2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
毎日忙しいので、業務をこなすだけでも大変ですが、新しい知識やスキルを身につけるために勉強しなければなりません。忙しい合間をぬってなので本当に大変です。3年目に…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■産休代替看護師とは?派遣の仕事も過去数年間で大幅に規制が緩和されたことによって多様化しています。今まで以上に派遣が医療業界に占めるウエイトが大きくなることが…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■献血関連の仕事の特徴について献血関連の仕事は血液センター・献血ルームなどで採血するのが基本となっています。血液センターと献血センターを混合されている方が少な…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■健診クリニックの特徴について健康診断をはじめとした各種健康管理サービスを提供している専門のクリニックでも、看護師の需要はかなりありまして、一般病院から転職さ…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■日勤専従の看護師求人が増えている日勤専従の看護師求人が、ここ最近かなり増えています。雇用する病院側も人材不足を改善するために本当に必死です。業務がストップし…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
毎日一生懸命仕事をしているにもかかわらず、頭のなかで色々なことを考えてしまい、不安に悩まされている看護師さんは少なくありません。睡眠に悪影響を及ぼしますので、…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■健診センターでの看護師の仕事内容について健診センター・健康管理センターにて健診専門の看護師として働く場合、主な仕事は、健康診断や健康指導、健康相談などで、施…

記事を読む

No Image

役職について
■各役職の平均的な役職手当とは?役職がついていない看護師さんが時間外勤務をしたさいには、きちんと「時間外手当」がつきますが、看護師長をはじめ、役職がつくと時間…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■保育園や託児所が増えている理由とは?看護師さんが病院意外で活躍出来る場は介護関連施設や企業だけではありません。大学をはじめとした各教育機関の保健室でも看護師…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■病院での役職について一般病院で働く看護師さんも勤務年数や技能などが病院側から一定の評価を受けると、看護主任や看護師長、看護部長といった「 役職 」が与えられま…

記事を読む

新しいスキルや知識を学ぶ時間がない看護師が効率よく勉強するには?



毎日忙しいので、業務をこなすだけでも大変ですが、新しい知識やスキルを身につける
ために勉強しなければなりません。忙しい合間をぬってなので本当に大変です。


3年目に入るとさらに研究・レポート作成なども加わるので、休みの日も休めません。


このため短時間で効率よく学ぶ必要があります。しかし、残念ながら学生時代のように
自室の机に座って、ゆっくり勉強する時間は看護師さんにありません。


ちょっとしたスキマ時間を利用して集中します。これに慣れると机に座っているのが
もったいないくらい、いつでもどこでも勉強出来るようになります。


オススメはスマホを最大限利用することです。勉強に役立つ無料アプリが沢山あります。


記憶物は、これらのツールが最大限の効果を発揮してくれます。


また時間管理が上手になりますので、仕事も効率よくこなさるようになります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





派遣で産休代替看護師として働く魅力とは?色々な職場で働けます!




■産休代替看護師とは?


派遣の仕事も過去数年間で大幅に規制が緩和されたことによって多様化しています。


今まで以上に派遣が医療業界に占めるウエイトが大きくなることが予想されており、
規制緩和がさらに進むと、派遣看護師でも時間単位で働けるようになります。


看護師さんにとって働きやすい環境が将来的に整備されると、期待されています。


派遣のメリットについてですが、派遣を利用すれば「期間限定」の仕事に比較的容易
に就くことができるので、転職・就職活動にかかる時間を短縮できます。


派遣の利用についてですが、まず最初に派遣会社に登録しなければなりません。


そこで自分の希望を伝えれば、それに合わせた仕事を紹介してくれます。


派遣の場合は働き方に関して、それほど制限されることはありません。


仕事期間が6ヶ月から1年位であれば「産休代替看護師」としての仕事があります。


ここでいう「産休代替看護師」とは、産休などを理由に長期間にわたって職場を離れ
なければならない常勤看護師の代わりとして病院や施設などで働きます。





■色々な職場を経験できる!


