備えて看護師さんを現場に配置します。


普段イベントについて特別意識することがないので、イベントナースの仕事は、それ
ほど多くないと思われがちですが、驚くほどイベントそのものは沢山あるんです。


アーティストのコンサートや演劇、漫才・コントなどもイベントの一種ですし、企業
の新商品発表会、各業界の展示会など、何らかしらのイベントが行われています。





■イベントナースの求人の特徴についてい


最近ではコンプライアンスが厳格化された影響から、自社内外で研修を行なう企業が
増えていまして、こうした場にもイベントナースの需要があります。


イベントの大半は短期間で終了します。短くて数時間、長くても1ヵ月程度です。


このためイベントナース求人の多くは、短期アルバイトや単発アルバイトです。


派遣法が改正されたので、今後短期派遣での募集が増えることが予想されます。


ですので正社員や通常の派遣でイベントナースを募集するケースは殆どありません。


このため、ハローワークや一般の転職サイトを利用してイベントナースの求人を探す
のは難しく、看護師転職サイトでなければ途方もなく遠回りすることになります。





■こんな人にイベントナースはぴったり!

イベントナースとして実際に働いている看護師さんの特徴についてですが、やはり、
本職を持ちながら、空いている時間を利用してのダブルワークが圧倒的に多いです。


また普段は子育てなどで忙しいため、常勤で働くことができないことから、空いてる
時間を利用して、看護師の仕事をしている方も少なくありません。


こうすることでブランクが生じるのを抑えることができます。


空いた時間を利用して気軽に働ける点がイベントナースとして働く大きな魅力です。


最後にイベントナースの求人の特徴についてですが、仕事の大半が短期ということも
あって、看護師として臨床経験が2年程度あれば、ほぼ採用してもらえます。


そして、仕事の内容に関しても、待機している時間が圧倒的に長いです。


また、人間関係の問題に関してもゼロとはいいませんが、イベントそのものが短期間
で終了するので、仮に嫌な人と一緒になっても、それほど苦になりません。


基本的に一つの仕事が終われば、また違う仕事を探さなければなりませんが、看護師
求人サイトを利用すれば、同じ業者の違う仕事を紹介してもらいやすくなります。


看護師三年目が陥りやすい問題とは?問題を解決するための方法とは?




■強いストレスを受ける原因とは?


看護師になって3年目に入ると、職場にて責任のある仕事が任されるようになります。
そうなるとやることが必然的に増えるので、それまで以上に強いストレスを感じます。


実際には3年くらい看護の仕事をして、ようやく人にも仕事にも慣れるころですから、
こうした突然の変化に強いストレスを感じるのは無理ありませんよね。


しかも病院の職場環境が特殊なため、生活リズムが常に不規則です。


きちんと睡眠時間を確保するだけでも大変ですよね。


「寝なければ」、「体を休めなければ」と思えば思うほどリラックスできません。


3年目に入ると昼と夜が逆転することに体はすでに慣れていますが、慢性的な睡眠不足
になりがちですし、こうした環境の変化によって、さらに不眠に悩まされます。





■仕事量が増えることでストレスも増大


睡眠不足は何か他のもので補おうとします。今回の例は、過食で苦しむある女性看護師
の体験談を例に解説させていただきます。この方は看護師5年目の方です。


看護師として3年目を過ぎると日々の「業務」のみならず、プリセプターや新人指導、
リーダー、各種勉強会、病棟会、看護研究発表などを行わなければなりません。


やっと慣れてきたところで、仕事上で求められることの多さや責任の重さ拡大します。


また、取り組まなければならない範囲が広いので、より強いストレスを感じます。


おなじような立場にある人間が何人もいて、いっしょに励まし合える環境があればよい
のですが、そうでない場合が圧倒的に多いので、強い孤独を感じます。





■過食による大きな代償とは?


仕事のストレスのはけ口として、この看護師さんは好きなモノをとにかく食べまくり、
肉体的にも精神的にもより大きなダメージを負うことになります。


たったの1週間で「 5キロ以上 」体重が増えてしまうこともあったようで、周囲から
「 太った ね」と声をかけられて、自分がしたことの重大さに気づき、我に返ります。


このままではいけないという思いから、何とか頑張って食べることを抑えようとするの
ですが、そうするとより強いストレスを感じ、うまくいきません。


食べ過ぎることに罪悪感を感じながらストレスで食べてしまう。


また、食べてしまったことに後悔しながら、より強いストレスを感じてしまうのです。


これを放置してしまうと、摂食障害となってしまいます。





■一人で苦しむのをやめる!


我慢しなければという思いがより強いストレスを感じて食べてしまいます。


残念ながらこれではいつまでたっても問題は解決しません。


しっかり自分自身と向き合う必要があります。


紙になぜ自分は今これほどまでに苦しんでいるのか書き出してみてください。


そして、しっかりまとめます。これだけでも問題点が明確になり、心が軽くなります。


そのまま上司や先輩に相談しましょう。自分が苦しんでいることを職場の人間に知って
もらうだけで、かなり心が軽くなるので、苦しいと思ったら試してみてください。


患者さんのショックのときの便意の注意点について



ショックにより、患者さんが突然便意を訴えてくることがあります。


高・副交感神経に何らかの問題が生じてしまったり、血流低下によるものなのか、
色々悩みましたが、余りにも範囲が広すぎて決定だとなる原因がつかめません。


人によっては、単に肛門括約筋が弛緩して便がでてしまうこともあります。


また呼吸器系が強くなく、息を切らしているような方にも多く見受けられます。


集中治療中の患者さんが突然便意を訴え、肛門から血の塊と一緒に大量に血が出てき
ました。対応に戸惑り、右往左往したのを今でもよく覚えています。


ちなみに機序は腸循環不良or直腸内圧or骨盤神経です。


もっとも、便意を訴えても、失禁するケースはそれほど多くありません。


しかし、患者さん自らが便意を訴えてくるのは余程のことですから、無視できません。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





美容外科クリニックでの看護師の仕事とは?本当に給料が高いのか?




■美容外科クリニックでの看護師の役割と仕事いついて


美容外科クリニックも、一般病院で働く看護師さんの転職先として人気が高いです。


一般病院のように夜勤や準夜勤などの変則勤務が全くないにもかかわらず、それなりに
お給料が高めに設定されている点や、美容に関心が高い点も人気の秘密のようです。


美容外科クリニックを利用する女性は、「きれいになりたい」という意識が強い人たち
ですから、看護師さんの仕事は、病気や怪我などの患者さんへの看護ではありません。


しかしながら看護技術が必要ないというわけではありません。


3年以上の臨床経験がなければ、まず雇用されることはありません。


仕事の中身についてですが、まずオペの介助が中心となります。必要なスキルとして、
注射や点滴は当然ですし、それ以上に「接客業」としての高い意識が必要になります。


というのも美容外科クリニックを利用される人たちは美容のために利用しているわけで
あって、病気や怪我を治療するために利用しているわけではないからです。


しかも高いお金を払っているうえに女性であるため、人によっては口うるさい方もいる
ので、一般病院で働くのとは、また違ったコミュニケーション能力が必要です。


とくに最近は口コミ・評判がネット上で簡単に調べることができるので、少しでも対応
が悪ければ、悪い書き込みが殺到しますので、クリニックの評判に直結します。





■一般病院から転職して戸惑うこととは?


美容外科クリニックで出来るだけ長く働くためにも、美容に関しても学び続けなければ
なりません。病院以上にサービス業としての側面が強いことも知っておいてください。


慣れるまでは受付業務など慣れない接客業の難しさに戸惑うかもしれません。


しかし、慣れてくれば美容外科クリニックで働くメリットは沢山あります。


まず美容に関する知識が増えるので、お友達との会話の幅が広がります。


このため、お友達だけでなく、お知り合いから、美容に関して色々相談を受けることに
なりますが、それ以上にプライベートの「人間関係」が濃密になります。


また、患者さんがきれいになっていく姿を素直に喜べるようになると、自然と自分も美
に対する意識が高まるので、相乗効果的に自分もきれいになります。





■美容外科クリニックで働く看護師のお給料について


先に述べた通り、美容外科クリニックでは、夜勤など変則勤務がなく、日勤のみであり
ながらお給料や高めに設定されており、疾患の治療では無く美容医療が中心です。


このため、美に対する意識が高い女性にとっては大変魅力的な職場です。


ちなみに美容クリニックの月収についてですが、30万円前後が一般的です。


また年収にして400万円前後が相場で、経験やスキルに応じて昇給します。


夜勤や準夜勤がなく日勤のみで働くことを考えればかなり高いです。


こと賃金に関しては都会と地方では大きな差があります。単に人口が多いというだけで
なく、都会に住んでいる女性のほうが、美に対する意識が強いとされています。


このため患者さん一人当りが支払う費用に関しても高いのだとか。





■なぜ美容外科クリニックのお給料は高いのか?


一般病院から美容外科クリニックへ転職した人の中には、お給料の高さに魅力を感じて
転職を決めた方が少なくありません。給料が高いのは色々な理由があります。


美容外科クリニックは、保険適用外の自由診療であるため、業績給が付きます。


このためどこも売上を延ばすことに積極的に取り組んでいます。女性誌の広告を見れば
お分かり頂けると思いますが、美容関係のエステやクリニックの広告が凄まじいです。


集客だけでなく、オペ、治療、、接客などのサービス全般が良ければ、リピート、友人、
知人の紹介につながり、広告費を抑えながら、さらに業績を高めることができます。


業績によって給料・ボーナスに反映されますので、やりがいは物凄くあります。


また、採用に関しては美を売りにしているため、若い女性の方が有利です。


看護師は有給が取れない?有給消化率が下がっている本当の理由とは?




■休めないから給料に不満をもらす?


看護師さんの仕事は、他の業界よりも給料が高いとされています。しかしそう言われ
ても現役で働く看護師さんからすれば、色々と納得出来ない点が多いと思います。


確かに一般のサラリーマンよりも平均給与は高い水準にあります。


看護師さんの仕事は夜勤や時間外労働が多く肉体的にも精神的にもハードです。


色々な手当がプラスされることによって毎月の給料はそれなりの金額になりますが、
仕事の量と給料とが見合っていないと不満をこぼす看護師さんが多いです。





■有給の仕組みについて?


看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードな仕事なので、体を休ませる
ことも大切な仕事ですが、実際には看護師さんの多くがきちんと休めていません。


休日や有給消化の実態を他の業界と比較すると、医療機関で働く看護師さんは休みが
少ないです。つまり、看護師さんは有給がとりにくい状況にあるわけです。


有給は、ある一定期間働いた労働者であれば、誰でも得られる当然の権利です。


また有給を取得するには、勤務日80パーセント以上出勤することが条件です。


勤続年数に応じて取得できる日数は以下のとおりとなっています。


【 有給取得の詳細 】

・勤続期間:6カ月     10日
・勤続期間:1年6カ月   11日
・勤続期間:2年6カ月   12日
・勤続期間:3年6カ月   14日
・勤続期間:4年6カ月   16日
・勤続期間:5年6カ月   18日
・勤続期間:6年6カ月   20日





■休みが取りにくいのは本当か?



サラリーマンの平均有給消化率と看護師さんの有給消化率の差は、今後さらに広がる
かもしれませんが、現状ではどちらも50%割り込んでいます。


つまり、日本人の多くが有給を取得できない状況にあることに変わりありません。


その最大の理由が上司が有給取得に協力的でないからです。


一般の会社に勤務するサラリーマンの方が消化しやすい環境にあります。


しかしデフレの状態が最悪のレベルにあった2010年前後は、どの業界も酷い状態
にありました。景気が悪すぎたので企業倒産件数もピークをつけました。


このためリストラが横行したことも、社員が休むのをためらわせたのかもしれません。


一方、医療機関に関しては慢性的な人不足に悩まされているので無理ありません。


しかし、そうはいっても看護師さんの負担が大きすぎるのは問題ですね。





■理想の年間休日は120日以上


例えば一般の会社に勤務するサラリーマンの方は、「 週休2日 」でカレンダー通り
に休める会社が多いですよね。そうすると年間120日以上休めることになります。


これを基本として考えた場合、サラリーマンの平均は109日となっています。


一方、看護師さんの場合は、勤務する医療機関によって異なり、年間125日以上も
休むことができる病院がある一方、年間休日数が105日を下回る病院もあります。





■休みが取りやすい理想の病院もある!


理想は年間休日120日とされていますが、一般のサラリーマンでさえ平均109日
ですから、大きく下回っていますが、看護師さんの平均はさらに下回っています。


常勤看護師さんは、夜勤と日勤を交互にこなさなければなりません。披露回復させる
ためにもも休みは必要なので、これでは休みが少ないと感じるのも無理ありません。


ちなみに、独立行政法人国立病院機構の病院の場合、平均年間休日数は120日以上
となっています。まさに理想的ですね。日本全国に143の関連病院があります。


整形外科クリニックでの看護師の仕事とは?高齢患者の利用が急増し需要拡大!




■整形外科クリニックでの看護師さんの役割とは?


整形外科クリニックは、病院以外の職場への転職を検討してる看護師さんの間で人気
が高いですが、整形外科での勤務経験がある看護師さんが優先的に採用されます。


また整形外科クリニックの看護師求人の数はそれほど多くありませんが、高齢化社会
が急速に進んでいるため、高齢患者が急増していますので、需要拡大中です。


夜勤や準夜勤といった変則勤務は一切ありませんし、残業も限られています。


このため一般の病院よりも働きやすいことから、人気が高いとされています。


整形外科=目を二重にするなど、整形手術をメインに行っているイメージが強いかも
しれませんが、実際には人間の運動器を治療するのがメインとなっています。


このため整形外科クリニックでは、リハビリテーションが充実しています。


実際にリハビリテーションを通じて患者さんが病気や怪我から回復する過程を間近で
見ながらサポートできる点に大きな魅力を感じる看護師さんも少なくありません。


このため整形外科クリニックでの看護師さんの仕事は、患者さんとの距離が近いです。


例えば、足を骨折した患者さんの機能回復のためのリハビリテーションを行なう場合、
内臓器官の病気ではないので、骨折している部分以外は至って健康です。


看護師さんとの会話を楽しむ余裕があり、それが機能回復に役立っています。


患者さんとのコミュニケーションが苦にならない方に向いています。





■高齢患者の利用が増えているため将来性が高い!


基本的に整形外科クリニックでは、人間の運動器を扱っていますので、人体の全ての
部位を取り扱っているといってもいいくらい、その範囲が広いです。


このため人体の構造がどうなっているのか事前に把握しなければなりません。


といいますのも、一言で運動器といっても、その範囲は非常に広いんです。


まず人間の体は骨、関節、脊髄、神経、靭帯などによって構成されているため、これ
らの部位を修復することによって、できる限り運動器本来の状態に回復させます。


そうすることによって、患者さんが日常生活を送れるようになります。


運動機能が損なわれる原因については色々あり、単に交通事故だけではありません。
また高齢により極端に運動機能が低下するケースも実際に増えています。


原因はそれぞれ異なっても、整形外科クリニックでは、仮に患者さんから損なわれた
運動器の修復が求められれば、出来る範囲内で応じなければなりません。


整形外科クリニックを利用する患者さんは、若年層から高齢層まで幅広いです。


このため、それだけ需要が高い診療科であるとも言えます。


今後さらに高齢化社会が進むことになると、より需要が拡大することでしょう。





■需要拡大により経営がさらに安定します!


整形外科クリニックの仕事内と役割は、上述したとおりです。しかし、規模の大きな
病院と個人が経営する小規模なクリニックでは求められる役割が微妙に異なります。


クリニックの場合は、仮に高齢が原因で人体の一部に運動障害が起こったとします。


そうした場合は、対処療法や運動療法などを様子をみながら行い、症状がさらに悪化
することを防ぎ、それらの症状と上手に付き合っていくための指導を行います。


こうしたことから、高齢者の間では整形外科クリニックを利用する方が増えてます。


ですので、高齢の患者さんとのコミュニケーション能力も非常に重要です。


特にリハビリテーションは長期間に渡って行われるので、根気がいります。患者さん
を飽きさせないためにも、高いコミュニケーション能力がどうしても必要です。


今後さらに高齢者の間で整形外科クリニックを利用される方が増えることが予想され
ますので、個人が経営するクリニックでも経営自体は、より安定することでしょう。


そういった意味におきまして、整形外科クリニックは、非常に魅力的です。


女性看護師と男性看護師の比較!男性看護師の需要が急拡大している理由とは?



■看護師の9割超は女性看護師


2000年に入ってから男性看護師さんが急増しています。それまで看護さんの仕事
は完全に女性中心だったわけですが、状況が少しずつ変わりつつあります。


一方、そうした中で地方の病院では男性看護師の数は、まだまだ少ないようです。


ちなみに、看護師さん全体にしめる男性看護師の割合は8%程度です。


つまり女性看護師が全体の90パーセン以上占めているわけです。


しかし、男性看護師を求める声が医療機関で広がっています。


何と言っても看護師さんの仕事は肉体的に非常にハードですから、どんなに贔屓目に
みても、やはり男性看護師の方が体力面でどうしても女性看護師よりも有利です。


また女性看護師は、結婚や出産をきっかけに職場を離れなければなりません。


しかし男性看護師の場合はそういったことがありませんので、こうした点に関しては
雇用する病院側にとっても非常に大きなメリットになります。


女性看護師は、旦那さんの転勤、子育など「 家庭の事情 」によって退職しなければ
ならないケースが多いですが、男性看護師はそういったことがありません。





■女性看護師の役割について


患者さんに対する看護ケアに関しては、女性看護師さんの方が向いている


女性看護師は、「 看護ケア 」が非常に優れています。


こうした心配りが患者さんに安心感を与え、治療にも良い効果をもたらします。


このため患者さんも女性看護師さんの方が親しみを感じるケースが多いです。


特に女性や子供は、そうした傾向が強いです。


男性看護師さんの場合は、大なり小なり「 威圧感 」を感じてしまうようです。


このため患者さんの悩みを相談される機会は圧倒的に女性看護師の方が多いです。


例えば医師の先生に対しては、社会的地位の高さもあってか、萎縮してしまうようで、
言いたいことが言えずに思い悩んでいる患者さんが少なくありません。


そうした悩みを女性看護師さんに打ち明けることで解消するケースも多く見受けられ
ますので、女性看護師さんの果たす役割は依然として非常に大きいです。





■非常勤看護師が今後さらに増える?


看護師さんの働き方がここまで多様化したのも、女性中心の仕事だからです。


男性看護師が中心だったら、これほどまで非常勤の仕事は増えなかったと思います。


常勤看護師は夜勤と日勤を両方行わなければなりません。


ですので、家庭と仕事を両立させることが非常に困難です。


常勤だけに固執すると「人材不足」がさらに深刻化することになるので、勤務シフト
をより細分化して非常勤看護師に割り当てることで何とか人材を確保しています。


パートやアルバイトで働けるようにすることで、仕事と家庭を無理なく両立出来ます。


しかし、それでも人材不足は解消されていないので、今後はより勤務シフトを細分化
して、家庭を持つ女性看護師さんがより働きやすい環境を整備する必要があります。


心を閉ざした患者さんとのコミュニケーショに悩まされている看護師さんへ!



長期間に渡って入院している患者さんの中には、心を閉ざしてしまう方も多いです。


入院当初は自分から積極的に同室の患者さんと接するも、全員がいなくなっていまうと、
それすらなくなってしまい、やはがて家族に対しても同様の態度を取ります。


こうした患者さんの多くが自分は人として認められていないと感じています。


寂しいとか悲しいを超えたものが患者さんの心を閉ざしてしまいます。


こうした患者さんと接するのは大変ですが、普段から気にかけてあげることで、次第に
心を開くケースも少なくありません。辛抱強く見守ってあげてください。


とはいっても、超多忙の看護師さんに余裕はありません。


ですので、出来る範囲内でけっこうです。爪が伸びていないか、病床のそばにきて確認
してくれるだけでも、本当は嬉しかったりするものです。


日常的にこうしたことを行えるようになると、次第に苦手意識が無くなります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





大学の保健室での看護師の仕事とは?大学ならではの様々な問題とは?




■大学の保健室での看護師の仕事について


看護師さんの仕事が年々多様化しています。


実際に看護師さんが活躍する場は「医療機関」だけではありません。


病院以外の職場で沢山の看護師さんが働いています。


しかも看護師さんの需要は右肩上がりで大きくなっていますので、医療機関における
「看護師不足」の問題が、さらに悪化している原因となっています。


誰だって働きやすい環境で働くことを望んでいますので、ある意味当然の結果です。


今回は大学の保健室や保健管理センターでの仕事について解説させて頂きます。


学生や教職員の健康管理のため大学の施設内に保健室を設置しています。


大学の場合は教育機関の中でも規模が大きいので、看護師さんや保健師さん以外にも
医師、臨床心理士など、異なる資格を有した医療従事者を雇用しています。


そして、それぞれが連携する形で学生および教職員の健康管理を行っています。


大学の保健室や健康管理センターでの仕事は、年々多様化しています。


学生や教職員らに対する健康管理(健康診断を含む)や保健指導にとどまりません。


急な病気や怪我への対応は勿論のこと、最近では将来的な不安から「うつ病」などの
心の病患うケースが増えているため、メンタルヘルスケアの重要度が高まってます。


大学での看護師さんの仕事は一般企業の医務室で働く看護師さんとほぼ同じです。


しかし、大学ならではの看護師の仕事がいくつか存在しています。




(1)感染対策について


大学の施設内には沢山の人が毎日出入りしています。


しかも多くの学生は単に自宅から大学まで往復しているわけではありません。


放課後にアルバイトに励む学生も多いです。中でも飲食店のアルバイトは多いです。


また、通勤で電車やバスなどの公共の交通機関を利用していますよね。


このため、一般の企業よりも感染リスクが高いです。このため感染予防のための指導
など感染対策が義務づけられていますので、これらも看護師さんの重要な仕事です。


特に食堂は毎日沢山の学生が利用し、飲食を通じて感染しやすい環境にあります。


しっかりと感染対策を行わなければなりません。




(2)飲酒問題

また、20歳になれば喫煙や飲酒が法律で認められるので、堂々とタバコを吸ったり、
お酒を飲んだりできるわけですが、若さゆえにトラブルが少なくありません。


単にお酒を飲んでトラブルを起こすだけでなく、健康を患うケースも多いです。


こうした飲酒に関する問題の対策も看護師さんの大切な仕事です。


また、大学では中学・高校の部活以上にスポーツを行なう環境が整っているところが
多く、実際にプロ顔負けの練習設備がある大学も少なくありません。


このため練習中に怪我をする学生も多いため、看護師さんが応急処置を行ないます。


場合によっては、病院へ搬送しなければならないほどの重症の怪我を追うこともあり、
そうした場合は看護師さんが病院の手配を迅速に行わなければなりません。


このため、どうしても一般病院での臨床経験が必要になります。




(3)メンタルヘルスケアについて


肉体に関する健康管理だけを行っていればいい時代は終わりました。


学生の中には精神的な悩みから「うつ病」を患うケースが増えています。


学生も社会人と同じくらい色々なストレスを抱えています。


特に地方から一人暮らしで生活している学生さんの悩みは深刻な場合が多いです。


ストレスの多い都会の生活に馴染めない学生さんも少なくありません。


腹を割って話せる友達がいないと、勉強だけでなく、人間関係、恋愛、就職に関する
悩みや将来に対する不安は心の中でどんどん大きくなっていきます。


しかも考えれば考えるほど悪い方向へと向かっていきます。


次第に学校も休みがちとなり、そのまま学校をやめてしまうケースも多いです。


こうした問題を抱えている学生は、自ら立ち直るケースは少ないです。やはり周囲が
サポートしなければ立ち直ることは難しいので、大学側も相当頭を痛めてます。


このためメンタルヘルスケアに力を入れる大学が増えています。


問題を抱えて苦しんでいる学生さんと真剣に向き合い、カウンセリングを通じて様々
な問題を改善できるように導いてあげるのも看護師さんの重要な仕事です。





■こんな人が向いています


大学での看護師さんの仕事は、若者と接することが嫌いだと絶対に務まりません。


体は大人でも心が小学生くらいの学生もいますので、手を焼くことも多いです。


また学生から一方的に想いを寄せられて色恋沙汰に巻き込まれるケースも少なくあり
ませんので、しっかり距離を保ちながらコミュニケーションを取ることが大切です。


先に述べた通り大学の保健室や保健管理センターでは、看護師さん以外にも沢山医療
従事者が働いていますので、お互いに協力しあいながら働かなければなりません。


ですので、チームの一員そして働くことが苦にならない人が向いています。


当然のことながら大学の数は地域によって大きな差があります。それを差し引いても、
大学の保健室(医務室)勤務の「看護師求人」は、それほど多くありません。


看護師転職サイトの未公開求人から紹介してもらい、気長に取り組む必要があります。


給料は手当よりも基本給が高い方がよい?看護師のお給料の裏事情とは?




■看護師さんのお給料は高い?


世間の皆様は、看護師さんの年収は高いと思われているようです。


ちなみに看護師さんの平均年収は37.5歳で469万円で、サラリーマンの平均年収が
38歳で409万円となっていますので、平均年収だけで見ればかなり高いです。


看護師さんの9割超が女性ですが、一般の会社で正社員として働いている女性の年収は、
292万円となっていますので、年収は200万円近く差があります。


しかし、実際の看護師さんの平均年収は、もう少し多いのではないかと思います。


といいますのも、看護師さんの仕事は勤務シフトが複雑であったり、細く細分化されて
いるので、それに合わせて色々な手当が支給されているからです。


例えば夜勤を多くおこなっている看護師さんは、その分の夜勤手当てがつきますので、
実際の総支給額は、もう少し高くなると思いますので、その分年収も高くなります。


しかし、それでも平均年収が500万円を超えることはないでしょうね。


常勤看護師の場合、月給のかなりの部分を「夜勤手当」が占めていますので、夜勤手当
がなければ、平均年収は恐らく400万円を超えることはないでしょうね。






■看護師さんのお給料をアップするには?


世間では医療に携わる人たちは高額な給料をもらっていると考えているようです。


では対価に見合っている「 給料 」を看護師のみなさまが得ているかといえば、現実は
違いますよね。皆さん大なり小なり不満をかえていらっしゃいます。


まず何と言っても拘束時間は長いですし、常勤の場合は二交代制が主流となったので、
昼夜が何度も逆転したりしますし、これを繰り返すのは本当に大変ですよね。


慣れないと肉体的にも精神的にも常に疲れた状態で仕事をしなければなりません。


それほど過酷な状態で病気の患者さんに看護ケアをおこなわなければならないわけです
から、どれだけ給料が高くても、決して見合っているとは言い難いですよね。


もしも給料アップを希望するのであれば、最も現実的な方法は以下の通りです。


■給料の高い職場に転職をする

■夜勤の回数を増やす

■副業でアルバイトをする

■夜勤専従に変更する

■資格を取得する(資格手当が支給される場合のみ有効)





■なぜ基本給が高い方が良いのか?


当然のことながら、どれくらい給料が欲しいのかにより、取るべき行動と選択も大きく
異なります。また勤務されている 医療機関によって色々な手当てがあります。


こうした手当は、一見すると非常に魅力的です。


しかし、その分「 基本給 」が抑えられているケースが少なくありません。


経営側が露骨に低く抑えているところもあります。ようは、ボーナスや退職金を出来る
だけ低く抑えたいんです。そうれだけでもかなり人件費を抑えられますからね。


ボーナスや退職金のことを考えると、やっぱり基本給が高い方が断然いいです。


もし、以下の点があてはまるのであれば転職も一つの手段だと思います。


■給与が平均よりも大幅に低い

■何が何でも給料アップしたい

■ブラックすぎる職場にうんざり

■人間関係が悪くて人の出入りが激しい



働きやすい職場でできるだけ長く働いたほうがいいわけですから、看護師さんが働ける
職場環境や看護師求人市場について、しっかりと知る必要があります。



メニュー
最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます