Image 23.png
 
 
 
 
【とてつもなく深い!村上春樹の名言】
 
 
(1)
 
本当に深く心が傷ついたときには、
 
言葉なんて出てこないものだよ
 
 
 
(2)
 
秘密というのは
 
それを知っている人間が
 
少ないからこそ秘密なのだ
 
 
 
(3)
 
もしほんとうに
 
自由を与えられたりしたら、
 
たいていの人間は
 
困り果ててしまうよ。
 
 
覚えておくといい。
 
人々はじっさいには
 
不自由が好きなんだ
 
 
 
(4)
 
世の中のほとんどの人は
 
自由なんて求めては
 
いないんだ。
 
 
求めていると
 
思いこんでいるだけだ。
 
すべては幻想だ
 
 
 
(5)
 
僕らはみんな、
 
いろんな大事なものを
 
うしないつづける。
 
 
大事な機会や可能性や、
 
取りかえしのつかない感情。
 
 
それが生きることの
 
ひとつの意味だ
 
 
 
(6)
 
自分に同情するな。
 
 
自分に同情するのは
 
下劣な人間のやることだ
 
 
 
(7)
 
罪を犯す人と
 
犯さない人とを隔てる壁は
 
我々が考えているより薄い
 
 
 
(8)
 
人々は闇の中から出てくる
 
何かを見つけることで
 
闇の中から救われることができる
 
 
 
(9)
 
何かを持ってるやつは
 
いつか失くすんじゃないかと
 
ビクついてるし、
 
何も持ってないやつは
 
永遠に何ももてないんじゃないかと
 
心配してる。みんな同じさ
 
 
 
(10)
 
僕らはとても不完全な存在だし、
 
何から何まで要領よく
 
うまくやることなんて不可能だ。
 
 
不得意な人には
 
不得意な人のスタイルが
 
あるべきなのだ
 
 
 
− 村上春樹 −
 
 
 
 
今回は、作家の村上春樹さんの名言をまとめさせていただきました。毎年ノーベル賞の発表が近づくとノーベル文学賞受賞の最有力候補の一人としてあげられますが、今だに受賞されていません。
 
 
私はどちらかというと、村上春樹さんよりも村上龍さんのファンなので、特別な思い入れはないのですが、それでも過去の作品は全て読んでいますので、これほどまで受賞できないと何か陰謀めいたものがあるのではないかと疑いたくなってしまいすよね。
 
 
海外で村上春樹さんの作品が非常に人気が高いわけですが、日本よりも海外の方が正当な評価を得ているような気もします。ですので、何とか次回作でノーベル文学賞を受賞してほしいと思います。