2015年04月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2015年04月

2015年04月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
デイサービスは臨床経験が求められるため看護師未経験は厳しい?

デイサービスの仕事について
■なぜ臨床経験が求められるのか?長期間にわたるブランクがありながら、デイサービスで看護師として働くにあたり、色々と不安があるかと思いますが、ブランクがあっても…

記事を読む

潰瘍性大腸炎の凄い最新治療とは?劇的に症状を改善する新薬とは?

医療ドキュメント動画
今回ご紹介させていただく動画は、読売テレビの人気番組「おはようドクター」「潰瘍性大腸炎」特集の後編です。潰瘍性大腸炎は、新薬が登場したことにより、これまでより…

記事を読む

デイサービスは臨床経験が求められるため看護師未経験は厳しい?




385.png



■なぜ臨床経験が求められるのか?


長期間にわたるブランクがありながら、デイサービスで看護師として働くにあたり、色々
と不安があるかと思いますが、ブランクがあってもデイサービスなら問題なく働けます。


まず、デイサービスでは高度医療に依存する利用者さんがほとんどいません。


このため施設内で「医療行為」が行われることはまずありませんし、宿泊設備がある一部
の施設を除いて夜勤や当直もありませんので、生活リズムを維持しやすいです。


また操作性が複雑な「医療機器」を使用する機会もありませんので、過去に看護師として
病院で働いていたときに経験したことが実際に生かせるのは限定されています。


ただし、施設の利用者は要介護認定(1〜5)を受けた高齢者の方々ですから、それまで
なんでもなかったのが、突発的に怪我や病気を発症するケースが少なくありません。


デイサービス看護師さんは、そうした急変時に冷静に対応しなければなりません。


このため施設側はある程度ブランクが長いことには寛容であっても、看護師としての臨床
経験を求めています。ある程度臨床経験があれば採用される可能性は非常に高いです。


こうした理由から、ブランクがある看護師さんが入職してから仕事に慣れるまでの期間を
病棟勤務とデイサービスを比較した場合、圧倒的にデイサービスの方が短くて済みます。


それでも色々不安があるかと思いますが、デイサービスで働く看護師さんのお給料は低い
ので、どこの施設も看護師さんを確保するのに頭を痛めている状況にあります。


首都圏にあるデイサービスの看護師求人の時給は1500円から2000円の間くらいで、
設定されており、地方はこれよりも2〜3割ほど低く設定されています。


スーパーでレジ打ちのパートとして働いている人からみたら、ありえない数字です。


しかし病棟や外来で働けば5割以上高めに時給が設定されていますので、ここまで大きな
差がついてしまうと、デイサービスで働くことをためらう方も少なくありません。


ですので、デイサービスで働く看護師さんの多くが、様々な理由から働きやすさを求めて
転職された方が多いので、この点に関してはしっかり検討する必要があります。





■安易に賃金が高い求人を選ぶのは危険?


デイサービスで平均相場よりも高額の時給が設定されている場合は注意してください。


2014年度に「介護報酬」が改定されたことをうけて、今後より施設運営が厳しい状況
を迎えるわけですから、時給があまりにも高めに設定されている場合、裏が必ずあります。


デイサービスの施設は大中小規模に応じて配置する看護師さんの数も異なります。


小さな施設ですと、看護師さん1人のところも少なくありません。


こうした場合は自分一人で急変対応しなければなりません。


ですので、これからデイサービスに転職するのであれば、1人でも緊急対応できるように、
学び直すつもりで勉強しておいたほうが、入職したあとに困らずにすみます。


しかし、急変対応の経験が全くない看護師さんは、そういうわけにもいきません。


ですので、2以上看護師さんが受注する施設の規模が大きいところで働く方がいいです。
規模が大きい施設は、施設内の全ての業務がシステム化されており、働きやすいです。


このため個々の従業員の負担も他より小さいので、安心して働けます。





■看護師として働いた経験がなくても働ける?


上述したとおりデイサービスの仕事は、夜勤がありません。しかも医療行為を行う機会が
ほとんどないという点に大きな魅力を感じ、応募される方が少なくありません。


基本的に応募はだれでも出来ます。また、パートやアルバイトであれば常勤の求人よりも
多いことから、稀に「看護師として働いた経験がない方」までも応募されます。


デイサービスで看護師として働くにあたって、どうしても病院での臨床経験が必要です。


全く看護師として働いた経験がない看護師さんが採用される可能性は低いです。


ただし、看護学校を卒業されてから、それほど経過されていない方であれば、やる気次第
で採用される可能性ありますが、どうしても経験者を優先的に採用します。





■資格を取得しているだけでは厳しい


看護師さんがデイサービスで勤務するにあたって、各地方自治体による条例や制度などに
よる特別な縛りはありませんが、常勤であっても非常勤であっても同じです。


看護師の資格を取得しているだけでは不十分とお考えください。


職員の大半は介護職員として働くために必要な資格を持つ方々で占められています。


看護師として働くために必要なスキルを学ぶ機会がデイサービスをはじめとした介護関連
施設では、それほど多くありませんので、経験者が求められるのは仕方ない面もあります。


実際に採用する施設側は、ある程度「臨床経験経」がある人だけを募集しています。当然
のことながら看護師は、看護学校をでただけでは戦力として考えることはできません。


どんな看護師さんでも病院で働きながら現場で必要となる本物の技術と知識を身につけて
いきます。どんなに優れたベテラン看護師さんでも、こうした下積みを経験してます。


しかし、最近は看護師の仕事も多様化してるため、夜勤がなく、日勤のみの仕事もありま
すし、新卒でもデイサービスや訪問入浴など、看護師として働けるケースもあります。





■緊急時に対応できますか?


しかし、デイサービスでは医師は常駐していませんし、施設に配置される看護師さんの数
も1人だけのケースが少なくありません。当然看護師さんの負担は大きいです。


現場では、利用者の容態に変化がおこれば、他の従業員から医師代わりに頼られることに
なります。こうした場合臨床経験がないと適切な対応を取ることができません。


例えアルバイトであっても、看護師として臨床経験なしの状態で働いていると、万が一の
ときに何も出来ずに後悔することになってしまうかもしれません。


臨床経験の無い看護師でも積極的に雇用している病院はあります。


再就職支援セミナーを定期的に開催しながらブランクのある看護師さんを支援してます。


ですので、病棟や外来で働いて経験を積まれた方が確実かもしれません。


また求人を探すにあたっては、ハローワークよりも看護師求人サイトがオスス目です。


目的に合わせて適切な求人を紹介してくれますし、サポート面で非常に優れています。

潰瘍性大腸炎の凄い最新治療とは?劇的に症状を改善する新薬とは?




389.png



今回ご紹介させていただく動画は、
読売テレビの人気番組「おはようドクター」
「潰瘍性大腸炎」特集の後編です。


潰瘍性大腸炎は、新薬が登場したことにより、
これまでよりも患者さんの負担が肉体的にも
精神的にも大幅に減ることになりました。


ただし、万能というわけではないので、
症状によっては手術を受けることもあります。


今回は潰瘍性大腸炎の最新の治療について
分かりやすく解説しています。


今回の動画は7分程度ありますので、
是非是非お時間のあるときにでも、
じっくり見ていただければ幸いです。
 
 
 

 
 
 
■新薬は潰瘍性大腸炎の救世主?


植村なおみさん」

あなたはこんな症状はありませんか?


出血を伴う下痢、腹痛や発熱それは
潰瘍性大腸炎かもしれません


潰瘍性大腸炎は難病指定され
その患者数はおよそ14万人
何度も繰り返す下痢などの不安によって
生活の質が著しく低下しています


今日のおはようドクターは
難病の潰瘍性大腸炎の進化する
最新治療についてお送りします


今日のドクターは京都大学医学部附属
病院消化器内科長の千葉勉先生


最先端の研究で消化器内科を牽引する
トップリーダーです


先生、潰瘍性大腸炎なんですが
一体どんな病気なんですか?。



「千葉医師」

はい、こちらをご覧ください


はい潰瘍性大腸炎というのは、
直腸から大腸にかけて、
まあ何らかの原因でその粘膜
に炎症が起こる病気です


次をご覧ください


これは潰瘍性大腸炎の患者さん
の内視鏡の写真なんですけど


左が正常の大腸ですけども
右にありますように...


潰瘍性大腸炎の患者さんでは
このように粘膜がただれてですね


白い所が粘膜が剥がれているん
ですけども、残ってるところも
赤くなってですね、充血している
ところがよくわかりますね。



「植村なおみさん」

この潰瘍性大腸炎になると
どんな症状がでてくるんですか?。



「千葉医師」

はい、まず下痢、血便が生じて
まあ悪くなれば腹痛、発熱、貧血
といったものが出てきます


特徴はまあは比較的マシな時期と
症状が強い時期をこう繰り返す
という特徴があります。



「植村なおみさん」

潰瘍性大腸炎の場合、
どんな治療方法があるんですか?。



「千葉医師」

治療法は大きく食事療法
それから薬による薬物療法
それから手術療法の3つに
分けられると思います。



「植村なおみさん」

先生、まずは薬物療法から
具体的に教えていただけますか?。



「千葉医師」

はい、潰瘍性大腸炎というのは
まあ免疫の異常が強く関与してる病気
ですので、この免疫を調整するというか
調節するといえばそういった役割を
持った薬が使われますね


その代表格がここにあげてる
5-アミノサリチル酸製剤というんです
けれども、これは我々の免疫能を少し
抑えたり調整したりするような薬で
これで病気を抑えるわけです


それで十分でない場合には
ステロイドというお薬を使かって
さらに免疫能を抑えていこう
ということがあります


まあそうした寛解の維持とか
免疫の調整というところで
三番目の免疫抑制剤というお薬も
あの使われることがありますね。



「植村なおみさん」

医療てどんどん進化してますけど
この潰瘍性大腸炎でもなんか
新しい治療法とか薬とかあるんですか?。



「千葉医師」

そうですね。


いろいろ出てきてるんですけども
例えば、あのインフリキシマブという
まあ「新しい薬」が出来てきて
非常によく効きますね


でこの薬は潰瘍性大腸炎の時に炎症を
起こすのに非常に重要な役割を果たしてる
TMFα(炎症に関与する物質)という物質
を抑制するという薬ですね


例えば、今までの薬で十分に効果が
得られなかった人とかですね


それから下痢とか血便が非常に強くて
普段の生活に支障をきたす方


またさらにその結果、入院しなければ
ならないような、そういった比較的
重い方に使うケースが多いですね。



「植村なおみさん」

先生、薬物療法以外には
どんな治療法が考えられるんですか?。



「千葉医師」

はい、最近では白血球除去療法というのが
盛んに行われるようになってきましたね


これは患者さんの血液を一旦外に出して
それでフィルタにかけてですね


活性化した白血球を取り除くことでもって
炎症を抑えるという、そういうやり方ですね


基本的な副作用がほとんどないので
まあそこが非常にいいところだと
いうふうに思いますね。



「植村なおみさん」

そもそもこの潰瘍性大腸炎なんですが
食生活で気をつけることっていうと
どういったことですか?。



「千葉医師」

基本的には暴飲暴食を避けて規則正しい
食事をすると、それからやはり脂肪成分は
若干制限した方がいいでしょうね。



「植村なおみさん」

ただ先生、
薬物療法や食事療法で治らない
ともう手術しかなくなって
しまうんですかね?。



「千葉医師」

だいたいその全患者さんの10%ぐらいが
最終的には手術を受けられるという
ふうになってますね。



「植村なおみさん」

どういった手術なんですか?。



「千葉医師」

結局悪い大腸を全部を取ってしまうんです
けれども、昔はそのそれでもって人工肛門
をつけなければいけなかったんですけども


最近は手術の方法が進歩して「肛門」を
残してね、ええ、ですからまあ


比較的硬い便が出るような手術とそういう
ものが普及してきています。



「植村なおみさん」

もうホントになんか怖い病気ですね。



「千葉医師」

そうですね。



「植村なおみさん」

潰瘍性大腸炎を疑うような
その血便が混じった下痢なんかが
出てきたら何科をまず受診
したらいいんですか?。



「千葉医師」

やはりその早く治療した方がいいですので
まあ早めには消化器内科を受診して頂く
ということが重要だと思います


それから長引いた場合はですね
中に大腸がんができてきたり
する人もいますので


ここれは定期的にやはりその検査
治療とともに検査をしていただくという
ことが重要だと思います


検査が大事ということですね


今日はどうもありがとうございました



「植村なおみさん」

今回お世話になったのは
京都大学医学部付属病院の千葉先生でした


すごく語り口がマイルドで優しい方です


もう私もこんな方に授業を受けたかった
なって思ったんですけど、あれ、
私医学部じゃなかたなって、すません


あのもう一回一から
出なおして勉強したいと思います


おはようドクターで
勉強させていただきます。



今回の動画はここまでです。


潰瘍性大腸炎の新薬は、安部首相が最初に
首相となったときにはなかったんですね。


そのため非常に日常生活で苦労されたよう
でして、特に海外では大変だったようです。


医薬品の進化が今後急速に進むようなので、
医療界に革命が起きるかもしれません。


いつも本当にありがとうございます。

大変お手数ですが、はてなブックマーク、
いいね!、ブログランキングのリンクを
クリックして頂けると大変嬉しいです。

何卒よろしくお願いします。

最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます