2014年11月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年11月

2014年11月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
No Image

ワンポイント動画
ショックにより、患者さんが突然便意を訴えてくることがあります。 高・副交感神経に何らかの問題が生じてしまったり、血流低下によるものなのか、色々悩みましたが、余…

記事を読む

No Image

病院以外の仕事について
■美容外科クリニックでの看護師の役割と仕事いついて美容外科クリニックも、一般病院で働く看護師さんの転職先として人気が高いです。一般病院のように夜勤や準夜勤など…

記事を読む

No Image

看護師の悩みについて
■休めないから給料に不満をもらす?看護師さんの仕事は、他の業界よりも給料が高いとされています。しかしそう言われても現役で働く看護師さんからすれば、色々と納得出…

記事を読む

患者さんのショックのときの便意の注意点について



ショックにより、患者さんが突然便意を訴えてくることがあります。


高・副交感神経に何らかの問題が生じてしまったり、血流低下によるものなのか、
色々悩みましたが、余りにも範囲が広すぎて決定だとなる原因がつかめません。


人によっては、単に肛門括約筋が弛緩して便がでてしまうこともあります。


また呼吸器系が強くなく、息を切らしているような方にも多く見受けられます。


集中治療中の患者さんが突然便意を訴え、肛門から血の塊と一緒に大量に血が出てき
ました。対応に戸惑り、右往左往したのを今でもよく覚えています。


ちなみに機序は腸循環不良or直腸内圧or骨盤神経です。


もっとも、便意を訴えても、失禁するケースはそれほど多くありません。


しかし、患者さん自らが便意を訴えてくるのは余程のことですから、無視できません。



いつもほんとうにありがとうございます。

是非当チャンネルにご登録頂けますよう何卒宜しくお願いします。





美容外科クリニックでの看護師の仕事とは?本当に給料が高いのか?




■美容外科クリニックでの看護師の役割と仕事いついて


美容外科クリニックも、一般病院で働く看護師さんの転職先として人気が高いです。


一般病院のように夜勤や準夜勤などの変則勤務が全くないにもかかわらず、それなりに
お給料が高めに設定されている点や、美容に関心が高い点も人気の秘密のようです。


美容外科クリニックを利用する女性は、「きれいになりたい」という意識が強い人たち
ですから、看護師さんの仕事は、病気や怪我などの患者さんへの看護ではありません。


しかしながら看護技術が必要ないというわけではありません。


3年以上の臨床経験がなければ、まず雇用されることはありません。


仕事の中身についてですが、まずオペの介助が中心となります。必要なスキルとして、
注射や点滴は当然ですし、それ以上に「接客業」としての高い意識が必要になります。


というのも美容外科クリニックを利用される人たちは美容のために利用しているわけで
あって、病気や怪我を治療するために利用しているわけではないからです。


しかも高いお金を払っているうえに女性であるため、人によっては口うるさい方もいる
ので、一般病院で働くのとは、また違ったコミュニケーション能力が必要です。


とくに最近は口コミ・評判がネット上で簡単に調べることができるので、少しでも対応
が悪ければ、悪い書き込みが殺到しますので、クリニックの評判に直結します。





■一般病院から転職して戸惑うこととは?


美容外科クリニックで出来るだけ長く働くためにも、美容に関しても学び続けなければ
なりません。病院以上にサービス業としての側面が強いことも知っておいてください。


慣れるまでは受付業務など慣れない接客業の難しさに戸惑うかもしれません。


しかし、慣れてくれば美容外科クリニックで働くメリットは沢山あります。


まず美容に関する知識が増えるので、お友達との会話の幅が広がります。


このため、お友達だけでなく、お知り合いから、美容に関して色々相談を受けることに
なりますが、それ以上にプライベートの「人間関係」が濃密になります。


また、患者さんがきれいになっていく姿を素直に喜べるようになると、自然と自分も美
に対する意識が高まるので、相乗効果的に自分もきれいになります。





■美容外科クリニックで働く看護師のお給料について


先に述べた通り、美容外科クリニックでは、夜勤など変則勤務がなく、日勤のみであり
ながらお給料や高めに設定されており、疾患の治療では無く美容医療が中心です。


このため、美に対する意識が高い女性にとっては大変魅力的な職場です。


ちなみに美容クリニックの月収についてですが、30万円前後が一般的です。


また年収にして400万円前後が相場で、経験やスキルに応じて昇給します。


夜勤や準夜勤がなく日勤のみで働くことを考えればかなり高いです。


こと賃金に関しては都会と地方では大きな差があります。単に人口が多いというだけで
なく、都会に住んでいる女性のほうが、美に対する意識が強いとされています。


このため患者さん一人当りが支払う費用に関しても高いのだとか。





■なぜ美容外科クリニックのお給料は高いのか?


一般病院から美容外科クリニックへ転職した人の中には、お給料の高さに魅力を感じて
転職を決めた方が少なくありません。給料が高いのは色々な理由があります。


美容外科クリニックは、保険適用外の自由診療であるため、業績給が付きます。


このためどこも売上を延ばすことに積極的に取り組んでいます。女性誌の広告を見れば
お分かり頂けると思いますが、美容関係のエステやクリニックの広告が凄まじいです。


集客だけでなく、オペ、治療、、接客などのサービス全般が良ければ、リピート、友人、
知人の紹介につながり、広告費を抑えながら、さらに業績を高めることができます。


業績によって給料・ボーナスに反映されますので、やりがいは物凄くあります。


また、採用に関しては美を売りにしているため、若い女性の方が有利です。


看護師は有給が取れない?有給消化率が下がっている本当の理由とは?




■休めないから給料に不満をもらす?


看護師さんの仕事は、他の業界よりも給料が高いとされています。しかしそう言われ
ても現役で働く看護師さんからすれば、色々と納得出来ない点が多いと思います。


確かに一般のサラリーマンよりも平均給与は高い水準にあります。


看護師さんの仕事は夜勤や時間外労働が多く肉体的にも精神的にもハードです。


色々な手当がプラスされることによって毎月の給料はそれなりの金額になりますが、
仕事の量と給料とが見合っていないと不満をこぼす看護師さんが多いです。





■有給の仕組みについて?


看護師さんの仕事は肉体的にも精神的にも非常にハードな仕事なので、体を休ませる
ことも大切な仕事ですが、実際には看護師さんの多くがきちんと休めていません。


休日や有給消化の実態を他の業界と比較すると、医療機関で働く看護師さんは休みが
少ないです。つまり、看護師さんは有給がとりにくい状況にあるわけです。


有給は、ある一定期間働いた労働者であれば、誰でも得られる当然の権利です。


また有給を取得するには、勤務日80パーセント以上出勤することが条件です。


勤続年数に応じて取得できる日数は以下のとおりとなっています。


【 有給取得の詳細 】

・勤続期間:6カ月     10日
・勤続期間:1年6カ月   11日
・勤続期間:2年6カ月   12日
・勤続期間:3年6カ月   14日
・勤続期間:4年6カ月   16日
・勤続期間:5年6カ月   18日
・勤続期間:6年6カ月   20日





■休みが取りにくいのは本当か?



サラリーマンの平均有給消化率と看護師さんの有給消化率の差は、今後さらに広がる
かもしれませんが、現状ではどちらも50%割り込んでいます。


つまり、日本人の多くが有給を取得できない状況にあることに変わりありません。


その最大の理由が上司が有給取得に協力的でないからです。


一般の会社に勤務するサラリーマンの方が消化しやすい環境にあります。


しかしデフレの状態が最悪のレベルにあった2010年前後は、どの業界も酷い状態
にありました。景気が悪すぎたので企業倒産件数もピークをつけました。


このためリストラが横行したことも、社員が休むのをためらわせたのかもしれません。


一方、医療機関に関しては慢性的な人不足に悩まされているので無理ありません。


しかし、そうはいっても看護師さんの負担が大きすぎるのは問題ですね。





■理想の年間休日は120日以上


例えば一般の会社に勤務するサラリーマンの方は、「 週休2日 」でカレンダー通り
に休める会社が多いですよね。そうすると年間120日以上休めることになります。


これを基本として考えた場合、サラリーマンの平均は109日となっています。


一方、看護師さんの場合は、勤務する医療機関によって異なり、年間125日以上も
休むことができる病院がある一方、年間休日数が105日を下回る病院もあります。





■休みが取りやすい理想の病院もある!


理想は年間休日120日とされていますが、一般のサラリーマンでさえ平均109日
ですから、大きく下回っていますが、看護師さんの平均はさらに下回っています。


常勤看護師さんは、夜勤と日勤を交互にこなさなければなりません。披露回復させる
ためにもも休みは必要なので、これでは休みが少ないと感じるのも無理ありません。


ちなみに、独立行政法人国立病院機構の病院の場合、平均年間休日数は120日以上
となっています。まさに理想的ですね。日本全国に143の関連病院があります。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます