2015年08月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2015年08月

2015年08月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
うつ病になった看護師が再就職した後の再発リスクと予防策について

看護師の再就職について
■仕事もリハビリ期間が必要です看護師さんに限らず、一般の会社に勤務されている会社員の中にもうつ病を患いながら、働いている方は沢山いらっしゃいますので、心配する…

記事を読む

離島にある診療所で働く看護師の注意点とは?生活は不便でもお金はとにかく貯まる?!

病院以外の仕事について
■離島の診療所の現状とは?看護師さんの活躍の場は、最先端の医療機器や設備を完備した大学病院や総合病院などの大型病院だけではありません。小規模の診療所で立派に働…

記事を読む

夜勤では必ず仮眠をとりましょう!凄すぎる仮眠の効果とは?

看護師のストレス
■凄すぎる仮眠の効果!二交代制を採用している病院では、日勤8時間、夜勤16時間が一般的です。夜勤は16時間もありますので、休憩1時間、仮眠2時間とするところが…

記事を読む

看護師の年収が高いは嘘?会社員の平均年収と比べてみました!

看護師の給料について
■看護師の年収は平均より少し上一般の人達の間では、医療に従事する人達のお給料は高いと認識されています。ちなみに看護師さんの平均年収は、37.5歳で469万円で…

記事を読む

うつ病になった看護師が再就職した後の再発リスクと予防策について




845.png



■仕事もリハビリ期間が必要です


看護師さんに限らず、一般の会社に勤務されている会社員の中にもうつ病を患いながら、働いている方は沢山いらっしゃいますので、心配する必要はございません。


しばらく療養するために休職される方もいれば、完全に退職してから療養に専念される方もいます。しかしあまりにも長期化すると復職する意欲はどうしても低下するようです。


長期間療養されて再就職されるのであれば、いきなり常勤で働くのは難しいです。


「うつ病を再発させてしまったらどうしよう」という思いが意識の中にあるからです。


やはり同じような環境にある職場で働くとなると再発するリスクは高いです。


» 

離島にある診療所で働く看護師の注意点とは?生活は不便でもお金はとにかく貯まる?!




212.png



■離島の診療所の現状とは?


看護師さんの活躍の場は、最先端の医療機器や設備を完備した大学病院や総合病院などの大型病院だけではありません。小規模の診療所で立派に働いている方が沢山います。


看護師さん全員が「キャリアアップ」を目指しているわけではないですし、看護師さんが働ける職場は医療機関だけではありません。しかも働ける場所が年々増えています。


自分にあった働き方を選べる自由があるわけですから、それを目指すべきです。


ということで今回は離島にある診療所で看護師として働く魅力がテーマです。


どこの医療機関も人材の確保に苦労していますが、診療所は特に苦しめられていまして、離島にある診療所ともなればなおさらで、どれほど大変かお分かり頂けると思います。


島によっては島民の人口が1000人以下のところも多く、島に医師や看護師などの医療従事者が一人もいないことも珍しくないわけですが、これでは島の医療を守れません。


このため、離島を管理する各自治体は積極的に働きかけて、離島の医療を死守します。


医師の場合は自治医科大学附属病院から3年交替で赴任します。一方、看護師さんの場合、看護師専門の求人サイトを利用すれば自分の希望に合う求人を無理なく探せます。

» 続きを読む

夜勤では必ず仮眠をとりましょう!凄すぎる仮眠の効果とは?




iikodesuna.png



■凄すぎる仮眠の効果!


二交代制を採用している病院では、日勤8時間、夜勤16時間が一般的です。


夜勤は16時間もありますので、休憩1時間、仮眠2時間とするところが多いですが、実際に仮眠を2時間取れているかというと、人によっては取れていません。


夜勤で仮眠をとらずに働き続けると疲労感が増しますので、肉体的な負担がかえって増すことになります。朝7時くらいになると強い眠気に襲われます。


そして、その後に「疲労感」がピークに達します。


しかし1回15分程度の仮眠を取ることによって眠気や疲労感を感じることなく働き続けることができるくらい仮眠には高い効果があるのですが、軽視されています。


仮眠によって、脳を休めることができますので、仮眠を取ることでストレスを抑えるだけでなく、仮眠の質を高めることによって疲労物質を取り除くことができるんです。


たった15分程度でも、夜の2〜3時間の睡眠と同じくらいの効果が得られます。


これにより仕事で疲れた脳の疲労物質を取りのぞくことができるので、集中力を維持できるようになり、仕事の生産性を高めるだけでなく、ミスを防ぐことができますす。


誰の目から見ても仮眠をとった方が生産性が飛躍的に上がるわけですから、しっかり仮眠をず取れるような体制を取るべきなのですが、実際にはそうではありません。


» 

看護師の年収が高いは嘘?会社員の平均年収と比べてみました!




zibunwosukini.png



■看護師の年収は平均より少し上


一般の人達の間では、医療に従事する人達のお給料は高いと認識されています。


ちなみに看護師さんの平均年収は、37.5歳で469万円です。


サラリーマンの平均年収が409万円で、平成9年をピークに右肩下がりであるのに対して、看護師さんの平均年収はほぼ横ばいで推移しています。


また、東証一部に上場する企業の平均年収は672万円となっています。


この程度の差ですが、看護師の給与は高いというイメージが世間にはあります。


女性が普通に 正社員として会社に勤務した場合の平均年収が38歳で292万円ですので、この数字で比較されてしまえば、高いと思われるのも無理ありません。


しかし看護師さんの仕事は拘束時間が長いですし、勤務シフトも一般企業とは異なり、夜勤や準夜勤などの変則勤務であるため、肉体的にも精神的にもハードですよね。


正当な対価が得られているとは、到底言えない状況にあります。


» 

最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます