2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので、短期間で飛躍的に看護技術が向上させることが指南の技です。新しい知識や技術を吸収するまでに相当時間がかかります。身につ…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■関連資格を取得してやる気をアピール!殘念ながら産業看護師の求人は数がそれほど多くありません。看護師転職サイトのような看護師さん専門の転職・求人サービスを利用…

記事を読む

No Image

看護師求人の各条件について
■家族手当を支給している病院は年々減っています看護師さんの給与は基本給にプラスして諸手当が色々と組み込まれています。「 家族手当あり 」の看護師求人は、意外と多…

記事を読む

仕事でミスを連発して自己嫌悪に陥った場合の心の持ち方について



看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので、短期間で飛躍的に看護技術が向上させる
ことが指南の技です。新しい知識や技術を吸収するまでに相当時間がかかります。


身につける過程で、どうしても集中できなくて色々ミスすることもあります。


ミスを取り戻そうとして、またミスを犯してしまうことがよくあります。


当然周囲の人達から怒られるわけですが、だれだって怒られていい気分の人はいません。


そうなると心を切り替えることが思うようにできません。


あまりにも色々考えてしまうと、さらに自己嫌悪に陥ります。


しかし、それは成長するためにどうしても必要なことなんです。


今回はそうしたときに力を与えてくれる素晴らしい言葉を紹介させていただきます。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





 カテゴリ
 タグ

企業内医務室で産業看護師として働くために必要な関連資格について




■関連資格を取得してやる気をアピール!


殘念ながら産業看護師の求人は数がそれほど多くありません。


看護師転職サイトのような看護師さん専門の転職・求人サービスを利用された場合、
「非公開求人」となるため、自分の希望にあった求人を探すのに時間がかかります。


産業看護師の求人の多くが好条件を提示しています。


夜勤ゼロで残業も少ないうえに給料も良いです。しかも休みもしっかり取れます。


当然人気が高いので、募集がかかれば応募が殺到します。


ですので、ライバルに差をつけるためにも関連資格を取得することが求人先に対する
大きなアピールポイントになりますので、是非検討されることをオススメします。





■産業看護師の関連資格の特徴について


(1)産業カウンセラー


産業看護師として働くために必要となる資格が「産業カウンセラー」の資格です。


産業カウンセラーは初級、中級、上級とレベルに応じて段階に分かれています。


産業カウンセラーの資格は、比較的所得しやすいことから、実際に産業看護師として
働いている方だけでなく、これから産業看護師を目指す人も取得します。




(2)衛生管理者


衛生管理者は、文字通り会社や施設の衛生管理を行います。産業看護師は会社や施設
の医務室で働くわけですが、その仕事は従業員の健康管理だけではありません。


仕事中にケガや突発的な病気を発症することも日常的にあります。


最近では従業員の心の問題が社会的にも大きな問題となっています。


こためメンタルヘルスにも力を入れているところが増えています。


心と体の健康を保つために衛生面にも気を配らなければなりません。臭くて汚い所で
いい仕事ができるわけがありませんし、心と体の健康も保てません。


職場の環境改善に一役買うためにも衛生管理者の資格は必要です。




(3)禁煙支援認定士


禁煙支援認定士は従業員の禁煙をサポートするのが主な仕事です。


日本では依然として欧米程喫煙に対する意識が低いです。このため男女ともに喫煙者
の数が多い事から、企業が先頭にたって従業員の禁煙を促すケースが増えています。


禁煙支援認定士の資格も比較的簡単に習得することができます。




(4)交流分析士

交流分析士はカウンセリング資格の一つです。交流分析士は、人間本来の性格を把握
したうえで、その人にあったアドバイスを行なうのが主な仕事です。


殘念ながら交流分析士の資格を取得する方が年々減っています。




(5)理学療法士


理学療法士の資格があれば怪我や病気によって体の機能が低下している従業員の機能
回復に向けた指導ができるのですが、それゆえに難易度が非常に高いです。


このため資格を取得していれば、転職・就職するうえでかなり有利です。





■入職してからも勉強し続ける姿勢が大切!


産業看護師として働くうえで役立つ資格は色々ありますが、一口に企業といっても、
その業種の数は膨大にありますし、企業によって経営方針も異なります。


また入職する前に取得可能な資格を取得すれば、真剣であることをアピールできます
し、入職後も仕事に役立つ資格を習得するための勉強を無理なく継続できます。


産業看護師として働く上で終わりはないので、こうした姿勢が何より大切です。


家族手当ありの看護師求人の注意点!手当よりも基本給が大事!




■家族手当を支給している病院は年々減っています


看護師さんの給与は基本給にプラスして諸手当が色々と組み込まれています。


「 家族手当あり 」の看護師求人は、意外と多いです。


ここでいう家族手当とは、ご家族を扶養している看護師さんに対して支給されます。
ですので、ご家族と同居されている看護師さんは対象外となります。


結婚して家族が増えれば当然生活費がその分かかりますから、それを補うためのもの
です。基本給には反映されないので、ボーナスにも反映されません。


家族手当は必ず支給されなければならないものではありません。


むしろ最近では家族手当を支給しない病院の方が多いですし、一般職の求人に関して
いえば、年々家族手当を支給している会社が減っている状態です。





■家族手当の相場はおいくら?


家族手当の相場についてですが、平均して1人あたり5000円前後です。


家族が多ければ多いほど増えるので、支給されればありがたたいです。


しかし「家族手当」が支給されることによって、基本給がその分削られるのであれば
何の意味もありません。ボーナスがその分抑えられてしまうからです。


年間の総支給額が少なくなってしまうかもしれません。


また退職金にも基本給がベースになりますので、勤続年数が長ければ長いほど損する
ことになりかねませんので、あまりにも家族手当に固執し過ぎると失敗します。


また求人先も「家族手当」のような手当を支給すると求職者の印象が良くなることを
心得ていますので、そうした思惑にひっかかからないように注意しましょう。





■家族手当よりも基本給を重視しましょう!


家族手当のような諸手当よりも基本給を中心に考えてください!


といっても家族手当に魅力を感じている看護師さんは非常に多いです。


それだけ多くの看護師さんが安定を求めているわけですよね。


病院によっては「 家族手当 」を支給しているところも少なくありませんが、基本的
に家族手当は従業員に向けた一種のサービスのようなものです。


基本給が平均以上でありながら家族手当を支給しているのであれば、断定することは
できませんが、かなり良心的な病院であると評価することができます。


家族手当を支給している病院は少なくないので、求人は問題なく探せます。


しかし繰り返しになりますが、家族手当だけで看護師求人を選ぶのではなく、総合的
に「 求人先 」を評価して納得した上で応募するように心掛けて下さい。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます