2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
入院生活はどちらかといえば辛いことの方が圧倒的に多いです。また入院生活が長期化すればするほど「この病院じゃだめなんじゃないか」といった具合に医師の治療方法や病…

記事を読む

No Image

企業看護師について
■産業看護師の求人市場の現状について!産業看護師として働きたいと思っていても、実際に産業看護師になるのは大変です。それくらい看護師さんの間で産業看護師は人気の…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■とにかく体調管理が難しい病院で働く看護師さんの多くが体調管理で苦労されています。しかし、そうした看護師さんの苦労を一般の人達は、残念ながら知ることがありませ…

記事を読む

患者さんが突然暴れだした場合の看護師さんがとるべき対応とは?



入院生活はどちらかといえば辛いことの方が圧倒的に多いです。


また入院生活が長期化すればするほど「この病院じゃだめなんじゃないか」といった
具合に医師の治療方法や病院に対する不信感が増すことになります。


そうなると「このまま治らないかも...」といった不安に悩まされることになります。


こうしたストレスを解消する手段が入院患者さんの場合どうしても限られています。


同室の人たちと何気ないお喋りを楽しむことができればいいのですが、同室の人たち
と合わないと余計に孤独を感じることとなり、入院生活がさらに苦しくなります。


そうなれば当然のことながら精神状態はさらに悪い方へと向かいます。


おとなしそうな患者さんがある日突然暴れだすこともあります。


こうした場合、大きな声で注意してはいけません。


また正面に立ってはなりません。殴られる可能性が高いからです。


人間は興奮状態にあるときに正面に立たれると恐怖感から怒りが倍増します。


ですので、患者さんに殴られた経験のある人は大抵正面に立っています。


かならず横から小さな声でやさしく語りかけて下さい。


自分の存在を認められていることが理解できれば、徐々に怒りは治まります。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。






 カテゴリ
 タグ

企業看護師になるのは大変?産業看護師の求人に関する裏事情!




■産業看護師の求人市場の現状について!


産業看護師として働きたいと思っていても、実際に産業看護師になるのは大変です。
それくらい看護師さんの間で産業看護師は人気の高い職業なんです。


一般企業では一部をのぞいて夜勤がありませんので、産業看護師の仕事は基本的に
夜勤がありません。こうした点に魅力を感じている看護師さんも多いです。


実際に一般病院で働く看護師さんの転職先として非常に人気があります。


しかし、産業看護師の求人そのものが少ないのです。


ただし、悲観する必要はまったくありません。


というのも、ある程度規模の大きな会社では、従業員の心と体の健康管理を会社主導
で行なうケースが年々増えており、今後さらにこうした動きが広がることでしょう。


ただし現状ではこうした動きに比例して産業看護師の求人が増えているわけではあり
ません。企業側も「産業看護師の募集」に関しては非常に慎重です。





■産業看護師の求人数が少ない理由とは?


国内の企業数は、中小企業が約430万社あるのに対し、大企業は1.2万社です。


中小企業の大半は産業看護師を雇用するどころか、医務室すらないところが多いです。


実際に医務室を会社内に設置するとなると、それなりの費用がかかります。


そして、年間の維持費も相当かかるので、中小企業でもそれなりの会社でなければ、
維持することは到底できません。ですので、甘い期待を抱くと裏切られます。


また仮に医務室を設けて産業看護師を配置しても採用枠そのものが非常に少ないです。


一方、大企業は、中小企業と比べれば確かに産業看護師を雇用しているところが多い
わけですが、それでも一般の病院とは比較にならないほど少ないのが現状です。


このため、産業看護師の求人はどうしても数に限りがあります。





■産業看護師の求人を探すさいの注意点


最後に産業看護師の求人の探し方についてですが、基本的に「ハローワーク」や一般
の「転職サイト」で取り扱われることはまずありません。


看護師転職サイトの未公開求人が一般的です。


しかも欠員が出たために募集を掛けるケースが圧倒的に多いです。


しかし、産業看護師の仕事は基本的に離職率が低いので、中々募集がかかりません。


ですので看護師転職サイトを利用したからといって、すぐに産業看護師として働ける
わけではありませんので、あせらずに時間をかけてじっくり取り組むべきです。


まず会員登録して、いつでも求人を紹介してもらえる体制を整えておきましょう。





■看護師転職サイトに登録して気長に待ちましょう!


看護師転職サイトはすでに100社以上ありますが、取り扱っている求人の大半は、
一般の病院やクリニックです。医療機関以外の求人は本当に少ないです。


しかも、医療機関以外の求人を取り扱うことができるのは、ごく一部の大手です。


やはり、親会社が大手求人サイトで、その子会社として看護師転職サイトを展開して
いるところが強いです。何といっても情報の質と量で圧倒的に優れています。


驚くべきことに看護師求人サイトを3つも4つも登録することを勧めているところも
ありますが、その分やり取りが増えるので、否応なしに時間が削られてしまいます。


ですので、当サイトでは厳選した結果として一社のみご紹介させて頂いてます。


なぜ看護師の仕事は体調管理が難しいのか?自己犠牲を強く求められる理由とは?



■とにかく体調管理が難しい


病院で働く看護師さんの多くが体調管理で苦労されています。しかし、そうした
看護師さんの苦労を一般の人達は、残念ながら知ることがありません。


むしろ患者さんの病気や怪我を治療する側である看護師さんが健康なのはあたり
まえ、といった空気が病院内に広がっていますので、本当に大変です。


何が大変かというと、多くの看護師さんは一生懸命働いて体調を崩してしまった
看護師さんを良しとしません。人によっては本気で迷惑と考えます。





■看護師は無理するのが当たり前?


看護師さんの多くが毎日職場で激務をこなしています。 肉体的にも精神的にも
大変ハードであるため、いつしか特別な責任感を植えつけられてしまいます。


そうなると自己犠牲の精神が職場全体に広がり、「 あなたは看護師なんだから
患者さんのために多少無理をしてでも働くのは当然」と誰もが考えがちです。


ですので 妊娠中の身でありながら普通の会社では考えられないくらい超ハード
な仕事を押しつけられても仕事だから仕方がないと、無理をしてしまいます。





■自己犠牲の精神が根強い特殊な職場


体と心に負担をかけすぎて長期間にわたって療養するケースも実際に多いです。
そうなれば「無理させてごめんなさい」と謝ってもらいたいくらいですよね。


しかし、期待しても病院側から謝罪を受けるようなことは、まずありえません
よね。きちんと体調管理できなかった自分が悪いという風潮が強いです。


こういったことを一般の会社に勤務する人達に話せば、どこのブラック企業の話
と思われるでしょう。それくらい今現在の病院は特殊な職場となっています。





■自分を守れるのは自分だけ


もし上司に相談しても、あなたが期待しているような答えは、まず返ってこない
でしょう。確かに自己犠牲の精神もある程度は大切だと思います。


しかし、自分の心と体が壊れてしまっては何の意味もありません。 残念ながら
自分を守れるのはあなただけです。心と体を休めるのも大切な仕事となります。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます