image3.png
 
 
 
 
険しくとも
 
進みたい道が
 
もっとも
 
疲れない道
 
 
 
 
あきらめないこと
 
どんな事態になっても
 
あきらめないこと
 
結局私のしたことは
 
それだけだったのかもしれない
 
 
 
私は誰かのために
 
生きているのではない
 
 
 
自分を表現し
 
創造するために
 
生まれてきた
 
 
 
ただ、ただ自分という
 
愛のエネルギーに
 
素直に純粋であり続けたい
 
 
 
− 植村直己 −
 
 
 
画像:松下幸之助の名言
 
 
 カテゴリ
 タグ