2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
毎日一生懸命同じ仕事をしているにもかかわらず、要領よく仕事がこなせないため、上司や先輩から厳しく注意されている看護師さんがどこの職場にもいます。特別動きが悪い…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事!看護師資格を生かして製薬会社など治験関連企業で働く場合、「臨床開発モニター」というお仕事があります。臨床開発…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■看護部長の気になる年収について気になる看護部長の年収についてですが、800万円前後です。ちなみに月収は額面で50万前後となっています。もしかすると「うちの看…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
病院には沢山の人がいます。また毎日入れ替わり立ち替わり患者さんが訪れますので、腹の立つことも少なくありません。怒りが大きなストレスとなります。ストレスに強くな…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■治験コーディネーターの役割について企業看護師として活躍できる職場は企業の医務室だけではありません。今回は「治験コーディネーター(CRC)」について解説させてい…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■夜勤専従看護師とは?夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤だけを専門に働く看護師のことです。夜勤は常勤で働く看護師さんのお給料のかなりの部分を占めていますよね。…

記事を読む

No Image

転職に失敗する看護師の特徴
■病棟は看護師長の人柄で決まる?!病棟で働く看護師さんや看護補助職員をまとめるのが「 看護師長 」の仕事ですが、病棟の雰囲気が変わるくらい、職場における「 看護…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
医師や看護師による医療ミス、医療事故が大手メディアで取り上げられることが珍しくなくなりました。それくらい頻繁に起こってしまう背景には色々な原因があります。殘念…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■夜勤専従看護師と夜勤パートの違い企業看護師として働く手段は主に二通りあります。「正社員」として直接企業から雇用される形と「派遣社員」として派遣される形で働く…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■期間限定看護師求人はこんな方にぴったり!女性看護師さんの場合、結婚・出産をきっかけに家庭に入れば、どうしても家庭を優先させなければならないので、常勤で勤務す…

記事を読む

仕事の要領が悪くて上司に怒られる看護師さんの特徴とは?




毎日一生懸命同じ仕事をしているにもかかわらず、要領よく仕事がこなせないため、
上司や先輩から厳しく注意されている看護師さんがどこの職場にもいます。


特別動きが悪いわけでもなく、傍から見ている分には、それほど要領が悪いように
は見えないのですが、仕事が遅くて要領が悪いことに悩んでしまいます。


仕事が遅くなってしまったり、要領が悪いのは、頭で考えてしまうからです。


頭の中であれこれ考えてしまうと、その分やらなくてもいいことをやるはめになり、
余計に仕事を進められなくなってしまうのです。これが大きな障害となります。


また、やらなくてもいいことを沢山やっています。恐らくこうした背景には、仕事が
遅くて要領が悪いことを気にしすぎている点があげられます。


周囲に迷惑をかけていることを痛感しているころから、その埋め合わせとして、やら
なくてもいいことをやって、少しでも挽回したいという思いがあるからでしょう。


ですので、まずやらなくていいことはやらないと決めましょう。


仕事がスムーズにこなせるようになって、余裕が生まれてからやればいいです。


今回の動画では、仕事を要領よくこなすために必要なヒントが満載です!



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

臨床開発モニターの仕事とは?治験を裏から支える重要な仕事!




■臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事!


看護師資格を生かして製薬会社など治験関連企業で働く場合、「臨床開発モニター」
というお仕事があります。臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事です。


治験は新薬を開発するために絶対的に必要なご有無です。


しかし、その工程だけでも膨大な数がありますし、薬を服用する患者さん(被験者)
だけでも相当な数がいるので、それをまとめるのは本当に大変な仕事です。


これら治験の業務をまとめるのが、治験コーディネーターの仕事で、治験の各業務が
正しく行われているか、確認するのが臨床開発モニターの仕事となります。


このため臨床開発モニターは、治験コーディネーターのように患者さんと接すること
はほとんどありません。緻密なデーター収集及びデータ管理が仕事の中心です。


このため治験の仕事に興味のある看護師さんの多くが、治験コーディネーターの仕事
により興味を示しています。実際に治験コーディネーターの方が向いています。





■臨床開発モニターの仕事とは?


現役で活躍されている臨床開発モニターの多くが製薬会社に属しています。


臨床開発モニターは、提携先の医療機関にて、医師をはじめ治験にかかわるスタッフ
とともに治験の開始から完了までの各工程を確実に行なうために作成していきます。


そのために何度もミーティングを重ねて確実なものにしていきます。


治験が実際にスタートしてからが大変で、患者さんに副作用の症状が出ていないか、
こと細かに確認しながら、治験に関する様々なデータを集めていきます。


もちろんデータを集めたらそれで終わりというわけにはいきません。


そのデータをしっかりまとめて報告書を作成なければなりません。


臨床開発モニターは、治験の全てに関わる重要な仕事であるため、治験終了に関する
色々な手続きも行わなければなりません。このため最後まで気が抜けません。


言葉にすると簡単ですが、ミスが許されない仕事なので、何かとストレスが多いです。





■臨床開発モニターに求められるスキルとは?い


先に述べた通り、治験コーディネーターは、治験の工程にあわせて段取り通り進めて
いくのが仕事ですあるため、被験者である患者さんとも接する機会が多いです。


しかし、臨床開発モニターは患者さんと接する機会は少ないです。


「縁の下の力持ち」的に治験に関する全ての業務を支えていきます。


このため臨床開発モニターの仕事は必然的に事務的な作業が多いです。


パソコンで治験に関する様々なデータを作成したり、管理するのも重要な仕事です。


臨床開発モニターの仕事は一見すると地味ですが、非常に重要度の高い仕事です。


また日々治験に関する膨大なデータを処理をしなければならないので、これらを確実
に処理していくためにも、高い「データ処理能力」がどうしても求められます。


仕事が仕事なだけに、臨床開発モニターの仕事は残業が多いですが、その分「給料」
に確実に反映されるので、やりがいはありますが、その分責任は非常に大きいです。


一般病院に勤務していた看護師さんが、臨床開発モニターにキャリアチェンジされる
ケースはあるにはありますが、治験コーディネーターほど多く無いのが現状です。


看護師資格と病院勤務で培った経験を最大限生かすのであれば、臨床開発モニター
よりも、治験コーディネーターの方が看護師さんに向いています。


看護部長の年収について!同年代の平均年収を大幅に上回る理由とは?




■看護部長の気になる年収について


気になる看護部長の年収についてですが、800万円前後です。


ちなみに月収は額面で50万前後となっています。


もしかすると「うちの看護部長も800万円くらいもらってるの?!」と、驚かれる方
も多いかもしれませんが、700万円から800万円くらいが一般的です。


最近の看護部長求人の特徴としては、ストレートに「年収800万以上」といった形で
金額を表示するケースが増えています。また副院長を兼務するケースも増えています。


地位が向上することによって、その分年収が高めに設定されることになります。


ちなみに看護部長の平均年齢は52.3歳(日本看護協会)で、50代サラリーマンの
平均年収は、男性が634万円、女性が274万円で、男女の平均が484万円です。


看護部長の平均年収は、同年代のサラリーマンの平均年収を大幅に上回っていますが、
それだけ思い責任を背負ってますし、仕事自体非常にハードです。





■同年代の年収を大幅に上回る!


しかし、そうはいっても同世代の一般的な女性の平均年収よりも500万円も上回って
いるわけですから、世間一般からみれば羨ましい立場にいることは間違いありません。


一般の会社の部長クラスの仕事と較べても看護部長の仕事は非常なまでに過酷ですし、
病棟内で働く看護師さんたちをまとめるのは決して容易ではありません。


またトラブルが起これば、問題を鎮火するために真っ先に対応しなければなりません。
よくあるのが自分の部下が患者さんやそのご家族とトラブルとなるケースです。


「訴える!」と怒鳴っている人をなだめるのは容易ではありません。看護部長の仕事は、
大変責任が重いので、最近では副院長を兼務するケースが増えています。


それだけ看護師の経験が高く評価される時代に入ったのかもしれません。


しかし、重職であるため年収や労働環境に不満を持っている方も少なくありません。






■勤務する病院の規模によってここまで差がでます!


当然のことながら看護部長の給料は病院によって支給される額は異なります。


その差は結構ありまして、例えば公立病院に勤務する看護部長の年収は850万円程度
です。また国立病院は950万円前後、大学病院は750万円前後となっています。


また平均的な民間の総合病院では、年収700万円前後となっています。


平均年収なので、あくまでも目安程度にお考えください。


看護師の仕事を一生続ける覚悟があるかたは是非看護部長を目指してください!


病院の経営規模が大きければ大きいほど配置されるスタッフの数も多くなりますので、
当然のことなが看護部長が管理しなければならない看護師の人数も多くなります。


その分責任も重くなり、それに応じて給料も高くなります。


上司や同僚だけでなく患者さんに対する怒りに苦しむ看護師さん



病院には沢山の人がいます。また毎日入れ替わり立ち替わり患者さんが訪れますので、
腹の立つことも少なくありません。怒りが大きなストレスとなります。


ストレスに強くなることはできませんので、できるだけ早く忘れることが肝心ですが、
上司や同僚だけでなく、患者さんに対する怒りでいっぱいだとそうもいきません。


「なぜこれだけ一生懸命仕事をやっているのに、いちいちこんなことを言われなければ
ならないのか?」と思うことも多いでしょう。実際理不尽なことが多いです。


しかし怒りを抱えたままでは精神衛生的にもよくありません。


余計なことを考えてしまい、気がついたらミスを連発していたなんてことになりかねま
せん。そうならないためにも、自分と他人の違いを認める必要があります。


「ああぁこういうふうに考える人が世の中にいるんだ」と思えれば、怒りは軽減します。


また、「自分はぜったいにこういう人にはなりたくない、この人はそのことを私に教え
てくれたんだ」と思えるようになれば、感謝の気持すら湧いてきます。


なんでもかんでも前向きに考えろということではありません。


「こんな人が世の中にいるんだな」と、自分と相手が違うことを認めるだけでOKです。


そうすれば、徐々に怒ることも少なくなります。


最初は無理と思うかもしれませんが、自己啓発関連の書籍に書かれているように、
なんでもかんでも相手を「許す」というわけではないので、入りやすいと思います。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





治験コーディネーターの仕事とは?病院勤務の経験が最大限生かせます!




■治験コーディネーターの役割について


企業看護師として活躍できる職場は企業の医務室だけではありません。


今回は「治験コーディネーター(CRC)」について解説させていただきます。


製薬会社をはじめ薬を開発するためには「臨床実験」を行わなければなりません。


治験コーディネーターは、治験業務全般に関わる重要度の高い仕事です。


一般病院で働いている看護師さんの転職先として人気です。


新薬を市場に投入するには「厚生労働省」が定める厳しい条件を全てクリアし、認可
を受けなければなりません。そのために治験がどうしても必要になります。


治験がきちんと正しく行えるように治験コーディネーターは、患者さん(治験被験者)
や医師の先生、医療機関、製薬会社の間に入って交通整理のような役割を果たします。


治験業務全般の調整およびサポートするのが治験コーディネーターの主な仕事です。


治験コーディネーターは、仕事の関係で沢山の人たちと接します。治験業務に関わる
人たちのそれぞれの立場を理解して業務を円滑に進めなければなりません。


このため、一般病院で働くのとはまた違ったコミュニケーション能力が必要です。





■治験コーディネーターの仕事の難しい点とは?


治験コーディネーターの勤務形態は二つのパターンがあります。


まず一つは、SMO((Site Management Organization:治験施設支援機関)に所属して
治験関連企業の治験業務が行われている現場へと派遣されるケースです。


もう一つは、看護師、薬剤師、臨床検査技師が病院内で治験コーディネーターとして
働くパターンです。治験の仕事は専門性が高いうえに業務の幅が広いのが特徴です。


治験が滞りなくスムーズに行われるようにするためには、積極的に治験に関わる人達
や企業の間に入って、調整およびスケジュールを管理しなければなりません。


また患者さん(治験被験者)のインフォームドコンセント(同意)が非常に重要です。


患者さんが治験に参加する条件についてですが、100%患者さんの意志によるもの
でなければなりません。つまり何がおこっても患者さんの自己責任となります。


しかし、そうはいっても患者さんは治験や新薬について何も知りません。


このため治験や新薬について、できるだけ分かりやすく説明しなければなりません。


そのさい最も重要なのが、薬を服用することによって起こりえる様々な「副作用」に
ついても、きちんと説明したうえで患者さんの不安を取り除いてあげることです。


そうしたうえで最終的にインフォームドコンセントを得る必要があります。


先に述べた通り、治験コーディネーターの仕事は沢山の人と接することになるので、
一段高い「コミュニケーション能力」がどうしても求められます。





■看護師としての経験が高く評価されます


看護師資格とこれまで看護師として働いてきた経験を治験企業で活かすのであれば、
臨床開発モニターよりも「治験コーディネーター」のほうが最適です。


治験コーディネーターの仕事は患者さんからインフォームドコンセントが得られれば
終わりというわけではありません。そこからの道のりが非常に長いんです。


ですので、根気よく取り組まなければなりません。


治験を実際に行っている最中は勿論のこと、治験終了後も患者さんの容態についても
「経過を追うとどのようになるか」、詳細にチェックする必要があります。


また患者さんに不安を与えないための配慮も大切な仕事です。患者さんによっては、
副作用を恐れるがあまり、余計なストレスを抱え込んでしまうこともあります。


臨床結果に影響しない範囲にとどめるために、治験コーディネーターが自ら率先する
形で、しっかり患者さんとコミュニケーションを取らなければなりません。


このため病院勤務の経験が非常に役に立ちますので、もし治験関連企業に転職するの
であれば、治験コーディネーターとして働くことをオススメします。


夜勤専従の看護師求人の特徴とは?月に数回働くだけでここまで稼げる?




■夜勤専従看護師とは?


夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤だけを専門に働く看護師のことです。


夜勤は常勤で働く看護師さんのお給料のかなりの部分を占めていますよね。


それもそのはず夜勤手当がかなり割高に設定されているからですが、このため1ヶ月
に数回働くだけで一般の会社で働く女性の給料を軽く超えてしまいます。


看護師さんの仕事は、日勤と夜勤を行なうため、労働時間が長いのが特徴です。


また、病院を訪れる患者さんは様々な病気を患っています。


病原菌がそこら中に蔓延しているわけですから、感染するリスクが低くありません。
そうした環境で働くわけですから、それなりに手当も厚くなければ誰も働きません。





■夜勤手当について


夜間の病院には最低何人かの人材を配置しなければなりません。


しかし、人材不足であるため、ぎりぎりの人数で対応せざるえない状況にあります。


このためどこの医療機関でも「 夜勤手当 」を高めに設定しているわけですが、夜勤
手当に関しても、都会にある病院と地方にある病院では差があります。


基本的に都会にある病院の方が高めに設定されています。また病院の「経営規模」の
大きさによっても違いますし、国公立病院や民間病院の間にも差があります。





■夜勤手当の相場について


病院の経営状態が悪ければ、支給できる夜勤手当も低いです。常勤看護師の夜勤手当
は1万5千円程度ですが、地方の病院では1万円を割るケースも少なくありません。


しかし、夜勤専従看護師は夜勤だけを行なうため、拘束時間も非常に長いことから、
夜勤手当が高めに設定されています。2万円〜3万円が相場となっています。


今現在多くの病院が「 2交代制 」を採用していますが、「 3交代制 」を採用して
いる病院もあります。基本的に2交代制の方が拘束時間が長いです。


しかし、その分夜勤手当が多くなるといったことはほとんどありません。


看護師長の存在が転職に大きく影響!看護師長が悪いと全てが台無し!




■病棟は看護師長の人柄で決まる?!


病棟で働く看護師さんや看護補助職員をまとめるのが「 看護師長 」の仕事ですが、
病棟の雰囲気が変わるくらい、職場における「 看護師長 」の力は絶大ですよね。


看護師長は「仕事に対する心構え」など病棟で働くスタッフに強い影響を与えます。
良くも悪くも、それぐらい力がないとスタッフをまとめることが出来ません。


病棟によっては看護師長の存在が薄いところも少なくありませんが、大抵そういった
職場は雰囲気も悪く、仕事の連携も上手く取れないため、問題が頻繁に起こります。


問題が起こって、その問題をおこした当事者がきちんと謝罪するなり何なりして責任
を取るのであれば、まだいいのですが、そうではないので大きな問題となります。


酷い場合は責任を他の人におしつけたり、もみ消したりしようとするので、関係ない
人たちまで巻き込まれてしまう可能性があるので十分注意しましょう。


対策としては、しっかりメモを片手に自分から声をだして確認することです。


例え迷惑そうな顔をされても、自己防衛のために頑張りましょう。





■看護師長が良ければ職場の雰囲気も良い!


看護師長が明るい人だと職場の雰囲気も当然明るくなりますよね。


例え仕事に対して人一倍厳しくて、スタッフのミスに対して容赦なく厳しく注意した
たとしても、注意されたスタッフも、注意されて当然としっかり反省します。


しかし、いつもピリピリしているような陰険な人が看護師長だと職場の雰囲気は最悪
ですよね。問題が頻繁に起こり、スタッフ同士の連携にも悪影響をおよぼします。


あまりにも看護師長が作り出す職場の雰囲気が悪いと医師の先生も指示が出しにくい
ので、患者さんの治療にも大きく影響しますので、看護師長の存在は大きいです。


病院見学のさいに施設内を見学する以上に重要なのが従業員の働き方です。


人間関係が悪いところは、入った瞬間に悪いオーラーを醸し出していますよね。


その原因が、看護師長の可能性が高いので、要注意です。





■良くも悪くも看護師長の影響力は絶大


仕事に対する態度が悪い看護師長の下で働くのは本当に大変です。


他の看護師も真似するので、患者さんとのトラブルも頻発します。


そうしたトラブルの間に入らされる他の看護師さんからすればたまったものではあり
ませんよね。ですので病棟で働く上で看護師長の存在が非常に重要です。


当然のことながら看護師求人には看護師長の情報が書かれているわけではありません。


しかし自分ではこうした情報を調べようがありません。転職先候補の病院へ出向いて
色々と調べることが出来れば良いのですが、時間がないので中々難しいですよね。


そうした場合に頼りになるのが看護師転職サイトです。


求人先に関する色々なことを調べてくれますので、もし転職するにあたって利用され
るのであれば、看護師長をはじめ職場の人間関係についても必ず質問しましょう。


当サイトが唯一推奨させて頂いている看護師転職サイト「ナースではたらこ」では、
実際に現場に出向いて色々と取材を行っていますので、


情報量だけではなく情報の質も高いですので、是非相談してみてください。


看護師さんがんなぜ医療事故に巻き込まれてしまうのか?



医師や看護師による医療ミス、医療事故が大手メディアで取り上げられることが珍しく
なくなりました。それくらい頻繁に起こってしまう背景には色々な原因があります。


殘念ながらただ単に「人手不足」では済まされません。細かいことでいえば職場の人間
関係があまりにも悪いため、意志の疎通が従業員同士できていません。


これでは連携して働くことは困難です。またチーム医療が叫ばれて久しいですが、医師
があまりにもチーム内で幅をきかせすぎると大事なことを報告をしなくなります。


本来これは大問題ですが、恐ろしいことに一度周囲の人間から色々な理由から嫌われて
しまうと、人は「この人とは関わりたくない」と潜在的に思います。


そうすると自ら何かを告げることをしなくなります。というか避けようとします。


また同じような業務を日々行っているため、慣れから緊張感がなくなります。


すると次第に色々と思い込みが激しくなります。しっかり確認すれば問題ないことを、
確認せずに「大丈夫」といって自分勝手に進めてしまいます。


緊張感を持って仕事をするためにも、些細なことでも確認しあうことが大切です。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





企業看護師として企業で働きたいなら派遣勤務も視野に入れるべき!




■夜勤専従看護師と夜勤パートの違い


企業看護師として働く手段は主に二通りあります。


「正社員」として直接企業から雇用される形と「派遣社員」として派遣される形で働く
ことができます。基本的に正社員として働くとなると、かなり敷居が高いです。


というのも企業看護師の求人そのものがそれほど多くないからです。


このため希望にあった求人を探すのは簡単ではありません。


派遣の場合は企業側も雇用するうえでのリスクが低いので、求人もそれなりの数があり
ますが、依然として派遣社員として働くことに抵抗のある方が少なくありません。


しかし、企業看護師の場合は専門職であるため、誰でも出来る仕事ではありません。


看護師もしくは保健師の資格がなければ就くことさえできません。


また従業員数が1000人を超えるような企業では、従業員の心と体の健康を維持する
ことが業績に大きく左右しますので、健康管理・保健指導は重要な仕事です。


一般職で派遣されるのとは当然のことながら待遇が大きく異なります。





■正職員と派遣で働く場合の違いとは?


派遣といっても企業看護師として働く場合、「正職員」と何ら変わりありません。


確かに「派遣法」が今後大幅に改正される可能性もありますので、楽観視できません。


しかし、現時点では派遣で企業看護師として働く場合、勤務時間が短かったり、それに
ともない賃金に差があるといったこともありませんので、安心して働けます。


職場での仕事に関しても正職員の方と一緒に取り組んでいきますので、派遣で働いてる
からといって冷遇されることはなく、基本的に全ての業務に携わることができます。


実際に企業によっては、正職員よりも派遣で働いている看護師さんの方が多いところも
少なくないので、正職員として働くことにこだわり過ぎると損をします。


むしろ積極的に派遣を利用して企業看護師として働いたほうがメリットは大きいです。
というのも、こうした専門性の高い仕事は経験が何より大切だからです。


先に述べた通り、派遣で企業看護師を募集する企業も増えています。派遣でもいいから
企業看護師として働いてみたいと考えている方も多いので、競争が非常に激しいです。


企業看護師の仕事に就きたいと考えているのであれば、派遣も視野に入れるべきです。





■派遣ならではのメリットとは?


派遣で企業看護師として働くメリットは決して小さくありません。


派遣元の会社によって派遣先での働き方をある程度調整してくれます。


自分で直接こうした交渉を行なうのは気が引けるので難しいですが、派遣会社のほうで
全て調整してくれるので、交渉するにあたって嫌な思いをすることもありません。


またどうしても家庭を優先させる必要がある場合、正職員を希望するのであれば、勤務
時間を調整してもらうことは難しいですが、派遣であれば調整してもらいやすいです。


このため派遣で働くほうが仕事と家庭を両立しやすいといったメリットがあります。


また、企業看護師として働ける主な職場は、「企業内医務室」「治験・製薬関連企業」
「医療機器メーカー」などがありますが、求人の数はそれほど多くありません。


ですので、正職員にこだわりすぎると、せっかくの機会を逃してしまいます。


殘念ながら派遣勤務をネガティブに感ずる方が多いです。


しかし正職員へ登用されることも十分ありえます。


ちなみに企業看護師の求人は看護師転職サイトの未公開求人にほぼ限定されています。


看護師転職サイトを利用するなら正職員だけでなく、派遣で勤務し、経験を積んだあと
に正職員として転職することも視野に入れて転職・就職活動に取り組みましょう。



期間限定看護師求人はこんな方にぴったり!好きなときに働けます!




■期間限定看護師求人はこんな方にぴったり!


女性看護師さんの場合、結婚・出産をきっかけに家庭に入れば、どうしても家庭を優先
させなければならないので、常勤で勤務することが難しいですよね。


少しでも空いている時間を有効に使い、家計を支えるまでとはいかなくても、お小遣い
を稼ぐ程度に働くのも悪くありません。むしろ積極的にそうすべきだと思います。


そうすることによって、長期のブランクを生じさせなくてすみます。


子育てが一段落してから、本格的に復職するさいにスムーズに復帰できます。


そうした目的に派遣や短期アルバイトなどの「期間限定看護師求人」はピッタリです。


また家庭の事情でブランクが生じ、復職する前の「 リハビリ目的 」でもいいですし、
退職して次の仕事が見つかるまでの間だけも「 期間限定看護師求人 」ならOKです。





■期間限定看護師求人なら無理なく働けます!


期間限定看護師求人は、「専門看護師」や「認定看護師」などキャリアアップのために
集中して資格取得に向けて勉強されている看護師さんにもオススメです。


派遣や短期アルバイトなどの期間限定看護師求人の賃金は高めに設定されています。


とくに夜勤専従の仕事は高めに設定されていますので、月に数回働けば十分です。


看護師の仕事から離れることなく働き続けるためにも非常に有効な手段です。


また看護師として毎日激務をこなしていれば、心と体のバランスが崩れ、少しのんびり
したいと考えている看護師さんも少なくありません。特に最近増えています。


長い人生色々ありますから、そうした時間が持てることは幸せなことだと思います。





■派遣で働くメリット・デメリット


期間限定看護師求人は、終わり(退職する日)が最初から決まっています。


つまりゴールが最初から決まっていますので、例え勤務先が問題のある職場であったと
しても、お金のためと割りきって最後の日まで頑張り続けることができます。


常勤で働く場合は、長期間働くわけですから、入職後にとんでもない職場と分かれば、
絶望しますが、期間限定であればそうしたリスクもありません。


ただし派遣の場合は、派遣会社が斡旋した職場で働くことになりますので、自分で選ぶ
ことが出来ない点が唯一のデメリットです。しかし色々な職場で働けます。


色々な職場で働いた経験が全て財産になりますので、常勤として再び働くことになった
さいにも、派遣で働いていたときの経験が生かされるので、前向きに捉えましょう!


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます