2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
  ここにきてナーシングフットケアの重要性が高まっています。日本各地でフットケアのセミナーが開催されていますが、沢山の看護師さんが自腹で参加し、スキルの向上に…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■病院から企業に転職するケースが増えている理由とは?大学病院などの大型病院でそれなりにキャリアを積んできたベテラン看護師さんでも中高年と呼ばれる年齢に達すれば…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■期間限定看護師求人について病院は一般の会社のような繁忙期はないのですが、それでも冬場にはインフルエンザやノロウイルスなどが流行しますので、この時期には外来が…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
入院生活はどちらかといえば辛いことの方が圧倒的に多いです。また入院生活が長期化すればするほど「この病院じゃだめなんじゃないか」といった具合に医師の治療方法や病…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■産業看護師の求人市場の現状について!産業看護師として働きたいと思っていても、実際に産業看護師になるのは大変です。それくらい看護師さんの間で産業看護師は人気の…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■とにかく体調管理が難しい病院で働く看護師さんの多くが体調管理で苦労されています。しかし、そうした看護師さんの苦労を一般の人達は、残念ながら知ることがありませ…

記事を読む

No Image

ワンポイント動画
看護師さんの9割超が女性ですが、女性がやるにはあまりにも過酷な仕事です。実際に看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードです。男性看護師でも新卒で入っ…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■企業で働く=仕事が楽ではない!病院勤務の仕事は非常にハードであるため、「年齢的・体力的な問題」から、これ以上同じ職場で働き続けることに限界を感じている方が少…

記事を読む

No Image

看護師のストレス
■ストレスに苦しんでいる看護師さんの特徴看護師さんの仕事は人の命にかかわることなので、どんなに優れたスキルと確かな経験がある方でも、目に見えない様々な「ストレ…

記事を読む

No Image

看護師のストレス
■身体を休めるために休みがあります!看護師さんの仕事は、もし仮に夜勤がなかったとしても、肉体的にも精神的にも非常にハードですから、週休二日制でなければ到底身体…

記事を読む

ナーシングフットケアで患者さんのADLとQOLを高めましょう!

 
 
ここにきてナーシングフットケアの重要性が高まっています。


日本各地でフットケアのセミナーが開催されていますが、沢山の看護師さんが自腹で
参加し、スキルの向上に努めています。それだけ多くの職場で求められています。


とくに高齢の糖尿病患者さんの場合、半寝たきり状態の方も少なくありません。


血行が著しく悪化するため、糖質制限食と薬物療法だけでは不十分です。


患者さんの足の状態を細くチェックし、患者さんの状態をしっかり把握します。


そうした状態で、フットケアを行なうことで、症状の進行を抑えることが出来ます。


足の裏、指の間、足の爪まで隈なく観察して、しっかりケアしてください!


フットケアで一躍病院の人気看護師になった人もいるくらい必要とされるスキルです。
興味のある方は是非「山口晴美先生 セミナー」と検索してみてください。


抽出されたセミナー情報から直近のセミナーの受講案内を確認してみてください。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





病院から企業へ転職するメリットとは?看護師の転職裏事情について!




■病院から企業に転職するケースが増えている理由とは?


大学病院などの大型病院でそれなりにキャリアを積んできたベテラン看護師さんでも
中高年と呼ばれる年齢に達すれば、どうしても体力的な衰えを感じます。


それまでどんなに疲れても、数時間寝れば疲れがとれたのに、どんなに寝ても疲れが
取れないといった肉体の変化に悩まされる場面に直面することになります。


女性の場合は更年期障害もありますので、なおさらこうしたケースが多いことから、
看護師として同じ職場で働き続けることに限界を感じる方が少なくありません。


24時間の交代制で夜勤や準夜勤をこなす不規則な生活は厳しいです。


このため単に今いる職場を退職するだけでなく、看護師の仕事を完全に辞めてしまう
ケースも少なくありません。しかし、これは非常にもったいないです。


一般企業に転職して産業看護師として働くことを検討すべきだと思います。


実際に上述したようなケース以外でも人間関係の問題や職場の労働環境が一向に改善
されないなど、様々な理由から一般企業に転職するケースが増えています。





■企業看護師の人気の仕事について


一般病院から企業への転職する場合ネックとなるのが求人数が多くない点です。


そうした状況にありながらも企業内医務室や治験関連の求人は比較的多いです。


企業内医務室の仕事、治験の仕事の特徴は以下のとおりです。




(1)「企業内医務室で産業看護師として働く」


企業内医務室で産業看護師として働く場合、従業員の怪我や病気の治療だけでなく、
生活習慣病や成人病を予防するためのアドバイスや指導を行います。


また最近は「うつ病」などの心の病に苦しむ従業員が増えているため、従業員と対面
する形でカウンセリングを行いながら職場環境の改善などにも取り組んでいます。



(2)「治験関連企業で治験コーディネーターとして働く」


治験は新薬の開発を行うにあたって、安全性を確認するための臨床試験です。


国から承認されなければ新薬を市場に投入することは出来ませんので、データ整理、
被験者への説明、医師など治験に関わる人たちとの連携が非常に重要です。


治験では治験コーディネーターや臨床開発モニターとして働くことができます。





■夜勤がなく土日・祝日がお休み


企業内医務室や治験関連の会社で働くメリットについてですが、何といっても土日、
祝日を普通に休め、しかも夜勤や準夜勤がないのは大きな魅力です。


病院での仕事で交代制による夜勤が苦痛と感じている看護師さんは実際に多いです。


しかし、企業で働くことによって、こうした変則勤務から開放されます。土日、祝日
が休めると計画が立てやすいので、仕事とプライベートを充実することができます。





■スキルアップを評価してくれる


一般病院よりもスキルアップが評価される環境が整っています。例えば一般病院では
専門看護師の資格を取得しても、資格手当として1万円前後支給される程度です。


しかも、法整備が優先され、専門看護師の資格を活かせる環境が整備されていない中
で働かなければならないため、屈辱的な扱いを受けることも少なくありません。


このため専門看護師を目指す人が少ないので、非常に大きな問題となっています。


一般企業の場合、スキルアップによって相応のポジションが用意されているケースが
少なくありません。また昇進・昇給が目に見える形で用意されています。


このため、資格取得に向けた勉強も非常にやりがいがあります。


期間限定看護師求人のメリットとは?人間関係の問題を避けられる?




■期間限定看護師求人について


病院は一般の会社のような繁忙期はないのですが、それでも冬場にはインフルエンザ
やノロウイルスなどが流行しますので、この時期には外来が平時よりも増えます。


そうなるとどうしてもオーバーワークになりますので、派遣や短期アルバイトなど、
期間限定で看護師さんを補充する病院は少なくありません。


派遣や短期アルバイトといった非常勤であれば期間限定で働ける求人は多いです。


子育などを理由に長期間にわたるお勤めが難しいのであれば、派遣や短期アルバイト
などの期間限定看護師求人から希望にあった職場を選んで看護師として働けます。


実際に派遣看護師や短期のアルバイト看護師の需要は少なくありません。





■人間関係の問題に悩まされることが少ない


派遣の仕事は多様化してまして、期間限定や短期間である場合が多いです。期間限定
看護師のメリットは、煩わしい職場の人間関係に悩まされずにすむ点です。


同じ職場で長期間にわたって他の職員と勤務していれば、合わない人がでてきます。


その人が辞めても、昨日まで協力して働くことができた人が、突然非協力的になり、
挨拶を交わすのすら嫌になったりすることは、本当によくあることです。


期間限定看護師として働けば、こうした問題に苦しめられることはありません。


もしかしたら職場に一人二人相性が合わない人はいるかもしれません。


しかし例えそうであっても、すでに辞めることが決まっていますので、深刻に悩まず
にすみますし、嫌なことや腹のたつことがあっても上手に受け流すことができます。






■期間限定看護師の賃金について


派遣看護師として期間限定で働けば、長期間にわたるブランクが生じずにすみます。


年間を通じて働きたいときに自分のペースで無理なく働けるのは魅力ですよね。


より毎日の生活が充実します。また派遣看護師の待遇についてですが、一般の会社で
正社員として働く女性の給料よりも高めに設定されています。


パートやアルバイトなどの非常勤看護師として働いた場合でも、ボーナスは支給され
ませんが、かなりの高収入が見込めますので、この点も大きなメリットです。



患者さんが突然暴れだした場合の看護師さんがとるべき対応とは?



入院生活はどちらかといえば辛いことの方が圧倒的に多いです。


また入院生活が長期化すればするほど「この病院じゃだめなんじゃないか」といった
具合に医師の治療方法や病院に対する不信感が増すことになります。


そうなると「このまま治らないかも...」といった不安に悩まされることになります。


こうしたストレスを解消する手段が入院患者さんの場合どうしても限られています。


同室の人たちと何気ないお喋りを楽しむことができればいいのですが、同室の人たち
と合わないと余計に孤独を感じることとなり、入院生活がさらに苦しくなります。


そうなれば当然のことながら精神状態はさらに悪い方へと向かいます。


おとなしそうな患者さんがある日突然暴れだすこともあります。


こうした場合、大きな声で注意してはいけません。


また正面に立ってはなりません。殴られる可能性が高いからです。


人間は興奮状態にあるときに正面に立たれると恐怖感から怒りが倍増します。


ですので、患者さんに殴られた経験のある人は大抵正面に立っています。


かならず横から小さな声でやさしく語りかけて下さい。


自分の存在を認められていることが理解できれば、徐々に怒りは治まります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。






 カテゴリ
 タグ

企業看護師になるのは大変?産業看護師の求人に関する裏事情!




■産業看護師の求人市場の現状について!


産業看護師として働きたいと思っていても、実際に産業看護師になるのは大変です。
それくらい看護師さんの間で産業看護師は人気の高い職業なんです。


一般企業では一部をのぞいて夜勤がありませんので、産業看護師の仕事は基本的に
夜勤がありません。こうした点に魅力を感じている看護師さんも多いです。


実際に一般病院で働く看護師さんの転職先として非常に人気があります。


しかし、産業看護師の求人そのものが少ないのです。


ただし、悲観する必要はまったくありません。


というのも、ある程度規模の大きな会社では、従業員の心と体の健康管理を会社主導
で行なうケースが年々増えており、今後さらにこうした動きが広がることでしょう。


ただし現状ではこうした動きに比例して産業看護師の求人が増えているわけではあり
ません。企業側も「産業看護師の募集」に関しては非常に慎重です。





■産業看護師の求人数が少ない理由とは?


国内の企業数は、中小企業が約430万社あるのに対し、大企業は1.2万社です。


中小企業の大半は産業看護師を雇用するどころか、医務室すらないところが多いです。


実際に医務室を会社内に設置するとなると、それなりの費用がかかります。


そして、年間の維持費も相当かかるので、中小企業でもそれなりの会社でなければ、
維持することは到底できません。ですので、甘い期待を抱くと裏切られます。


また仮に医務室を設けて産業看護師を配置しても採用枠そのものが非常に少ないです。


一方、大企業は、中小企業と比べれば確かに産業看護師を雇用しているところが多い
わけですが、それでも一般の病院とは比較にならないほど少ないのが現状です。


このため、産業看護師の求人はどうしても数に限りがあります。





■産業看護師の求人を探すさいの注意点


最後に産業看護師の求人の探し方についてですが、基本的に「ハローワーク」や一般
の「転職サイト」で取り扱われることはまずありません。


看護師転職サイトの未公開求人が一般的です。


しかも欠員が出たために募集を掛けるケースが圧倒的に多いです。


しかし、産業看護師の仕事は基本的に離職率が低いので、中々募集がかかりません。


ですので看護師転職サイトを利用したからといって、すぐに産業看護師として働ける
わけではありませんので、あせらずに時間をかけてじっくり取り組むべきです。


まず会員登録して、いつでも求人を紹介してもらえる体制を整えておきましょう。





■看護師転職サイトに登録して気長に待ちましょう!


看護師転職サイトはすでに100社以上ありますが、取り扱っている求人の大半は、
一般の病院やクリニックです。医療機関以外の求人は本当に少ないです。


しかも、医療機関以外の求人を取り扱うことができるのは、ごく一部の大手です。


やはり、親会社が大手求人サイトで、その子会社として看護師転職サイトを展開して
いるところが強いです。何といっても情報の質と量で圧倒的に優れています。


驚くべきことに看護師求人サイトを3つも4つも登録することを勧めているところも
ありますが、その分やり取りが増えるので、否応なしに時間が削られてしまいます。


ですので、当サイトでは厳選した結果として一社のみご紹介させて頂いてます。


なぜ看護師の仕事は体調管理が難しいのか?自己犠牲を強く求められる理由とは?



■とにかく体調管理が難しい


病院で働く看護師さんの多くが体調管理で苦労されています。しかし、そうした
看護師さんの苦労を一般の人達は、残念ながら知ることがありません。


むしろ患者さんの病気や怪我を治療する側である看護師さんが健康なのはあたり
まえ、といった空気が病院内に広がっていますので、本当に大変です。


何が大変かというと、多くの看護師さんは一生懸命働いて体調を崩してしまった
看護師さんを良しとしません。人によっては本気で迷惑と考えます。





■看護師は無理するのが当たり前?


看護師さんの多くが毎日職場で激務をこなしています。 肉体的にも精神的にも
大変ハードであるため、いつしか特別な責任感を植えつけられてしまいます。


そうなると自己犠牲の精神が職場全体に広がり、「 あなたは看護師なんだから
患者さんのために多少無理をしてでも働くのは当然」と誰もが考えがちです。


ですので 妊娠中の身でありながら普通の会社では考えられないくらい超ハード
な仕事を押しつけられても仕事だから仕方がないと、無理をしてしまいます。





■自己犠牲の精神が根強い特殊な職場


体と心に負担をかけすぎて長期間にわたって療養するケースも実際に多いです。
そうなれば「無理させてごめんなさい」と謝ってもらいたいくらいですよね。


しかし、期待しても病院側から謝罪を受けるようなことは、まずありえません
よね。きちんと体調管理できなかった自分が悪いという風潮が強いです。


こういったことを一般の会社に勤務する人達に話せば、どこのブラック企業の話
と思われるでしょう。それくらい今現在の病院は特殊な職場となっています。





■自分を守れるのは自分だけ


もし上司に相談しても、あなたが期待しているような答えは、まず返ってこない
でしょう。確かに自己犠牲の精神もある程度は大切だと思います。


しかし、自分の心と体が壊れてしまっては何の意味もありません。 残念ながら
自分を守れるのはあなただけです。心と体を休めるのも大切な仕事となります。


毎日仕事がしんどい看護師さんへ!「仕事が楽しくなる10の法則」



看護師さんの9割超が女性ですが、女性がやるにはあまりにも過酷な仕事です。
実際に看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードです。


男性看護師でも新卒で入って3ヶ月程度で辞めてしまうくらいハードなわけですから、
ある程度のレベルに看護技術が達すればOKというわけにはいきません。


また、常に学び続ける姿勢がなければ、常に進化し続ける医療の世界では働き続ける
ことが困難です。過酷な仕事ではありますが、視点をかえれば楽しくなります。


楽しく仕事をするための方法について今回の動画は解説されています。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

看護師の仕事を企業と病院で比較!看護師として働くならどちらを選ぶ?




■企業で働く=仕事が楽ではない!


病院勤務の仕事は非常にハードであるため、「年齢的・体力的な問題」から、これ以上
同じ職場で働き続けることに限界を感じている方が少なくありません。


そうした看護師さんの転職先として「企業看護師」は非常に人気が高いです。


しかし、これまで長い間「医療機関」で働いていた人が、いきなり一般企業に転職する
わけですから、仕事や職場の雰囲気に慣れるまでは何かと苦労がつきものです。


安易に企業看護師の仕事は病院勤務よりも楽だろうと考えるのは危険です。


勝手に都合よく期待しすぎると入職したあとに期待を裏切られます。企業看護師として
出来るだけ長く働き続けるためにも、実情を知っておく必要があります。





■夜勤がないので肉体的・精神的負担は小さい!


まず、企業看護師の仕事は一部の企業(工場を24時間365日稼働させる会社など)
をのぞいて、基本的に「夜勤」はありません。「日勤」のみとなります。


一般病院で正職員として働く場合は夜勤が前提となっています。


夜勤がつらいのは、日勤と夜勤を両方こなさなければならない点です。


昼と夜が月に何回も逆転することになりますので、質の高い睡眠を維持するのが困難な
ため、慢性的な睡眠不足と疲労感に悩まされている方が少なくありません。


ですので、夜勤がないだけでもかなり楽と感じることでしょう。


しかし、夜勤がないからといって、企業看護師の仕事=楽というわけではありません。


企業看護師の仕事には病院勤務にはない難しさがあります。


例えば企業の医務室で働く場合、職場には1〜2人しかいません。


こうした理由から全ての仕事をほぼ一人でこなさなければなりません。一般病院では、
分担制になっていることが多いわけですが、企業看護師の場合はそうではありません。


民間企業では分担制にするほうが効率が悪いと考える傾向が強いです。





■企業で働く方が仕事の責任感は大きい!


このため雇用側は看護師としての知識や技術に加えて強い責任感を求めています。


なぜなら少数精鋭で日々の業務に取り組まなければならないからです。


このため、企業看護師一人ひとりの責任が非常に重いです。


例えば医療機器メーカーでは、看護師として身につけた医療機器に関する知識と実際の
現場で起こりえる様々なことを想定し、自社製品の販売からサポートまで行います。


治験関連企業では、治験業務に関わる全ての人間や会社の間に立ち、交通整理のような
役割を果たしながら、高いコミュニケーション能力と責任感がなければ務まりません。


夜勤がない点だけをみれば肉体的にも精神的にも楽に感じることでしょう。


しかし、企業看護師=仕事が楽と安易に考えると痛手をこうむります。


これまで看護師として働いてきたことで身につけた技術や知識を応用する形で生かせる
ようになると、次第に仕事は楽しくなっていきますので、それまでが辛抱です。


ストレスに苦しんでいる看護師の特徴とは?ストレスを抑える方法とは?




■ストレスに苦しんでいる看護師さんの特徴


看護師さんの仕事は人の命にかかわることなので、どんなに優れたスキルと確かな経験
がある方でも、目に見えない様々な「ストレス」に苦しめられています。


そこで問題となるのは、あまりにも多忙すぎてそれに気づけないことです。


職場では仕事に対する責任感を強く求められます。


このため、何よりも仕事を再優先にしなければなりません。ストレスを常に抱えたまま
働き続けることとなり、肉体的にも精神的にも大きな負担となります。



ストレスに苦しめられている人との特徴して以下のようなものがあります。


(1)場所を問わず「 ため息 」をつくことが多い

(2)笑顔がなくなり、表情がきつくなる

(3)仕事に対する愚痴だけでなく、人の悪口や陰口も多くなる

(4)普段の会話から除々に口調がきつくなる

(5)上述した理由から近寄りがたい雰囲気を漂わせている





■余裕がなくなるとさらに苦しい方向へ


ただでさえ日々のストレスに苦しんでいるところに、追い打ちをかけるように仕事量が
増えれば、当然のことながら肉体的にも精神的にもきつい状態へと追い込まれます。


さらに心の余裕が無くなるのでイライラは倍増します。そうしたところに病気で同僚が
仕事を休んだりすると正当な理由があるにもかかわらず許せなくなります。


妊娠・出産で長期間休むなんてもってのほか、「なんで勝手に妊娠した人の分まで私が
カバーしなければならないの」と、本気で思ってしまうケースが少なくありません。


人は心に余裕が無くなると、全てのことが理不尽に思えてしまうようです。


しかし、看護師さん一人当りの負担があまりにも大きすぎます。


愚痴を言いたくもなります。ですので、その人だけを責めることはできません。





■考えすぎるから余計に苦しくなる


看護師さんは常に周囲に対する配慮が求められ、そうした中で患者さんを中心に色々な
変化に気づくことも大切な仕事であるため、普段から色々と考え過ぎてしまいます。


そうなると当然のことながら患者さんのケアだけでは済みません。


職場の同僚の仕事の取り組み方や進み具合などに必要以上に目を配るようになります。


また患者さんやそのご家族の悩みごとなどにもフォローします。


気がつけば他の人の仕事まで引き受け、余計な仕事を増やしてしまいます。


残業は当たり前となり、その日の内にこなさなければならない仕事が増えます。


そうなるとどうなるか?、「あれどうしたっけ?」「あれはやったのかな?」といった
具合に色々と考えてしまうので、不安が増えるばかりか、仕事上のミスも増えます。


こうした問題を防ぐには、とにかくメモをとりまくり、メモを有効活用することです。





■ストレスを解消する一番の方法とは?


責任感があり優秀な看護師さんほど色々なストレスに苦しんでいる傾向が強いです。


一般的に良いとされているストレス発散はかえってストレスを溜め込みます。


ですので、まずは自分の時間を確保することを考える必要があります。


その時間に自分の好きなことをやります。無理に何かをする必要はありません。


ただ寝るだけでもいいですし、好きなドラマや映画をみたり、本を読んだりするなど、
自分の趣味の時間にあてることによって、次第に心が充足していきます。


勿論いきなりは無理ですが、5分ずつでも長く自分の時間を確保することによって、
自分と向き合う時間が増えるので、次第にストレスが抑えられるようになります。


また一番のストレス解消は、睡眠の質を高めることです。これでストレスや肉体的疲労
を大幅に解消することができます。その方法をコチラ>>で解説しています。


夜勤の疲労を解消するには?睡眠の質を高めて心と体をリラックス!




■身体を休めるために休みがあります!


看護師さんの仕事は、もし仮に夜勤がなかったとしても、肉体的にも精神的にも非常
にハードですから、週休二日制でなければ到底身体が持ちませんよね。


しっかりと「心と身体」を休めるためにも絶対に必要です。


病棟勤務の看護師さんは、常勤であれば夜勤を避けることができません。


また時間外勤務も多いですから、疲れがたまる一方です。


夜勤を終えて自宅に戻られてから寝る場合、「お日様」が出ている時間帯に寝ること
になるので、生活リズムが崩れやすいうえに、前日の仕事の疲れが中々とれません。


週休二日制であれば、3日に一度休むことができるので、疲労を解消しやすいですし、
仕事のストレスも抑えられますので、2日続けて休むよりもメリットが大きいです。





■疲れとストレスがたまるとミスが多くなります!


疲れがたまると余計にストレスをためやすくなり、正しい状況判断が難しくなります
ので、仕事でも同じミスを連発してしまうことになりかねません。


そんなときに同じ職場の人に注意されたりすると、普段なら波風立てずに対応できる
のに、「 怒り 」を面と向かって爆発させてしまうこともありますよね。


私事で恐縮ですが、私は過去に同じ理由で2度ほど上司に向かって怒鳴ってしまった
ことがあります。怒りまかせに放った言葉は必ず「後悔」します。


こういったことが無いようにしなければなりません。そのためにも休養が大切です。


心と体をしっかり休めることによって、健康を維持しなければなりません。


しかし、看護師さんの仕事はそれが何より難しいことも、また事実です。





■休みは身体を休めるためにあります!


家庭がある場合、完全週休2日制の職場であっても仕事と家庭の両立は難しいです。


家庭のある看護師さんは、「土・日」のいずれかを休むことができなければ、家族と
すれ違うことが多くなってしまいますので、仕事と家庭の両立は困難です。


小さなお子さんがいるのであれば、なおさら土日が休める方がいいです。


しかし、大学病院のような大型病院で働く場合はそれが難しいです。


ですので結婚・出産をきっかけに退職して、そのまま復職しないケースも多いです。


看護師の資格を持ちながら、自宅付近にあるスーパーでパートとして働いている方も
結構いますので、いつまでたっても潜在看護師の数が一向に減りません。


スーパーのパートの時給はせいぜい900円程度です。しかし看護師ならパートでも
時給2000円前後稼げるので、看護師の資格を絶対いかすべきです。


そうした場合はクリニックのような小規模経営の医療機関がオススメです。


働いている関係で毎日保育所に子供をあずけている看護師さんも、休みの日には子供
とゆっくり過ごすことができますので、週休二日制は必須ですよね。





■睡眠の質を高める方法!こうすれば疲れが取れる!


できるだけ長く「 看護師 」として同じ職場で働き続けるためには、できるだけ早く
疲労から回復する必要があります。そうでなければ身体が持ちません。


そのためにもきちんと休めることが非常に重要です。そのために必要なのが睡眠です。
もちろん食事も大事ですが、万年睡眠不足では健康を維持できません。


おすすめは「アロマ」です。アロマはリラックス効果が非常に高いです。


部屋の中は勿論ですが、入浴の際にバスタブにアロマをいれます。


20分程度時間をとって半身浴で心と体を癒してあげて下さい。手のひらで肌のうえ
を軽くさすってやる感じのマッサージをすることで、さらに血行がよくなります。


また「アイマスク」は必須です!昼夜関係なく着用しましょう!こうすることにより、
脳がアイマスクをしたら寝るという情報をしっかりインプットします。


しばらく続けているうちにアイマスクをしたら寝るという習慣が自然と身につきます。


また遮光度が高いカーテンをすれば昼でも部屋の中は完全に真っ暗となりますので、
より眠りやすい状態になりますので、さらに睡眠の質を高めることができます。





■ブランクがある場合は週休2日でもきつい?


また3年以上のブランクがある場合、いきなり病院勤務に復職するのはハードすぎる
かもしれません。仕事の勘を取り戻すまでの間は強いストレスを感じます。


場合によって入職してすぐには嫌気し、家庭と仕事の両立をあきらめかねません。


これではもったいないです。病棟勤務以外の仕事も視野に入れましょう。


介護施設や一般企業でも看護師さんの仕事はあります。


しかし病棟勤務にこだわるのであれば、リハビリの意味もかねて、短期のアルバイト
から始めるべきです。いきなり常勤で復帰するのはハードルが高すぎます。


あせらず徐々に階段をのぼるようにハードルをあげていけば、長く働けます!


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます