2014年12月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2014年12月

2014年12月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
病児保育施設での看護師の仕事と役割について!一般の保育園よりも働くのが難しい?

病院以外の仕事について
■病児保育施設とは?日本では病院以外でも医療サービスを提供してくれる色々なタイプの施設があります。そうした中で今回は、「病児保育施設」について解説させていただ…

記事を読む

なぜ夜勤専従看護師が求められるのか?夜勤手当が高いので効率よく稼げるため人気拡大中!

夜勤専従看護師について
■夜勤専従看護師の需要が高い理由とは?夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤のみを行う看護師さんのことです。常勤での夜勤専従の求人は、非常に少なく、求人の大半はパ…

記事を読む

病児保育施設での看護師の仕事と役割について!一般の保育園よりも働くのが難しい?




onnatomodachi.png



■病児保育施設とは?


日本では病院以外でも医療サービスを提供してくれる色々なタイプの施設があります。
そうした中で今回は、「病児保育施設」について解説させていただきます。


病児保育施設は、重度な病気やケガを患ったため、保育園・幼稚園や学校に通うことが
できないお子さんを預かる施設です。ここでも勿論看護師さんの仕事があります。


病児保育施設は、上述したとおり特別な事情があるお子さんしか預かることができない
ので、当然のことながら病院のようにいきなり訪れて預ってもらうことはできません。


事前登録が必要なケースが多く、1回あたり3000円前後で預かってくれます。


しかも、保育士さんや看護師さんが、お子さんたちが病気やケガから回復するように、
しっかりケアしてくれますので、安心して可愛い我が子を預けることができます。


病気やケガをした子供を専門的に預かっているため、看護師が沢山働いています。


しかし、病児保育施設は、一般的な保育園や幼稚園とは比較にならないほど施設の数が
少ないので、どうしても「看護師求人」の数が少なくないのが現状のようです。





■病児保育施設の役割について


小さな子供たちの間でも突発的な原因不明の病気を患うケースも増えてます。


そもそも、なぜこのような施設が必要なのかといえば、子供を保育園や幼稚園に通わせ
たくても、保育園・幼稚園側から子供を預かることを拒否されてしまったからです。


保育園や幼稚園側も保育のプロですから、本当だったらそうしたことはしたくないはず
なんです。しかし、他の園児の親御さんからのクレームを非常に恐れています。


悲しいことに病気やケガを患っている子供が自分の子供と同じクラスにいるのが嫌だと
思う人が少なく無いのが現状で、きれいごとではやっていけない事情が色々あります。


モンスターペイシェントだけでなく、モンスターペアレントが増殖している現代では、
こうした態度を取られてしまうのも、殘念ながら無理ないのかもしれません。


このため、病児保育施設の充実を求める声が拡大しています。


しかし、殘念ながら「少子高齢化」が進む我が国では、こうした動きに呼応する姿が、
正直行政側からはみうけられませんし、民間でも動きが非常に鈍いです。


確かに大きなビジネスチャンスがないので、無理ありません。


しかし、病児保育施設数は少なくても非常に重要な施設として、病気のお子さんを持つ
親御さんからは非常に厚い信頼を得ており、頼れる存在であることは間違いないです。





■病児保育施設での看護師さんの仕事について


病児保育施設における看護師さんの仕事についてですが、保育園や幼稚園で働いている
看護師さんの仕事にプラスして、色々な雑務があるため、楽な仕事ではありません。


突然容態が変化するケースもあるので、万が一のことが起こったら迅速に対応しなけれ
ばなりませんし、そうならないように常に子供たちを見守っていなければなりません。


こうした点に関しては、一般の保育園や幼稚園で働いている看護師さんよりも、看護師
としての確かな経験とスキルが必要ですし、色々と配慮できなければ難しいです。


例えば病児保育施設では感染症を患っている子供を預かることも少なくありません。


自分自身は勿論のことですが、施設内で働く職員や預かっているお子さんに感染させて
しまうと大問題となってしまうので、感染対策について高度な知識が必要です。


また施設によって、預かることができるお子さんの年齢が異なります。多くの施設では
1歳から小学校1〜2年生くらいまでを対象にしているところが多いです。


このため保育園と学童の機能をあわせもつ施設も少なくありません。


先に述べたとおり、病児保育施設で働いている看護師さんは、看護師として確かな経験
とスキルが求められるので、一見すると大変そうに思えるかもしれません。


しかし一般の保育園や幼稚園よりも多くの看護師さんが働いていますので、保育士さん
の中で浮くことはありませんし、肩身の狭い思いをすることもありません。


看護師さん同士で助け合いながら働ける点は大きなメリットとなっています。


なぜ夜勤専従看護師が求められるのか?夜勤手当が高いので効率よく稼げるため人気拡大中!




shixtutosuruzibunwayada.png



■夜勤専従看護師の需要が高い理由とは?


夜勤専従看護師は、その名の通り夜勤のみを行う看護師さんのことです。常勤での夜勤
専従の求人は、非常に少なく、求人の大半はパートやアルバイトなどの非常勤です。


一般の病院で働く看護師さんの中には夜勤を苦手としている方が多いので、自ら進んで
夜勤専従で働いている看護師さんがいることを不思議に思われるかもしれません。


しかし非常勤であっても夜勤手当が高めに設定されているので、夜勤専従看護師として
働くメリットは沢山ありますので、ここに来てかなり人気が高まっています。


ご存知のとおり常勤看護師の場合、一ヶ月の勤務シフトにおける夜勤回数に限度があり、
病院側は看護師さん一人につき夜勤を8回以上に設定することができません。


常勤で働く看護師さんが不足している病院では、必然的に夜勤に配置できる看護師さん
が極端に不足することになり、余計一人当りの負担が増えることになります。


そうなれば、退職する看護師さんが増えるだけで、業務効率が悪化します。


しかし、非常勤であれば夜勤に関する制限がありませんので、基本的には何回でも夜勤
勤務が可能となるため、非常勤で働いてくれる看護師さんを幅広く募集をかけます。





■人手不足問題の抜本的な解決策に!


夜勤専従看護師を積極的に採用することによって、病院側は常勤看護師の夜勤の回数を
減らしたり、日勤専門の常勤看護師を積極的に雇用することができます。


夜勤を減らすことで常勤看護師の負担が減りますので、離職率も改善される傾向が強い
ので、夜勤専従看護師の果たす役割は、いうまでもなく非常に大きいです。


これまで家庭の事情などで「夜勤ができない」という理由から、退職せざるえなかった
看護師さんも多く、人手不足と職場環境の問題を悪化させる大きな原因の一つでした。


勤務シフトをより細分化することにより、こうしたニーズに合わせることができます。


夜勤専従の仕事も、そうした人て不足対策の一環です。


また働く側にも色々メリットがあります。週2回程度働くだけで「月収30万円以上」
稼げる仕事は、そう多くありませんので、他の業界の人から驚かれます。


ちなみに夜勤専従の仕事は、1勤務16時間で日給は3万円から4万円が相場です。
看護師の数が極端に少ない地方の大型病院では、4万円以上のところもあります。





■夜勤専従看護師の需要は今後も拡大


こうした問題を抜本的に解決するために夜勤専従看護師を雇用する動きが国内で急速に
広がったのです。そのおかげで日勤専門の常勤看護師さんを増やすことができます。


16時間勤務は確かに大変ですが、夜間に行わなければならない仕事量は限られている
ので、週一回なら、高齢の看護師さんでも十分対応することができます。


幅広く募集をかけ、夜間の職場はできるだけ、夜勤専従看護師さんに働いてもらうよう
にすれば、常勤で働く看護師さんの負担が大幅に軽減されることになります。


これにより看護師さんの離職に歯止めをかけることができると期待されています。


常勤の日勤看護師が増えれば、当然のことながら夜勤の現場が手薄になるわけです。


そうした問題を上述した理由で夜勤専従看護師がカバーしてくれるわけです。


こうした傾向がさらに進むことよって、職場環境が大きく改善されることが期待されて
いるため、夜勤専従看護師の需要は、今後さらに大きくなりそうです。


最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます