2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので、短期間で飛躍的に看護技術が向上させることが指南の技です。新しい知識や技術を吸収するまでに相当時間がかかります。身につ…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■関連資格を取得してやる気をアピール!殘念ながら産業看護師の求人は数がそれほど多くありません。看護師転職サイトのような看護師さん専門の転職・求人サービスを利用…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■家族手当を支給している病院は年々減っています看護師さんの給与は基本給にプラスして諸手当が色々と組み込まれています。「 家族手当あり 」の看護師求人は、意外と多…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■産業看護師として働くメリット(1)!病棟勤務に限界を感じた看護師さんの転職先として「企業看護師」の人気が高まっています。中でも企業や施設の医務室で働く産業看…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■常勤よりも非常勤の方が活躍出来る場が多い?看護師さんの働き方が年々多様化しています。活躍の場は病院だけではありません。福祉施設から一般企業まで活躍する場が確…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■妊娠している女性には過酷すぎる仕事内容妊娠している看護師さんは、一つ一つの動作がどうしてもゆっくりになります。お腹の赤ちゃんを守るためにもゆっくり体を動かす…

記事を読む

仕事でミスを連発して自己嫌悪に陥った場合の心の持ち方について



看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので、短期間で飛躍的に看護技術が向上させる
ことが指南の技です。新しい知識や技術を吸収するまでに相当時間がかかります。


身につける過程で、どうしても集中できなくて色々ミスすることもあります。


ミスを取り戻そうとして、またミスを犯してしまうことがよくあります。


当然周囲の人達から怒られるわけですが、だれだって怒られていい気分の人はいません。


そうなると心を切り替えることが思うようにできません。


あまりにも色々考えてしまうと、さらに自己嫌悪に陥ります。


しかし、それは成長するためにどうしても必要なことなんです。


今回はそうしたときに力を与えてくれる素晴らしい言葉を紹介させていただきます。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

企業内医務室で産業看護師として働くために必要な関連資格について




■関連資格を取得してやる気をアピール!


殘念ながら産業看護師の求人は数がそれほど多くありません。


看護師転職サイトのような看護師さん専門の転職・求人サービスを利用された場合、
「非公開求人」となるため、自分の希望にあった求人を探すのに時間がかかります。


産業看護師の求人の多くが好条件を提示しています。


夜勤ゼロで残業も少ないうえに給料も良いです。しかも休みもしっかり取れます。


当然人気が高いので、募集がかかれば応募が殺到します。


ですので、ライバルに差をつけるためにも関連資格を取得することが求人先に対する
大きなアピールポイントになりますので、是非検討されることをオススメします。





■産業看護師の関連資格の特徴について


(1)産業カウンセラー


産業看護師として働くために必要となる資格が「産業カウンセラー」の資格です。


産業カウンセラーは初級、中級、上級とレベルに応じて段階に分かれています。


産業カウンセラーの資格は、比較的所得しやすいことから、実際に産業看護師として
働いている方だけでなく、これから産業看護師を目指す人も取得します。




(2)衛生管理者


衛生管理者は、文字通り会社や施設の衛生管理を行います。産業看護師は会社や施設
の医務室で働くわけですが、その仕事は従業員の健康管理だけではありません。


仕事中にケガや突発的な病気を発症することも日常的にあります。


最近では従業員の心の問題が社会的にも大きな問題となっています。


こためメンタルヘルスにも力を入れているところが増えています。


心と体の健康を保つために衛生面にも気を配らなければなりません。臭くて汚い所で
いい仕事ができるわけがありませんし、心と体の健康も保てません。


職場の環境改善に一役買うためにも衛生管理者の資格は必要です。




(3)禁煙支援認定士


禁煙支援認定士は従業員の禁煙をサポートするのが主な仕事です。


日本では依然として欧米程喫煙に対する意識が低いです。このため男女ともに喫煙者
の数が多い事から、企業が先頭にたって従業員の禁煙を促すケースが増えています。


禁煙支援認定士の資格も比較的簡単に習得することができます。




(4)交流分析士

交流分析士はカウンセリング資格の一つです。交流分析士は、人間本来の性格を把握
したうえで、その人にあったアドバイスを行なうのが主な仕事です。


殘念ながら交流分析士の資格を取得する方が年々減っています。




(5)理学療法士


理学療法士の資格があれば怪我や病気によって体の機能が低下している従業員の機能
回復に向けた指導ができるのですが、それゆえに難易度が非常に高いです。


このため資格を取得していれば、転職・就職するうえでかなり有利です。





■入職してからも勉強し続ける姿勢が大切!


産業看護師として働くうえで役立つ資格は色々ありますが、一口に企業といっても、
その業種の数は膨大にありますし、企業によって経営方針も異なります。


また入職する前に取得可能な資格を取得すれば、真剣であることをアピールできます
し、入職後も仕事に役立つ資格を習得するための勉強を無理なく継続できます。


産業看護師として働く上で終わりはないので、こうした姿勢が何より大切です。


家族手当ありの看護師求人の注意点!手当よりも基本給が大事!




■家族手当を支給している病院は年々減っています


看護師さんの給与は基本給にプラスして諸手当が色々と組み込まれています。


「 家族手当あり 」の看護師求人は、意外と多いです。


ここでいう家族手当とは、ご家族を扶養している看護師さんに対して支給されます。
ですので、ご家族と同居されている看護師さんは対象外となります。


結婚して家族が増えれば当然生活費がその分かかりますから、それを補うためのもの
です。基本給には反映されないので、ボーナスにも反映されません。


家族手当は必ず支給されなければならないものではありません。


むしろ最近では家族手当を支給しない病院の方が多いですし、一般職の求人に関して
いえば、年々家族手当を支給している会社が減っている状態です。





■家族手当の相場はおいくら?


家族手当の相場についてですが、平均して1人あたり5000円前後です。


家族が多ければ多いほど増えるので、支給されればありがたたいです。


しかし「家族手当」が支給されることによって、基本給がその分削られるのであれば
何の意味もありません。ボーナスがその分抑えられてしまうからです。


年間の総支給額が少なくなってしまうかもしれません。


また退職金にも基本給がベースになりますので、勤続年数が長ければ長いほど損する
ことになりかねませんので、あまりにも家族手当に固執し過ぎると失敗します。


また求人先も「家族手当」のような手当を支給すると求職者の印象が良くなることを
心得ていますので、そうした思惑にひっかかからないように注意しましょう。





■家族手当よりも基本給を重視しましょう!


家族手当のような諸手当よりも基本給を中心に考えてください!


といっても家族手当に魅力を感じている看護師さんは非常に多いです。


それだけ多くの看護師さんが安定を求めているわけですよね。


病院によっては「 家族手当 」を支給しているところも少なくありませんが、基本的
に家族手当は従業員に向けた一種のサービスのようなものです。


基本給が平均以上でありながら家族手当を支給しているのであれば、断定することは
できませんが、かなり良心的な病院であると評価することができます。


家族手当を支給している病院は少なくないので、求人は問題なく探せます。


しかし繰り返しになりますが、家族手当だけで看護師求人を選ぶのではなく、総合的
に「 求人先 」を評価して納得した上で応募するように心掛けて下さい。


産業看護師として働くメリット・デメリットとは?病棟勤務よりも楽なのか?




■産業看護師として働くメリット(1)!


病棟勤務に限界を感じた看護師さんの転職先として「企業看護師」の人気が高まって
います。中でも企業や施設の医務室で働く産業看護師の人気の高さはダントツです。


産業看護師として働くメリットは夜勤のような変則勤務が一切ないことです。


また残業も多くありませんし、休日は企業によって微妙に異なりますが、大半の企業
は土日・祝日はお休みなので、ほぼカレンダー通りに休むことができます。


病棟勤務では変則勤務によってプライベートが制限されることが少なくありません。


しかし、産業看護師は日勤のみなので友人や家族と楽しく過ごすことができます。


こうしたプライベートを充実させることができる点も産業看護師の魅力です。





■産業看護師として働くメリット(2)


産業看護師の「お給料」についてですが、原則的に日勤のみでありながら、基本給は、
平均的な病院勤務の看護師さんよりも若干高い点が魅力としてあげられます。


ただし、病棟勤務の看護師さんのお給料はかなりの部分を夜勤が占めています。


夜勤がある分、トータルでは病棟勤務の看護師さんの方が多いです。


しかし、働きやすさを求める多くの看護師さんが産業看護師に魅力を感じています。


特に夜勤を毛嫌いしている看護さんからすれば非常に魅力を感じることでしょう。


ですので、病棟勤務の看護師さんの転職先として人気が高まっています。





■産業看護師として働くメリット(3)


産業看護師は看護師の資格と知識を最大限に発揮することができます。


しかも相応の資格を取得し、しっかり経験を積むことによって、責任あるポジション
に就くことができますし、それによって大幅に昇給する点も大きな魅力です。


このため実際に産業看護師として働いてる方の多くがスキルアップすることに喜びを
感じていますので、仕事に対する充実感が他の仕事よりも間違いなくあります。


一般病院で長年働いてきた看護師さんが産業看護師としてキャリアチェンジした場合、
大抵最初は戸惑いますが、これまで経験したことのない経験に刺激を覚えます。


一般病院の仕事は肉体的にも精神的にも非常に過酷であるため、定年まで働き続ける
ことに限界を感じていた方が多く、看護師の仕事から完全に離れる方もいます。


こうした理由から、肉体的負担が小さい産業看護師の仕事は最高の転職先といえます。


一般企業で働くことは病院で働くのとはまた違ったやりがいを感じることも多いです。





■産業看護師として働くデメリットとは?


当然のことながら、どんな仕事にもメリットがあればデメリットもあります。


産業看護師として一般企業で働く場合のデメリットも当然あります。


一般企業の医務室で働く産業看護師は2〜3人で構成されています。


少数精鋭といえば聞こえはいいですが、職場に配置されている人数が少ないことから、
どうしても一人当りの責任が重くなりますし、仕事量もその分多いです。


産業看護師の仕事は従業員の体調や健康管理が基本です。


このため病院勤務のときとは違った仕事に対する「 緊張感 」があります。


同じ会社に勤務する従業員と接することになるわけですが、患者さんと接するのとは、
また違った難しさがあるためコミュニケーション能力がより重要になります。


冒頭で産業看護師のお給料は高いと申し上げましたが、こればっかりは実際に勤める
会社によって異なり、かなり大きな差が生じますので、注意しなければなりません。


このため人によっては総支給額で下回ってしまう可能性があります。


ですので、「産業看護師の求人」を探す際には、こうした点についてしっかり調べる
必要があります。そして、完全に納得した上で思うすることを心がけましょう。


 タグ

非常勤の看護師求人の注意点とは?常勤よりも働きやすくストレスも小さい!




■常勤よりも非常勤の方が活躍出来る場が多い?


看護師さんの働き方が年々多様化しています。活躍の場は病院だけではありません。
福祉施設から一般企業まで活躍する場が確実に広がっています。


病院における看護師さんの雇用形態としては、常勤と非常勤がありますよね。


常勤は一般の会社でいうところの正社員にあたります。


一方、非常勤はアルバイトやパートのことです。


非常勤の仕事は常勤よりも幅が広いです。派遣やイベントなどの救護室、夜勤専従、
日勤専従、介護施設(福祉施設)、健康診断健診など盛りだくさんです。


最近は一般企業で産業看護師として企業や施設にある医務室での仕事も増えてます。


また、学校や保育園などでも看護師さんの仕事はありますので、病院以外の仕事にも
目を向けることによって、より働きやすい環境を手にすることができます。





■非常勤看護師は時給が高い?


看護師さんの仕事は非常勤であっても時給が非常に高いです。


病院によって差はありますが、時給2,000円前後支給されるので、毎日フルタイムで
20日以上働けば、常勤看護師の基本給くらいは十分稼ぐことができます。


しかし、非常勤として働く場合、もし仮に同じ職場で長期間に渡って働いたとしても、
ボーナスが支給されませんので、年収で見た場合どうしても常勤より少なくなります。


これは大きなデメリットです。しかし、常勤看護師のような縛りがありません。


休みも取りやすいので、自分の都合に合わせて働くことができます。


病院以外の仕事は、時給が若干低いですが、それでもかなり高い水準にあります。


業種によっても異なりますが、1,500円から2,000円くらいが相場とされています。


関連した資格を取得している場合は、さらにプラスされます。





■非常勤の方が働きやすい?


今の時代、一般の会社でパートやアルバイトでフルタイムで働いても、自分一人生活
するのがやっとですが、看護師さんは非常勤でもかなり余裕を持って生活できます。


しかしいくら給料が良くても「労働環境」があまりにも悪ければパートやアルバイト
であっても長続きしません。非常勤看護師の魅力は金銭面だけではないのです。


もし労働環境が自分ピッタリあっていると感じたならば、長く働くことができます。


身体に大きな負担がかかっている状態であれば、このように思えないからです。


逆に物足りないと感じるのであれば、常勤として働いた方がよいかもしれません。


非常勤看護師は、子育て中のママさん看護師が沢山います。自分のペースで働きたい
と考えているのであれば、やはり常勤看護師よりも非常勤看護師がオススメです。


妊娠中の看護師が陥りやすい心の問題とは?なぜ自分を追い込むのか?




■妊娠している女性には過酷すぎる仕事内容


妊娠している看護師さんは、一つ一つの動作がどうしてもゆっくりになります。


お腹の赤ちゃんを守るためにもゆっくり体を動かす必要があります。


しかし、そうした状態にあっても、病院は甘えが許される職場ではありませんので、
他の看護師さん同様に患者さんの体位交換やトイレ介助などを行います。


ただでさえ 体が動きにくい状態にあるにもかかわらず、こうした過酷な力仕事を黙々
と行わなければなりません。しかも、毎日のように残業しなければなりません。


しかも 勉強会や病棟会のために休日も出勤しなければなりませんし、看護研究の資料
作成も自宅で行うとなると、睡眠時間を確保することさえままなりません。






■職場にいるだけで色々な葛藤に苦しめられる


このような過酷な状態が続けば誰もが、このまま働き続けてお腹の中の赤ちゃんは、
本当に大丈夫なのか心配になりますが、職場では容赦なく仕事に追われます。


精神的にも肉体的にも疲弊し、「 もう無理 」と心の中で叫んでも、今仕事を辞める
と同じ職場の人達に迷惑がかかってしまうという思いに苦しめられます。


しかし苦しんできるのに看護師長にさえ、そのことを伝えられません。苦しいのは、
単に「自分が看護師として未熟だから」と自分を責めてしまうのです。


そしてさらに無理して頑張ってしまえいます。頑張れば頑張るほど苦しくなります。


日勤だでも十分職場に対して貢献しているので、気負う必要はありません。





■看護師長に相談したくても出来ない理由とは?


がんじがらめな状態の中でいくら悩んでも答えはできません。さらにストレスに苦し
められることになります。こうした状態で取るべき行動は決まっています。


職場全体に余裕がないので、自分から何も言わないと、そのままの状態が続きます。


無理して働いていもいいことはなにもありません。すぐに上司に相談しましょう。


自分の体とお腹の赤ちゃんのためにも、できるだけ早い段階で看護師長に伝えなけれ
ばなりませんが、上述した通り、話そうとすると自分を抑えてしまいます。





■言えないなら丁重に手紙に書いて看護師長に手渡す


そうした状況にある場合に有効な手段としてオススメしたいのが「手紙」です。手紙
に今現在自身が置かれている状況を詳しく書いて看護師長に手渡しましょう。


言葉で伝えようとすると抵抗がありますが、手紙に書くことによって自分の心の中が
整理されます。何度も読みなおして書き直すを繰り返しながら文章にまとめます。


そうすることで「感情的」にならずにすみますので、冷静に現状を看護師長に伝える
ことができます。受ける側の看護師長も適切な判断を下しやすくなります。


絶対に無理をしないで下さい。ご主人としっかり会話する場を設けて下さい。


それだけでも心が軽くなりますので、くれぐれも自分を追い込まないで下さい。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます