2015年12月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2015年12月

2015年12月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
風邪やインフルエンザから守るために看護師さんがやっている風邪予防習慣から学ぼう!!

その他
      看護師さんの風邪予防習慣から学ぶ!  インフルエンザやノロウイルスといった感染症に感染するリスクが一番高いシーズンに今年も突入しました。この時期は…

記事を読む

なぜ医療事故が起こるのか?看護師さんのミスから医療事故に発展しやすいケースとは?

看護師の仕事の問題
   はじめに  残念ながら依然として医師や看護師さんによる医療ミスがテレビや雑誌で報じられるケースが少なくありません。人の命がかかっているので、一度報じられ…

記事を読む

まるで詩人!吉高由里子の名言

前向きになれる言葉と感動するお話
   【まるで詩人!吉高由里子の名言】  (1) いつかの愛が  皆を手招きしてるから  それに気付いて  そこに辿り着いて  そして愛しあって  生きる一歩を実…

記事を読む

IPS細胞によって日本の再生医療はとてつもない高いレベルへ!医療イノベーションの真実とは?

医療ドキュメント動画
   ■今回のテーマは「医療イノベーション」  今回の動画は心臓治療に関するエキスパートである大阪大学医学部附属病院心臓血管外科澤芳樹先生が、最先端医療イノベ…

記事を読む

今日から幸せになれる5つのステップ

前向きになれる言葉と感動するお話
【 今日から幸せになれる5つのステップ 】  (1)ほほえむ  ついほほえんでしまうような ポジティブなことを考えると より幸せな気分になるという  ほほえむこ…

記事を読む

介護と看護の違いについて把握してますか?!介護施設は看護と介護の役割が曖昧なので要注意!

その他
    はじめに  同じ老人介護保健施設で働いているといっても「看護」と「介護」の仕事では、その内容に大きな違いがあります。一般の方の場合この違いがほとんど分…

記事を読む

人生がワクワクする25の言葉

前向きになれる言葉と感動するお話
      【 人生がワクワクする25の言葉 】  (1) あなたは偉大な芸術家。人生を作っている。  (2) 手足の自由より大切なのは、心の自由。  (3) …

記事を読む

信頼されて幸せになる方法

前向きになれる言葉と感動するお話
      【 信頼されて幸せになる方法 】   ■20代までに必要な要素   (1)時間や提出などの    基本的約束を    守ることが出来る    (2)迅…

記事を読む

やる気で人生が飛躍する7つの方法

前向きになれる言葉と感動するお話
【 やる気で人生が飛躍する7つの方法 】  (1) 「今日1日を最高傑作 にすると決める」  人生とは今日であるこの先で待っている「時間」のことではない  目の…

記事を読む

看護師未経験で就職して働くために必要なこととは?なぜ途中で投げ出してしまうのか?!

看護師の再就職について
      看護師資格を取得しても看護師として働かない人は意外に多い?  大変な思いをして「看護師国家試験」に合格したにもかかわらず、実際に看護師として働くこ…

記事を読む

風邪やインフルエンザから守るために看護師さんがやっている風邪予防習慣から学ぼう!!

 
 
 
877.png
 
 
 
看護師さんの風邪予防習慣から学ぶ!
 
 
インフルエンザやノロウイルスといった感染症に感染するリスクが一番高いシーズンに今年も突入しました。この時期はどこの医療機関もピリピリしています。
 
 
感染症対策はどこの病院もしっかりやっていますが、それでも感染してしまうので、施設内で働く従業員一人一人の自己管理もこの時期は徹底します。
 
 
風邪すらひくことが許されない空気が蔓延していますので、看護師さんであれば風邪予防の習慣が自然と身につきます。
 
 
もちろん同じ病院で働いているからといって風邪の予防習慣までもが全員同じというではなく、看護師さんによって微妙に異なります。
 
 
今回は看護師でありながらホリスティックビューティインストラクターとしても活躍する山本幸美さんの予防方法をご紹介させていただきます。
 
 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

なぜ医療事故が起こるのか?看護師さんのミスから医療事故に発展しやすいケースとは?




839.png
 
 
 
はじめに
 
 
残念ながら依然として医師や看護師さんによる医療ミスがテレビや雑誌で報じられるケースが少なくありません。人の命がかかっているので、一度報じられれば批判の嵐です。
 
 
医療の現場では患者さんの命を預かっているので当然ミスは許されませんが、残念ながら医師の先生や看護師さんを責めたからといって解決する問題ではありません。
 
 
しかし、どんなに管理を徹底しても人間にできることは限られているので、絶対にミスをしないことを前提に看護業務を進めることはできません。
 
 
そんなことをすれば職場に配置されている看護師さん一人一人に余計なプレッシャーを与えてしまうこととなり、かえって致命的なミスが生じやすくなってしまうことでしょう。
 
 
もはや医療ミスによる医療事故は他人事ではすまされません。巡り巡って自分に回ってくる可能性もありえますので、自分が医療事故の当事者にならないよう注意が必要です。
 
 
今回は実際に病院で働いている看護師さんが起こしやすい「医療事故」について解説させていただきます。
 
 

» 続きを読む

 タグ

まるで詩人!吉高由里子の名言

 
 
 
Image 103.png



【まるで詩人!吉高由里子の名言】
 
 
(1)
 
いつかの愛が
 
皆を手招きしてるから
 
それに気付いて
 
そこに辿り着いて
 
そして愛しあって
 
生きる一歩を実感するの
 
確実に進む 刻まれる
 
今日 初めて生きる今日
 
 
 
(2)
 
涙の理由を
 
一つ一つ説明出来たのなら
 
泣かなくて済んだはず
 
矛先のわからない感情は
 
自分の不甲斐なさを
 
後悔してるからなんじゃないのかな
 
だからもう大丈夫だよ
 
 
 
(3)
 
すぐに何かに負けるよ
 
でも 立ち上がれるのは
 
迎えてくれる笑顔が
 
あるからだよ
 
 
 
(4)
 
知らない から話せるし
 
知らない から話題があるし
 
知らない から話が続くのかも
 
知って からのほうが
 
案外難しいものかもね
 
 
 
(5)
 
新しいことって
 
とてつもなく不安です
 
 
今ね初挑戦してるの
 
壁は高いし硬いけど
 
壁紙は暖かくて優しいわけで
 
靴紐結んで前進します
 
 
涙のあとには
 
覚醒があるはず とりゃっ
 
 
 
(6)
 
今日だけが
 
特別なんじゃなくてさ
 
今日が1回しかないのは
 
毎日変わらないのにね
 
 
 
(7)
 
人から言われて
 
1番嬉しい言葉は
 
その人の名前なんだと
 
教わりました。
 
 
だから大切な人の名前を
 
沢山沢山呼んでください
 
 
 
(8)
 
クラス替えで
 
仲良い友達と
 
別れてしまったのは
 
色んな人と知り合って
 
新しい友達を見つけて
 
新しい発見を見つけたりとか
 
元々仲良かった友達が離れても
 
もっとその子の事が
 
大切に感じられるようにと
 
恨まれるかもしれない
 
職業にかってでた
 
先生達が仕掛けた愛情だよ
 
 
後は自分次第
 
 
頑張るだよ
 
 
 
(9)
 
それは本能で
 
人を求めてるんですよね
 
 
それが助け合う
 
高め合う人間愛で
 
世界が繋がればいいのに
 
 
子どもが言いそうな事だけど
 
子どもが言うことこそがなんの
 
飾り気のない素直な本来の答え
 
なのかもしれない
 
 
いっぱい傷つけて
 
いっぱい傷つけられるのに
 
 
 
(10)
 
時間がない
 
忙しい時ほど
 
したいことが明確になるね
 
やりたい事や会いたい人
 
食べたい物や行きたい所
 
自分の中の優先順位
 
会話の途中で夢の中

自分の選んだものに
 
自信を持って手を繋いで
 
一緒に今年を探していこっと
 
去年よりいい年になる
 
気がしてならない
 
 
どきどきするね
 
 
 
「吉高由里子」
 
 
 
今回は、吉高由里子さんの名言を集めさせていただきました。吉高由里子さんの作品を初めて見たのが朝ドラ「アンと花子」でして、一発でファンになりました。
 
 
彼女独特の魅力がヒロインを演じたことでドラマの魅力をさらに高めたと思います。また2014年の紅白歌合戦の司会も務められたんですよね。
 
 
残念ながら昨年は見逃してしまったのですが、友人いわく前年の綾瀬はるかさんの司会があまりにも天然すぎたせいか、淡々と無難にこなしていたように見えたようです。
 
 
アンと花子が終わってから、しばらく活動のペースを抑えていたようなんですが、先日久しぶりに吉高さんの姿を見たのがPerfumeのコピーユニットとでもいうんですかね
 
 
「バキューム」としてハリセンボンの近藤春菜らと一緒に歌って踊っている姿をテレビで拝見しました。結構歌も踊りも上手でした。本当に多才な方なんですね。
 
 
 

 
 
 

IPS細胞によって日本の再生医療はとてつもない高いレベルへ!医療イノベーションの真実とは?




796.png


 
 
 
■今回のテーマは「医療イノベーション」
 
 
今回の動画は心臓治療に関するエキスパートである大阪大学医学部附属病院心臓血管外科澤芳樹先生が、最先端医療イノベーションセンターが誕生するまでの経緯についてや...
 
 
国際的な医療ツーリズムとしての側面を打ち出すためにイノベーション棟の中に国際医療センターを作りあげたエピソードを語っています。非常に興味深いお話でした。
 
 
また、IPS細胞によって日本の再生医療はとてつもない高いレベルにまで進化していることがわかり、久しぶりに希望が持てるお話を聞けたので、ワクワクした気分に浸ってます。
 
 
しかし、診療報酬がさらに削られることとなり、医師や看護師などの医療従事者の方々はさらに厳しい状況に追い込まれることとなったわけですが、そうした状況にありながらも
 
 
澤先生のように厳しい状況を何度も乗り越えながら進化し、それを夢を実現するための力として沢山の人たちと共に一つの夢を形にしていく姿に感謝の気持ちが溢れ出ました。
 
 
医療のイノベーションに関する取り組みの支援は積極的に政府も行ってくれているようですが、もう少し働きやすい環境にするためにも診療報酬を数段上に上げて欲しいですね。
 
 
そうすることによって、きちんと医療や介護の分野にきちんとお金が流れる仕組みが出来れば、人に優しい国になるのではないかと思っています。
 
 
 
【 出典 】おはようドクター
 
「〜関西から世界へ、
 医療イノベーションが拓く未来〜」
 

 

» 続きを読む

 タグ

今日から幸せになれる5つのステップ




789.png



【 今日から幸せになれる5つのステップ 】
 
 
(1)ほほえむ
 
 
ついほほえんでしまうような
 
ポジティブなことを考えると
 
より幸せな気分になるという
 
 
ほほえむこと
 
それ自体によって
 
ポジティブな記憶が
 
呼び起こされるそうだ
 
 
 
(2)背筋を伸ばして大股で歩く
 
 
顔を上げて
 
大股で歩くだけで
 
楽しい気分が高まるという
 
 
大股で腕を大きく振り
 
顔をしっかりと上げて歩くように
 
言われたグループは
 
 
下を向いて小さな歩幅で
 
足で歩くように言われた
 
グループに比べて
 
 
3分間の歩行後に感じる
 
「幸福感」が高かったという
 
 
 
(3)声をあげて笑う
 
 
声をあげて笑うことで
 
気分が高まって
 
ストレスが和らぎ
 
不安やうつといった
 
精神的な症状が緩和される
 
 
 
(4)お茶の時間など
 
   小さな瞬間を楽しむ
 
 
人生の中で小さな楽しみを見つけ
 
それを 楽しむことによって
 
 
脳がネガティブ・バイアス
 
(否定的なことに目を向ける傾向)
 
 から抜け出します
 
 
脳の配線を文字通りつなぎ替えて
 
「幸福感」を得られるようになります
 
 
 
(5)ほかの人に親切にする
 
 
誰か知らない人に親切にしてみよう
 
 
そうすればより幸せな気分になれると
 
カリフォルニア大学リバーサイド校

の研究結果は示している
 
 
「HuffPost Japanより一部転載」
 
 http://www.huffingtonpost.jp/
 
 
 
今回は、HuffPost Japanで過去に掲載されたコラムの一部を転載させていただきました。HuffPost Japanは、日本の主力メディアとは一線を画した非常にユニークなメディアです。


ですので、同じニュースでも日本のメディアのものとHuffPost Japanの記事を読み比べると、食い違っていることが良くあり、こうした発見が非常にためになっています。


今回の投稿はカリフォルニア大学リバーサイド校がい実際に人の幸せについて実際に研究を行い、それをレポートにしたものなので、非常に説得力がありますね。


やはり笑顔というか、微笑むことが大切なんですね。微笑むことで身体の力が抜けるので、自然とストレスを緩和することができますし、前向に色々なことを取り組めますよね。


こういったことは自己啓発関連の書籍に良く書かれていますが、科学的に証明されたことになりますので、今日から歩くときは微笑みながら大股開きで歩きます。
 

介護と看護の違いについて把握してますか?!介護施設は看護と介護の役割が曖昧なので要注意!



778.png



 
 
 
 
はじめに
 
 
同じ老人介護保健施設で働いているといっても「看護」と「介護」の仕事では、その内容に大きな違いがあります。一般の方の場合この違いがほとんど分かりません。
 
 
もしも施設の利用者さんのご家族に「看護」と「介護」の違いについて尋ねられたら、あなたはきちんとこの違いについて説明することができますか?。
 
 
もし将来的に福祉関係の施設で看護師として働きたいのであれば、この違いについては是非知っておいて下さい。
 
 
 
 
 
看護と介護の根本的な考え方
 
 
介護と看護は基本的な考え方が異なります。まず介護は日常生活に支障をきたしている高齢者や障害を持っている方々を介護を通じて求められる生活介助を行います。
 
 
例えば食事、入浴、排泄といった行為を高齢のため自分の力で行えない人たちを介護の仕事の一環として介助することによって、施設内で安心して暮らすことができます。
 
 
また利用者さんのストレスをできるだけ抑えるためにも安らげる空間作りも大切です。これは利用者さんだけのためではなく、施設内で働く他の従業員のためでもあります。
 
 
というのも施設内は何かとストレスが多いからです。しかも相手は高齢者さんなので食事介助一つとっても対応する利用者さんが一人二人ではないので非常に時間がかかります。
 
 
耳がほとんど聞こえていない人も利用者さんの中にはいらっしゃるので、何をするにしても利用者さんに理解してもらうために忍耐強く接する必要があります。
 
 
また食事介助しながらも他の利用者さんが突発的な行動をとらないか、言葉は悪いですが神経を尖らせなながらでないと、この仕事は上手に対応することが出来ません。
 
 

» 続きを読む

 カテゴリ
 タグ

人生がワクワクする25の言葉

 
 
 
775.png
 
 
 
【 人生がワクワクする25の言葉 】
 
 
(1)
 
あなたは偉大な芸術家。
人生を作っている。
 
 
(2)
 
手足の自由より
大切なのは、心の自由。
 
 
(3)
 
人にせいにすることで、
逃げる人生を歩まない。
 
 
(4)
 
長所や得意だけが個性ではない。
短所や不得意も個性。
 
 
(5)
 
こだわりは大切。
 
ただし、こだわりだけ
こだわるのは注意。
 
 
(6)
 
リスクを回避しすぎる
こともリスク。
 
 
(7)
 
失言している
自分を考えることは、
失言しないための
練習になる。
 
 
(8)
 
あなたは、
生徒と先生の役割が
1つになった存在。
 
 
(9)
 
親の説教を素直に聞ければ、
あなたは立派な大人。
 
 
(10)
 
道具がなければ、道具を作ろう。
 
道がなければ、道を作ろう。
 
 
(11)
 
お金も時間も、
浪費と投資を分けるのは、
使い方しだい。
 
 
(12)
 
落ち込んだら、
立ち直ればいい。
 
けがをすれば、
治療すればいい。
 
失敗すれば、
再挑戦すればいい。
 
 
(13)
 
愛を強く感じるのは、
愛されるときより、
愛するとき。
 
 
(14)
 
マナーを守ってこそ、
かっこいい。
 
 
(15)
 
自分のために、
 
花束を買って帰る。
 
そんな日があってもいいよね。
 
 
(16)
 
素晴らしい出来事だから、
素晴らしいと思うのではない。
 
素晴らしいと思うから、
素晴らしい出来事になる。
 
 
(17)
 
子供が話を聞いてくれないのなら、
親に問題があると思っていい。
 
 
(18)
 
あなたの人間関係は、
自分を客観的に映し出した鏡。
 
 
(19)
 
大好きな曜日を1つ増やす
 
そのカギは自分の好きな
ことをやること
 
 
(20)
 
雲の形で物事を決める。
そんな日があってもいいよね。
 
 
(21)
 
体験しないかぎり、
本当の正解は一生見つからない。
 
 
(22)
 
勇気を出した行動に、
悪い選択はない。
 
 
(23)
 
諦めたから、
休んでいるのではない。
 
また歩き出すために、
少し休んでいるだけ。
 
 
(24)
 
自分がされたいことを、
してあげよう。
 
自分がされたくないことは、
しないようにしよう。
 
 
(25)
 
あなたの体自身が、
素晴らしい宝物。
 
 
 
出典:飽きた人生を刺激的にする30の方法
 
「HappyLifeStyle」
https://happylifestyle.com/14776
 
 
 
今回紹介させて頂いた投稿は「HappyLifeStyle」さんから転載させていだきました。仕事、恋愛、趣味などの人生にまつわる色々な学びを提供してくれる素晴しいサイトです。
 
 
今回のまとめは、自分の人生をいかに刺激的なものにするか解説されています。
 
 
やはり自分の人生をより刺激的にするためには、自分を何とかしなければなりません。なにもせずに、ただ黙って待っているだけではワクワクするどころではありません。


絶対に何も起こりませんからね。月並みですが、やはり人との関係が大切だと思います。しかし、注意しないと打算で自分の得する方にしか動こうとしなくなります。


そうならないためにも、恋愛をはじめ仕事の場でもギブアンドギブの精神で色々なことに取り組むべきですよね。人に喜んでもらえるようになると、幸せが大きくなります!!
 
 
 

信頼されて幸せになる方法

 
 
 
765.png
 
 
 
【 信頼されて幸せになる方法 】
 
 
■20代までに必要な要素
 
 
(1)時間や提出などの
 
   基本的約束を
 
   守ることが出来る
 
 
 
(2)迅速に連絡が取れる
 
 
 
(3)嘘をつかない
 
 
 
(4)常に元気で明るく 素直
 
 
 
(5)勤勉である
 
 
 
(6)誠実である
 
 
 
 
■30代で必要な要素
 
 
(1)何かを継続できた実績がある
 
 
 
(2)言動に一貫性がある
 
 
 
(3)心身ともに安定している
 
 
 
(4)自分の強み弱みをよく知っている
 
 
 
(5)ポジティブで
 
   自分の考えを論理的に
 
   説明出来る
 
 
 
(6)逃げずに問題を処理出来る
 
 
 
 
■40代以降に必要な要素
 
 
(1)人の話をよく聞き
 
   相手の状況を正しく
 
   理解することが出来る
 
 
 
(2)相手の心情を理解出来る
 
 
 
(3)人間というものを
 
   よく理解している
 
 
 
(4)常に謙虚で
 
   相手を尊重出来る
 
 
 
(5)自分なりの哲学がある
 
 
 
(6)言葉に重みがある
 
 
 
(7)周囲の成長に
 
   貢献することが出来る
 
 
 
出典:「ここにしか咲かない花より転載」
 
 
 
今回は、信頼、信用を得るために20代から取り組むべきことをまとめている記事を転載させていただきました。いうまでもなく信頼、信用は人間関係において最も大切ですよね。
 
 
とくに現在のように情報が毎日前日の倍になって増えるくらい、情報があふれている状況においていは、何かを信じるという意思が働きにくくなるので、本当に大切だと思います。


また、同時に騙されたくないという思いが人々の中で広がってますので、なおさらです。


信頼、信用してもらうためには願うだけでは、やはりダメでして、しっかり意識して自ら取り組まなければならないと、ここ最近痛感する機会が増えています。


しかし、信用・信頼を得るには時間も労力も忍耐が当然必要ですから、一長一短というわけにはいきません。このまとめが素晴しいのは、非常にシンプルな点です。
 
 
よりよい人間関係を構築するためにも、大切にしたいと思います。


やる気で人生が飛躍する7つの方法




753.png



【 やる気で人生が飛躍する7つの方法 】
 
 
(1)
 
「今日1日を最高傑作
 にすると決める」
 
 
人生とは今日である
この先で待っている
「時間」のことではない
 
 
目の前にある
「今日1日」が
いかに大切であるかに
気づいたとき
 
 
人は本当の「やる気」を
持つことができる
 
 
 
(2)
 
「小さな変化から始める」
 
 
自分は未完の
「傑作」だと思うなら
小さな変化を大切
にしなければならない
 
 
身体を鍛えたいなら
エレべーターを階段に
替えることから始める
 
 
健康になりたいなら
ランチにサラダや
果物を取り入れて
少しずつ「食習慣」
を改善する
 
 
それだけで立派な変化だ
 
 
「 理想 」に向かって
 着実に歩んでいる
 
 
 
(3)
 
「小さな過程の
 目標をたくさん作る」
 
 
小さな目標を決める人は
そうでない人よりも
幸せになれる
 
 
それは周りに振り回されず
自分の1日を自分で
コントロールしているという
感覚が深まるからだ
 
 
 
(4)
 
「大きな仕事には
 のろのろと取りかかる」
 
 
大きな仕事というものは
永遠に片づかないような
気がするものだ
 
 
その仕事を最後まで
やり切ることを想像する
だけでうんざりして
やる気なんて出るわけがない
 
 
こんなときにモチべーション
を高めるいい方法がある
 
 
自分が世界一の怠け者
になったつもりで
その仕事に取りかかる
のである...
 
 
不思議なことに
気合いを入れててきぱきと
仕事に取りかかるより
 
 
ゆっくり始めるはうが
仕事は早く終わるのである
 
 
 
(5)
 
「心配を行動に変える」
 
 
気になる心配事を
5つ書き出してリスト化する
 
 
心配事1つにつき5分
具体的な行動をする
 
 
行動は短時間で
簡単な行動でいい
 
 
そんな小さな
行動を取るたびに
恐怖が消えていくはずだ
 
 
恐怖と行動は共存できない
行動があるところに
恐怖は存在しないのだ
 
 
 
(6)
 
「自分の真の実力
 のことは考えない」
 
 
「自分にその力はあるのか?」
ということばかり考えていると
行動する前に疲れ果ててしまう
 
 
 それに「その力があるのか」
 を考えても結論は出ない
 
 
 結論は、やらなければ
 わからないのだ
 
 
「あなたの真の実力」
 がどうであろうと
 とにかく行動する
 ことならできる
 
 
 つまり「行動」は
 あなたの真の実力など
 気にしないのだ
 
 
 この事実を忘れない
 ようにしよう
 
 
 
 
(7)
 
「自分が死ぬ日のことを想像する」
 
 
死を意識することが究極の
モチベーションアップになる
 
 
「 自分がもうすぐ死ぬ 」
 という場面を想像する
 
 
そのときの自分の感情を
具体的に思い描く
 
 
あなたの大切な人が
1人ずつあなたを訪ねてくる
場面を「想像」する
 
 
彼らに「死ぬ前」に
伝えたいことを考える
 
 
それを声に出してはっきり言う
 
 
出典:「自分を変える89の方法 」
 
著者:「スティーヴ・チャンドラー」
 
出版:「ディスカヴァー21」
 
 
 
今回ご紹介させて頂いたのは、二年ほど前に出版されたスティーヴ・チャンドラーさんの著書:「自分を変える89の方法 」から一部転載させていただきました。


スティーヴ・チャンドラーさんは、「フォーチュン500企業」に多くのクライアントを持つ世界的に著名なビジネスコーチで、日本でも翻訳された著書が人気があります。


仕事にかぎらず、何か行動を起こす上で「やる気」=「モチベーション」は、非常に重要ですが、その大切な「やる気」を削がれてしまうことが多いですよね。


しかし、人や物のせいにしても、前に進むことは出来ませんので、自分で何とかやる気を奮い立たすしかありません。今回のまとめは、その方法が分かりやすく解説されてます。


個人的に出版された当時大きな学びとなったが、(5)の不安を行動にかえるです。


当時新しいことを始めたばかりで、先行きが不透明だっため、不安な毎日を過ごしていましたが、このメソットを常に意識して実践したことによって、良い結果を得られました。


あなたがどのような状況に陥っても、決して悲観することなく淡々と「やる気」を高めていただければ幸いです。そして、これまで以上に仕事とプライベートを楽しみましょう。


 

看護師未経験で就職して働くために必要なこととは?なぜ途中で投げ出してしまうのか?!

 
 
 
740.png
 
 
 
看護師資格を取得しても看護師として働かない人は意外に多い?
 
 
大変な思いをして「看護師国家試験」に合格したにもかかわらず、実際に看護師として働くことなく他の道へと進む人たちもいます。
 
 
ちなみに平成27年度は、60,947人が受験し、実際に合格されたのが54,871人です。合格率が90.0に達していまして、ここ数年は非常に安定しています。
 
 
これだけ沢山の人たちが看護師国家試験に合格しているにもかかわらず、依然として看護師不足は解消されていません。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、看護師国家資格を手にしたとしても全員が病院や診療所などの医療機関で看護師として働いているわけではありません。
 
 
理由は色々ありますが、例えば病気や怪我などで長期間にわたって就職できなかったり、ご家族の介護などを理由に就職しなかったり、こうした厳しい現実があるんですね。
 
 
看護の分野とは異なる分野に就職してしまうケースも少なくありません。驚くべきことに看護師の資格は取得していても臨床経験がない方も結構います。
 
 
 
 
 
未経験可の看護師求人は少なくない?
 
 
こうした深刻な看護師不足が深刻な状況にあり、日本全国で5万人近い看護師が足りないとされています。それを実証するように最新の有効求人倍率のデータ約2.8倍です。
 
 
この数字だけ見ても分かるとおり、看護師さんの求人は沢山あります。
 
 
ですから、看護師資格を取得していれば求人先は豊富にあります。つまり未経験者にも就職するチャンスは大いにあるということです。事実「未経験者可」の求人もあります。
 
 
看護師資格を取得してから医療機関に勤務することなく、一般企業に勤めていた場合「看護師として働いてみたい」という思いにかられる方も少なくありません。
 
 
しかし、看護師として病院に転職したいと考えれば考えるほど臨床経験が無いという事実が重くのしかかり、転職活動を進めることができない方が多いです。
 
 
このためどうしても心理的ハードルは高くなります。すでに新卒ではないですし、看護師として臨床経験がまったくないので採用される可能性は低いだろうと考えます。
 
 
これが心のブレーキとなってしまいます。また仮に採用されても看護技術に自信がないので、実際に働けるかどうか不安だとういう方も多いです。
 
 
転職活動を進める前であきらめるならまだしも、内定をもらってから「やっぱりやめた」と看護師として働くことをあきらめる方もいます。これは本当に失礼な話です。
 
 
ですので、覚悟がなければ転職活動は進めないほうがお互いのためになります。しっかり検討して、それでも看護師として働きたい場合のみ転職活動を進めましょう。
 
 

» 

最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2015年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます