Image 24.png
 
 
 
 
【強すぎる!樹木希林の名言】
 
 
(1)
 
やったことが
 
ほんのわずかだもの。
 
やり残したこと
 
ばっかりでしょう、きっと。
 
 
一人の人間が
 
生まれてから死ぬまでの間、
 
本当にたわいもない人生だから、
 
大仰には考えない
 
 
 
(2)
 
靴下でもシャツでも
 
最後は掃除道具として、
 
最後まで使い切る。
 
 
人間も、十分生きて
 
自分を使い切ったと
 
思えることが、
 
人間冥利に尽きるという
 
ことだと思う。
 
 
自分の最後だけは、
 
きちんとシンプルに
 
始末することが最終目標
 
 
 
(3)
 
私は「なんで夫と別れないの」と
 
よく聞かれますが、
 
私にとってはありがたい存在です。
 
 
ありがたいというのは
 
漢字で書くと「有難い」、
 
難が有る、と書きます。
 
 
人がなぜ生まれたかと言えば、
 
いろんな難を受けながら
 
成熟していくためなんじゃ
 
ないでしょうか
 
 
 
(4)
 
私、とにかく今、
 
一人でやっているでしょ。
 
 
ここに来るのも一人、
 
何をするのも一人。
 
 
誰かに頼むと
 
その人の人生に
 
責任を持てないから
 
 
 
(5)
 
もし生まれ変わったら、
 
内田とはもう逢いたくない。
 
 
もし次逢ったら、
 
また好きになってしまって
 
また大変な人生を送ってしまうから
 
 
 
(6)
 
人がうれしかったりした時に、
 
泣くことが多いわね。
 
 
悔しい、悲しい、
 
で泣いたことはないわね。
 
 
「なんてすてきなことを言うんだ」
 
っていう時に泣けてくるね
 
 
 
(7)
 
がんはありがたい病気。
 
周囲の相手が自分と真剣に
 
向き合ってくれますから。
 
 
ひょっとしたら、
 
この人は来年はいない
 
かもしれないと思ったら、
 
その人との時間は大事でしょう?
 
そういう意味で、がんは面白いのよ
 
 
 
(8)
 
夫1人だけ、奈落の底に落として、
 
自分だけ保身ということはしません
 
 
 
(9)
 
みんなね離婚してね、
 
次にいい人と出会ってる
 
つもりでいるけど、
 
似たようなもんなのね。
 
ただ辛抱が効くように
 
なっただけで...
 
 
 
(10)
 
もし生まれ変わったら、
 
内田とはもう逢いたくない。
 
 
もし次逢ったら、
 
また好きになってしまって
 
また大変な人生を送ってしまうから
 
 
 
− 樹木希林 −
 
 
 
【 参照 】 SWITCH Vol.34 No.6 樹木希林といっしょ。
 
 
 
今回は、女優の樹木希林さんの名言をまとめさせていただきました。ご存知のとおり樹木希林さんは、夫がロック歌手の内田裕也さんで過去に何度もトラブルを起こしていながら、今日まで一度も離婚することなく夫婦関係を続けています。
 
 
1980年代に内田裕也さんが役所に離婚届を提出するも、樹木希林さんは訴訟を起こしてまで離婚を拒絶し続けたわけですが、最近になって離婚して早く自由にさせてあげればよかったと、一度は考えを改めたようです。
 
 
しかし、その旨内田裕也さんに伝えたところ、「いやこれで良かったんだよ」と逆に諭されたというのですから、本当に絆の強いご夫婦なんですね。また、2000年代に入ってから乳がんを筆頭に全身にがんが転移するも、すでに治療を終えています。
 
 
しかも、そのような状態でありながら、映画やドラマのオファーがひっきりなしに来るというのですから、驚きです。
 
 
普通であれば撮影中に降板することを避けるために、長期間に渡って病気を患っている俳優を使いたがりませんが、樹木希林さんは、唯一無二の存在ということで、引く手あまたなのだそうです。