image.7.png                                                                                                                                                                                                                                                   
『 しあわせとは? 』
 
 
目の前の幸せに
 
気づいたら一生幸せ者!!
 
 
− 星野富弘 −
 
 
 
 
一生の間に
 
一人の人間でも
 
幸福にすることが出来れば
 
自分の幸福なのだ
 
 
− 川端 康成 −
 
 
 
 
寝床につくときに、
 
翌朝起きることを楽しみに
 
している人は幸福である。
 
 
− カール・ヒルティ −
 
 
 
 
もっとも平安な、
 
そして純粋な喜びの一つは、
 
労働をした後の休息である。
 
 
− カント −
 
 
 
 
自分自身を
 
幸福だと思わない人は、

決して幸福になれない。
 
 
− サイラス −
 
 
 
 
他人の幸福を
 
うらやんではいけない。
 
なぜならあなたは、
 
彼の密かな悲しみを
 
知らないのだから。
 
 
− ダンデミス −
 
 
 
 
何も知らぬことは最も幸福である。
 
 
− 西洋の諺 −
 
 
 
 
我々は、
 
幸福になるためによりも、
 
幸福だと人に思わせるために
 
四苦八苦しているのである
 
 
− ラ・ロシュフーコー −
 
 
 
 
人は幸運の時は
 
偉大に見えるかもしれないが、
 
真に向上するのは不運の時である。
 
 
− フリードリヒ・フォン・シラー −
 
 
 
 
国連が毎年報告している、世界幸福度調査によると、世界でもっとも幸福な国はデンマークで、2位は僅差でスイス、次にアイルランド、ノルウェー、フィンランドと、上位の国の全てが北欧諸国で占められています。
 
 
ちなみに日本は、世界157カ国中53位と、先進諸国の中では、かなり低い方です。また、同レポートによりますと、世界の国の幸せ度は以下の6つの要素によって各国の幸せ度を求めるようです。
 
 

(1)経済的な豊かさ
(2)社会的支援の充実度
(3)政治やビジネスにおける汚職の少なさ
(4)人生における選択の自由
(5)健康寿命
(6)寛容性
 

 
 
幸せを感じやすい、幸せに気づきやすい人の特徴としては、まずあまり未来について考えていません。起こってもないことに余計なエネルギーを使っていない点があげられます。そうすることで心配事や不幸を遠ざけています。
 
 
こうした点について脳科学者の中野信子さんが非常に分かりやすく以下の動画で解説していますので、是非一度ご覧になってください。
 
 
「幸せをつかむ脳の使い方 幸福度は思考に左右される?」
 

 
 
 カテゴリ
 タグ