大手の「 派遣会社 」が看護師さんを派遣する職場として代表的なのが、大型病院の
病棟や外来勤務です。経営規模が小さい個人経営のクリニックもあります。


また医療機関だけでなく、特養や老健、デイサービスなどの介護施設もあります。


医療機関だけでなく、介護をはじめ様々な分野で看護師さんが不足しています。


「集団検診」や「訪問看護」などの仕事も期間限定であります。


実際に派遣の仕事は幅広いです。様々な職場で働くことができるので、看護師として
のプラスにこそなれど、マイナスになることは決してありません。


再び常勤看護師として働くさいに、派遣で働いた経験が大いに役に立つことでしょう。





■自分探しのチャンスがいっぱい!


派遣の仕事を通じつて、看護師としての適性を見出す人が少なくありません。


自分に向いている仕事や職場を知るいいきっかけになります。


派遣の仕事が終了しても、おなじような職場で働けばいいわけです。


例えばこれまで長い間大型病院で働いてきた看護師さんが、派遣の仕事を通じて介護
施設での仕事に「 やりがい 」を見出すことも少なくありません。


普通に常勤として働きながら他の職場を転々としたら、キャリアに傷がつくだけです。


しかし、派遣の仕事は契約期間をすぎれば、他の職場へ移行しなければならないわけ
ですから、キャリアに傷つくことはありませんし、逆にプラスに動きます。


看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので経験がなにより評価されます。


派遣の仕事を通じて新らしい自分を発見するチャンスでもあります。ただ我慢して、
働き続けるよりも、派遣の仕事をきっかけに変化を求めるのも一つの手です。


血液センター・献血ルームでの看護師の仕事とは?働きやすさが魅力!




■献血関連の仕事の特徴について


献血関連の仕事は血液センター・献血ルームなどで採血するのが基本となっています。


血液センターと献血センターを混合されている方が少なくありません。


しかし、献血センターという施設は実在しません。正しくは血液センターです。


血液センターをはじめとした献血関連の職場は働きやすいうえに、夜勤や準夜勤などの
変則勤務がないにもかかわらず、お給料も比較的高めに設定されています。


献血関連の看護師求人の大半は、パートやアルバイトなどの非常勤が中心であるため、
求人数が多いので比較的採用されやすいうえに求職者側の希望が通りやすいです。


また、カレンダー通り(土日祝日)休めるなど複数のメリットがあります。


このため病院勤務の看護師さんの間でも転職先候補として非常に人気が高いです。


また、ダブルワークしながら採血の腕を磨いている看護師さんもいます。





■献血関連の仕事は採血が得意な看護師さんが有利!


献血関連の仕事の主な職場は、先にのべたとおり、血液センターや献血ルームです。


仕事の大半は採血ですが、採血を苦手としている看護師さんが近年増えています。


このため、パートやアルバイトなどの非常勤で職員を確保する必要があるわけです。


つまり、採血が得意というだけで、一生物の技術をみにつけたのと同じなんです。


それくらい、採血は医療機関では重宝される技術なんですね。


基本的に病院で採血する場合は、検査が中心ですから、採血する看護師さんに対して、
嫌がらせや、文句を言ってくる患者さんも多いので、度々問題となっています。


年々こうした傾向が広がっているため、採血を苦手にする看護師さんが増えています。
昔は多少の傷みは我慢してくれたのですが、最近は我慢する人が減ってます。


しかし、献血センターには検査目的で訪れる人もいますが、病気の人は来ません。


自分の血を提供していいと、自ら足を運んでくださる方が大半です。


このためトラブルが少ないので、非常に働きやすい職場とされています。





■こんな方に献血関連の仕事はぴったり!


献血関連の仕事は、ほぼ採血のみを行いますので、採血が得意な人の方が有利です。


どんなことでも、一つのことを極めるというのは並大抵のことではありません。


採血を極めれば鬼に金棒です。しかし、長年病院で働いてきた看護師さんからすると、
献血関連の仕事は、採血ばかりなので仕事が単調に感じるかもしれません。


そこで向き不向きが別れると思いますが、働きやすさで言えばダントツです。


しかも、ここ最近は採血が出来る看護師さんを確保するのが難しくなっています。


このため時給も2000円を超える求人が珍しくありません。厚遇が期待できます。


血液センターや献血センターなどの献血関連の求人は、常勤よりも非常勤が多いです。


職場によっては午前中のみの仕事もありますので、子育て中の若いママさん看護師には
ピッタリの仕事です。無理なく家庭と仕事を両立させることができます。


求人の中には「採血専門」で募集をかけているものもありまして、採血ができることを
条件に、かなりの高待遇が期待できますので、非常に人気が高いです。


雇用形態も色々あるので、献血関連の仕事に興味があれば是非ご一考ください。


健診専門クリニックの看護師の仕事とは?病院よりも働きやすい理由とは?




■健診クリニックの特徴について


健康診断をはじめとした各種健康管理サービスを提供している専門のクリニックでも、
看護師の需要はかなりありまして、一般病院から転職される方が少なくありません。


2008年4月からスタートした特定健診制度により、健康管理に対する意識が国を上げて
高まっていることもあって、今後も拡大傾向がしばらく続くことが予想されます。


健診専門のクリニックは、基本的に診療を目的としていません。


あくまでも健康診断をはじめとした各種健康管理サービスを提供するための施設です。


基本的に健診クリニックは、規模が小さいので、職員の数も少ないですが、一般の病院
で働くよりも働きやすい環境にあるため、看護師さんの転職先として人気が高いです。


それもそのはず、入院施設がありませんので、夜勤は一切ありません。


また、施設そのものがカレンダー通り休みであるため、休日出勤も一切ありません。


しかも、残業が少ないので、家庭と仕事の両立を目指す看護師さんにはピッタリです。





■検診クリニックはなぜ働きやすいのか?


基本的に病院やクリニックを訪れる患者さんは病気や怪我を患った人達です。


何かと重々しい雰囲気がありますが、健診専門クリニックでは、自分自身の健康状態を
把握するために訪れる人が大半で、病気の人の方が圧倒的に少ないです。


利用者の皆さんも健康に気を配れる余裕がありますので、雰囲気的に病んでいません。


このため対応する側の看護師さんからしても精神面で楽です。


というのも入院患者に限らず、外来患者の中には看護師さんを使用人と勘違いしている
のではないかと疑いたくなるくらい酷い態度を取る人もいます。


原因は色々ありますが、体が病気だと心も病気に近い人もいますので、精神的に不安定
な状態に陥りやすいですが、検診クリニックの場合は、利用者の多くが健康です。


このため余程のことがない限り、検査に対してクレームを入れる人はいません。





■健診クリニックの求人の特徴について


健診クリニックでは、学校や会社で行っているような健康診断を普通に行っています。
健康診断以外にも人間ドックを行っている、健診クリニックも少なくありません。


また、これらの業務と平行して会社や施設などに出張健診を行っている所も多いです。


出張健診はクリニック側からすれば大変実入りが良い仕事です。


一方、看護師さんは通常よりも早く出勤しなければなりませんし、健診が無事終われば
後片付けなどもあるので、普段よりも残業する時間が長くなります。


ですので、かなり時間外手当がつきますので、看護師さんにとっても良い仕事です。


健診クリニックで働く看護師さんのお給料は、他のクリニックと特別差はありません。


しかし、健診のような予防医学に興味のある方には非常に魅力的です。


最後に求人についてですが、常勤だけでなくアルバイト、パートの求人も多いです。


出張健診などが集中する繁忙期には短期アルバイトや単発アルバイトの求人も多くなる
ので、とりあえず健診看護師として短期間限定で働きたいという方にオススメです。


また採用についてですが、やはりどうしても病棟勤務の経験が必要となります。


しかし経験があれば多少ブランクが空いても採用してもらいやすいので、長期ブランク
のある看護師さんが、一般病院ではなく、健診クリニックで働くケースも多いです。


日勤専従の看護師求人が増えている理由とは?家庭と仕事の両立を実現!




■日勤専従の看護師求人が増えている


日勤専従の看護師求人が、ここ最近かなり増えています。


雇用する病院側も人材不足を改善するために本当に必死です。


業務がストップしてしまっては意味がありませんから、勤務シフトをより柔軟にする
ことで看護師さんの様々なニーズに対応し、働きやすい環境を目指すています。


日勤専従の仕事はパートやアルバイトといった非常勤であれば昔からありました。


最近は正職員として働けるので、家庭と仕事を両立させることが十分可能です。


これまで看護師さんの仕事は、日勤と夜勤を行なうのが当たり前とされていました。
勤務シフトが非常に複雑なので、「体調管理」が何より難しいですよね。


ですので結婚・出産・子育によって、大半の看護師さんは常勤で働くことを諦めざる
えなかったわけですが、長期間のブランクから復職するのも容易ではありません。


こうしたことが看護師さんが不足している状態に拍車をかける最大の要因でした。





■日勤専従の看護師求人を探すのは難しくない!


近年では、子育が無事終わっても、すぐに両親の介護を行わなければならないケース
が増えていますので、働き方を多様化しないと人材確保が難しいです。


このため日勤専従の「看護師求人」は確実に増えています。


すでに多くの「病院」が採用しています。入院設備がないクリニックやデイサービス
のような介護施設などでは日勤のみですから、家庭と仕事の両立を目指せます。


日勤専従看護師なら、朝出勤前に子供を保育所に連れていき、仕事を終えて帰宅する
さいに迎えに行くことができます。託児所がある病院なら、さらに手間が省けます。


また大型病院でも外来で積極的に雇用する姿勢が見られます。


こうした病院側の努力だけではすでに限界でして、やはり人材をしっかり確保できる
体制を整えるためにも、医療や介護に国が資金を投入する必要がどうしてもあります。





■看護師求人サイトを利用するメリットとは?


非常勤でもよければ、さらに日勤専従の看護師求人を探すのは容易になります。


非常勤の方が勤務時間や休日、給料などに関して自分の希望にあわせやすいです。


そこで何より大切なのが情報です。求人情報を入手するのは結構骨が折れます。


看護師求人サイトを利用すれば、希望の条件にあう「 日勤専従 」看護師求人を探し
てくれますので、あとは面接を受けに行くだけとなります。


各社公式サイトにて無料会員登録し、自分の希望する「条件」を伝えます。


専任の転職コンサルタントが条件に合う日勤専従の職場を調べてくれます。


しかも「 完全無料 」です。面倒な手続きや自分では確認しずらいことも、求人先に
確認してくれますので、転職活動に関するありとあらゆる手間が省けます。


仕事中に色々と不安なこと考えてしまい悩んでいる看護師さんが取るべき行動とは?



毎日一生懸命仕事をしているにもかかわらず、頭のなかで色々なことを考えてしまい、
不安に悩まされている看護師さんは少なくありません。


睡眠に悪影響を及ぼしますので、睡眠が浅く、寝ても疲れが思うように取れません。
そうなると健康状態にも悪影響を与えるので、余計に不安なことを考えてしまいます。


人材不足で苦しんでいるため、職場はいつでもどこでもギスギスしています。


医療事故が国内の病院で増えているのも、こうしたことが大きな原因です。


不安をできるだけ小さくするためには、直感力を高めて声に出すことです。


例えば「あれ?おかしいな?」と思ったことが当たることが少なくありません。


これを頭でやろうとすると、頭は同じような不安要素を描こうとします。


そうではなく、声に出すことで、何がおかしいのか、その原因を脳が探し出します。


ベテランの看護師さんの中には直感力に優れた人が多いですよね。


いつもぶつぶつ独り言をいっている姿をよく目にします。


これはストレスを解消する意味もあるのですが、それ以上に不安の原因を脳が探して
くれるので、非常に有効です。直感力を高めれば自然と不安が小さくなります。


直感は自分と向き合っている証拠です。直感力が高まれば自分に対する自信も高まり
ますので、仕事のミスやトラブルを未然に防げるようになります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





健診センターでの看護師の仕事とは?病院勤務にはないメリットとは?




■健診センターでの看護師の仕事内容について


健診センター・健康管理センターにて健診専門の看護師として働く場合、主な仕事は、
健康診断や健康指導、健康相談などで、施設の規模によって働き方が若干異なります。


健診センター・健康管理センターは、独立して存在しているものもあれば、病院に併設
されているケースも多いです。また健診を専門にしているクリニックもあります。


健診センターで健康診断を受けることにより、健康状態をチェックし、問題が発覚した
利用者さんに対し、生活面から改善するためのアドバイスを行います。


また病気を早期発見することによって、治療がスムーズに行われます。


生活習慣病に苦しむ患者さんが年々増え続けているため、国の医療に関する負担が毎年
増えているので、健康診断など伝統的な予防医学が再び注目を集めています。


健診専門の看護師さんは健康診断、定期検診、企業健診、巡回健診が主な仕事になり、
健診センター内だけでなく、健診車で周辺地域にある企業へ出向くこともあります。


これがいわゆる巡回健診でして、仕事の大半は保健師さんの仕事に近いです。


看護の仕事はゼロではありませんが、極端に少なくなりますので、健診センターで働く
ことを検討されている看護師さんは、仕事について事前に理解する必要があります。


そうすることで入職後スムーズに働けます。看護の仕事は少ないですが、採血を行なう
ので、採血が得意な方は有利です。ぜひ積極的にアピールしてください。





■健診センターの看護師求人の特徴について


しかし、健診の仕事は幅広いうえに、地方によっては人材難に苦しんでいます。


ハローワークや転職サイトでで健診センターの看護師求人を探すのは非常に困難です。


看護師転職サイトの非公開求人から探す形となります。


採血が苦手な看護師さんでも対応してくれる医療機関も少なからずあります。


また、長期のブランクがある看護師さんに対しては復職支援のための研修を行っている
ところもありますので、悲観せずに前向きに就職活動に取り組むべきです。


健診は職場によって検査できる分野の幅に大きな差がありますし、利用者が多いところ
では、猫の手を借りたいほど忙しい状態にあるので、条件を事前に確認しましょう。


健診センターで働く看護師さんの主な仕事についてですが、少数精鋭で行っているので、
色々なことを自ら積極的に行わないと、職場で浮いてしまうので注意してください。


健診の中身は幅広く採血や血圧測定、視力聴力検査、身体測定などを行います。


人間ドックでは幅広い専門的な検査項目がありますが、難易度が高いものに関しては、
検査技師が担当しますので、こうした場合はサポートすることになります。





■健診センター勤務のメリット・デメリットとは?


日本の医療はどの分野に関しても平均的に非常に優れており、実際に世界でもトップの
レベルにあるため、日本人の平均寿命は常に世界で一二を争う状態にあります。


しかし、単に寿命が伸びただけでは意味がありません。晩年をベットで寝たきりの状態
で過ごすのではなく、文字通り余生を充実させるためにも健康寿命が大切です。


健診センターでは、いくつになっても健康でイキイキと暮らしてもらうために、人々が
健康であり続けるためにどうすれば良いのか、健診業務に取り組んでいます。


また一般病院のように健診センターには病床がありませんので、夜勤はありません。


しかもカレンダーどおり土日祝祭日を休むことができますし、残業も少ないです。


ですので、仕事と家庭の両立が可能であるため、給料が一般病院で働いていた時よりも
少なくなってもいいから、健診専門の看護師として働きたい人は多いです。


しかし、これまで大変な思いをして身につけた看護技術を最大限に生かすのは難しく、
しかもお給料もかなり低くなってしまうので、この点はデメリットです。


予防医学に興味があるのであれば、健診センターの仕事は非常にやりがいがあります。


役職手当が支給されるメリット・デメリットとは?役職手当の相場とは?




■各役職の平均的な役職手当とは?


役職がついていない看護師さんが時間外勤務をしたさいには、きちんと「時間外手当」
がつきますが、看護師長をはじめ、役職がつくと時間外手当はつきません。


副主任までは、概ねどこの病院でも時間外手当は支給されますが、それ以上となると、
完全に残業手当が支給されなくなるので、人によってはモチベーションが下がります。


また場合によっては、せっかく昇進・昇給しても、時間外手当が支給されないことで、
総支給額が昇進前の総支給額を下回る場合もあるので、十分注意して下さい。


月収にすると大した差はない場合でも、年収で計算するとかなりの額になりますので、
もしそうなってしまった場合は、すぐに上司に相談してください。


ちなみに各役職の特徴と役職手当については以下のとおりです。



■看護師部長

看護部長の役職手当は10万円前後


■看護師長

看護師長の役職手当は5万円から10万円の間


■看護主任

看護主任の役職手当は3万円から5万円の間



上述させて頂いた数字はあくまでも目安です。この範囲から外れていると、各役職手当
が少ない、多いが判断出来ます。また役職がつくと段階的に責任が大きくなります。


やることが確実に増えますので、その分給与に反映されます。





■役職がつくことによるメリット・デメリット


責任者として、それに応じた役職手当が支給されるわけですが、病院内の看護業務全般
を担っている大変重要な存在であることに変わりありません!!


一般の会社では、部署によっては業務に関する知識がそれほどなくても管理職に就いて
いるケースが少なくありませんが、病院の場合は絶対にありえません。


看護部長や看護師長になるころには、相当なキャリアを積んでいるので、基本給も相応
の額になっています。これにプラスして役職手当が支給されます。


一般的に看護師は女性の職業の中では「 高年収 」とされていますが、ある程度の年齢
に達すると高額な役職手当がつくので、こうした点が大きく反映されています。


病院によっては、看護主任で年収600万円以上というケースもあります。





■役職がつくとやりがいが大きくなる?


役職が就くと何かと大変ではありますが、病棟内の看護師たちをまとめる責任あるわけ
ですから、それなりのやりがいがあります。しかし職場の雰囲気が悪いと大変です。


その間に入ってまとめなければならないので、「 チームワーク 」を統制するのは容易
ではありません。上のポジションについたらついたで何かと大変です。


これまで仲間だった人達が急に非協力的になってしまうこともあります。


それまでだったら全く感じることのなかった疎外感を感じる方も少なくありません。


しかし、責任が大きい分だけ、仕事を通して喜びや充実感、満足感を得られます。


給料や役職手当以上のものを、努力することによって得られることでしょう。


上のポジションにつけば、自分が部下だったときの視点に帰ることができませんが、
部下の苦労は理解できるわけですから、ねぎらいの言葉をかけてあげて下さい。


保育園の託児所での看護師の仕事とは?子供が好きでなければ働けない?




■保育園や託児所が増えている理由とは?


看護師さんが病院意外で活躍出来る場は介護関連施設や企業だけではありません。


大学をはじめとした各教育機関の保健室でも看護師さんの仕事はありますし、最近では
「保育園」や「託児所」での、園児たちの健康管理の仕事も人気も高まっています。


少子高齢化が急速に進んでいるため、保育園は減っているのではないかと心配される方
もいらっしゃると思いますが、実際は反対で保育園や託児所は年々増えているんです。


働く女性が増えているため、都会を中心に保育園や託児所が不足しています。


現政権が女性の社会進出を強く打ち出しているため、今後より働く女性が増えることを
見越して、待機児童の問題を早急に解決しようとする動きが活発化しています。


園内で児童たちが安全に過ごすことができるように、しっかりと子どもたちを見守り、
急な怪我や病気を患っても迅速に対応するため、看護師さんは必要不可欠な存在です。





■保育園や託児所での看護師さんの仕事や役割について


次に保育園や託児所での看護師さんの仕事についてですが、基本的に園児や職員の健康
管理がメインの仕事となります。これにプラスして緊急時の応急処置などを行います。


子どもたちは運動機能が完全に発達していない状態にありながら、突発的な行動を取る
ので、怪我が絶えませんので、応急処置を迅速に行える体制を整える必要があります。


また、年間保育指導計画も重要な仕事です。園児に対する保育指導の計画を、きちんと
保護者に説明することによって、安心して我が子を預けることができます。


保育園は6歳未満の幼児が対象となっているため、小児科に勤務されたことがあるなら、
それまでの経験を思う存分生かすことが出来ますし、就職活動も有利に進められます。


もちろん小児科に勤務された経験のない看護師さんにも十分チャンスはあります。


しかしながら、子供が好きでなければ正直この仕事は務まりません。


「子供たちと一緒に過ごすことが楽しくて仕方がない」と、思える人でなければ、幼い
園児たちと一緒に過ごすことは出来ませんし、逆に大きなストレスとなります。


また園児たちの保護者と接する機会も少なくないので「夜勤もないから仕事が楽そう」
といった安易な意識で転職すれば、入職した後に必ず痛い目にあいます。


事実最近の保育園や託児所では、モンスターペアレントが問題となっています。


ことあるごとに文句をいってくるわけですが、対応を誤ると大変な問題になります。


ここでも病院で患者さんからのクレーム対応が大きく役立ちます。





■最近の保育園・託児所の看護師求人の傾向について


発育期にある園児たちは、ちょっとした怪我や病気でも大事にいたる可能性があります。
そうした場合に園児たちに適切な処置を迅速に施さなければなりません。


ですので、その際にどのように対応したのか保護者に対してきちんと説明することも、
看護師さんの仕事であるため、そのの責任はとても大きなものとなっています。


ですので、ただ子供が好きだからという理由だけでも勤まりません。


保育園や託児所では、特別な医療行為を行わない=楽な仕事と誤解している方が多いの
ですが、決してそうではないことを理解していただければ幸いです。


保育園・託児所の看護師求人の内容についてですが、最近の傾向としては、看護の仕事
だけでなく、保育の仕事をサポートすることを求めるケースが増えています。


ですので、保育士さんたちと良好な関係を築くことも長く働くためには必要です。


保育園や託児所の看護師求人は正職員だけでなく、パート・アルバイトなどもあります
ので、ご自身の生活にあわせて働くことが出来る点も大きな魅力となっています。


病院で働くのとは、かなり勝手が異なりますが、小さな子供が好きな方は、病院以外の
転職先候補の一つとして、保育園や託児所を検討されることを強くオススメします。


看護師の役職手当の金額について!残業代がつかないデメリットとは?




■病院での役職について


一般病院で働く看護師さんも勤務年数や技能などが病院側から一定の評価を受けると、
看護主任や看護師長、看護部長といった「 役職 」が与えられます。


役職に応じて役職手当が支給されるのですが、病院によっては、副主任、副看護師長、
看護部長補佐といった形で役職をさらに細分化しているところが少なくありません。


こうした場合は副主任から役職手当てが支給されることになります。


また看護部長と副院長を兼務するところも増えていますので、給料体系も病院によって
微妙に異なりますが、間違いなく看護師さんの地位は今後さらに高まると思います。


また役職がついた場合の「残業手当」についてですが、通常役職につくと、それ相応の
役職手当が支給されることになりますので、時間外手当は支給されなくなります。


病院によっては、副主任までは残業手当が支給されるところが多いです。





■役職手当がつくと残業手当がゼロに


多くの病院では、看護主任になると残業手当は支給されません。


日本国内にある病院の半数以上は赤字経営に苦しんでいます。


このためどこの病院もコスト削減に必死です。役職が与えられると、それ相応の責任
を負わされることになるので、これまで以上に忙しくなります。


様々な研究、研修・講習、会議があるので、これに必ず顔を出さなければなりません。


同時に付き合いも広がりますので、さらに時間が取られてしまいます。


そして、主任になるとさらに職場での責任が大きくなります。


これまでだったら、全く気にすることがなかったことにまで、気を配らなければなりま
せんので、何かとストレスとなり、体調管理が余計に難しくなります。


このため、昇進することを拒む看護師さんも少なくありません。





■役職手当は病院によって大きく異る


主任になると責任や雑務が増える分、時間が取られるので、チームワークの悪い職場
で働くと問題が多発するので、その尻拭いに時間を取られるので、本当に大変です。


どこの病院でも主任以上の役職つくと残業手当がつかなくなります。


このため仕事に対するモチベーションが低下する人も少なくありません。


もし役職についていてい転職されるのであればこの点に関して確認すべきですね。


気になる役職手当の「金額」についてですが、地域や病院の規模によって支給される
金額が異なりますが、かなりばらつきが大きいのが特徴です。


主任で3万円から5万円、看護師長で5万円から10万円、看護部長で10万円前後
くらいが役職手当として一般的なようですが、病院によって大きく異なります。


病院によっては昇進しても1万円ずつしか手当の額があがらないところもあります。


昇進したことで仕事量と責任が増えても、時間外手当が支給されなくなり、その分を
カバーする昇給額が少ないと、昇進しない方が総支給額が多いケースもあります。


その場合はすぐに上司に相談されることをオススメします。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます