2020年10月の記事一覧

看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。

月別アーカイブ:2020年10月

2020年10月の記事一覧。看護師さんのお仕事や転職に関する情報サイトです。医療機関だけでなく福祉施設や一般企業に転職するための情報を分かりやすく解説しています。
いまこの瞬間に最善を尽くす!過去は学びに変わり、未来は希望に変わる!「ありがとう」の一言ですべてが上手くいく!

名言・格言
  どんなに悔いても「過去」は変わらない。 どれほど心配したところで「未来」もどうなるものでもない。 いま、「現在」に最善を尽くすことである。  − 松下幸之…

記事を読む

人生を変える出逢い!この世で一番の宝物は、人との出逢い!「あいさつ」で出逢いの質が大きく変わる!

名言・格言
  『 人生を変える出逢い 』  どんな人に出合ったとしても 出会えたことにお礼が言えない人は出会いに見放される  − ココロにしみる五行歌 −   どんな人でも…

記事を読む

【 星の王子さまの名言 】本当の贅沢というものは、たったひとつしかない。それは人間関係に恵まれることだ!

前向きになれる言葉と感動するお話
  【 心がきれいに!星の王子さまの名言 】  (1) 心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。 かんじんなことは、目に見えないんだよ  (2) では…

記事を読む

小さなことを積み重ねると夢が現実になる!最初の一歩を踏み出す勇気があればいい!夢が叶う10の習慣

前向きになれる言葉と感動するお話
  【 夢が叶う10の習慣 】  (1) 毎日の生活の積み重ねが人生そのものになっていく 「日々の習慣」こそ自分の人生そのものである  (2) 一日の充実度を高…

記事を読む

「母の無償の愛を感じて...」かならず別れのときがやってくる!愛している人に愛しているとちゃんと伝えよう!

前向きになれる言葉と感動するお話
  【 母の無償の愛を感じて... 】  人生で起こることは 何か大切なことを気づかせて くれるために起こるようです   桜が舞う季節のことでした   病院主催の…

記事を読む

いまこの瞬間に最善を尽くす!過去は学びに変わり、未来は希望に変わる!「ありがとう」の一言ですべてが上手くいく!


2920190901keihatu.png
 
 
どんなに悔いても
「過去」は変わらない。
 
どれほど心配したところで
「未来」もどうなる
ものでもない。
 
いま、「現在」に最善を
尽くすことである。
 
 
− 松下幸之助 −
 
 
 
過去にとらわれず
未来に怯えず
今を生きる。
 
 
− 堀江貴文 −
 
 
 
どん底から
ドラマがはじまる
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
今の条件で
できることを毎日、
真剣に考えること。
 
それが5年後の
自分をつくる。
 
 
− 田崎真也 −
 
 
 
苦労したから
今があるんだと
思える。
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
焦るたびに
チャンスを失う
 
結果は後ろから
ついてくるから
今できることをする
 
 
− 田口久人 −
 
 
今いるところで
ベストを尽くした
人間こそが、
 
新しい世界に
ふみだせる。
 
 
− 百田尚樹 −
 
 
 
 
突然ですが、ここで1つあなたに質問させてください。あなたが1日の中で、最もよく口にしている言葉は何ですか。口癖でかまいません。ベスト3をあげてみましょう。
 
 
……… 考える時間 ………
 
 
さて、今あげていただいた口癖の中で、ベスト1に当たる言葉を振り返ってみましょう。どんな言葉がベスト11になりましたか。運がいい人になるためには、必ずベスト1でなければならない言葉があります。それが「ありがとう」です。
 

» この記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

人生を変える出逢い!この世で一番の宝物は、人との出逢い!「あいさつ」で出逢いの質が大きく変わる!


2420190901keihatu.png
 
 
『 人生を変える出逢い 』
 
 
どんな人に
出合ったとしても
 
出会えたことに
お礼が言えない人は
出会いに見放される
 
 
− ココロにしみる五行歌 −
 
 
 
どんな人でも
自分から挨拶して
 
聞き取りやすいように
ゆっくり話し
 
自分のことばかり
話しすぎず
 
相手の目を見ながら
うなずき
 
嫌いなところよりも
好きなところを見つけ
 
違いよりも
同じところに
目をむけ
 
一度は相手の
良いところを褒めて
 
最後は笑顔で別れる
 
すぐに理解しあえる
ことはなく
 
少しずつ信頼関係を
築けばいい
 
出会いを大切に
することで
ご縁が生まれる
 
 
− 田口久人 −
 
 
 
勉強もスポーツも
大事だが、
 
何より大事なのは
「挨拶」
 
挨拶さえしていれば
何とかなる。
 
 
− 橋下徹 −
 
 
 
そのときの出逢いが
人生を根底から
変えることがある
 
よき出逢いを
 
 
− 相田みつを −
 
 
 
この何億人といる世界で
あなたに出会えて、
 
そして
あなたの笑顔が見れて
私は幸せです
 
 
− 作者不詳 −
 
 
 
何かに一生懸命
打ち込んでいると、
それに響くものがある。
 
それが出会いだと思う。
 
 
− 小島直記 −
 
 
 
読書の時間を大切にしなさい。
 
一冊の本との出会いが
あなたの生き方を変えてくれる
ことだってあります。
 
 
− マーフィー −
 

» この記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

【 星の王子さまの名言 】本当の贅沢というものは、たったひとつしかない。それは人間関係に恵まれることだ!


1020190801keihatu.png
 
 
【 心がきれいに!星の王子さまの名言 】
 
 
(1)
 
心で見なくちゃ、
ものごとは
よく見えないってことさ。
 
かんじんなことは、
目に見えないんだよ
 
 
(2)
 
では、おまえ自身の
裁判をしなさい。
 
それが一ばん
むずかしい裁判じゃ。
 
他人を裁判するより、
じぶんを裁判するほうが、
はるかに困難じゃ、
 
もし、おまえが、
りっぱにじぶんを
裁判できてたら、
 
それは、おまえが、
ほんとに賢い人間
だからじゃ。
 
 
(3)
 
ぼくは、
あの星のなかの
一つに住むんだ。
 
その一つの
星のなかで笑うんだ。
 
だから、きみが夜、
空をながめたら、
 
星がみんな笑ってるように
見えるだろう。
 
すると、きみだけが、
笑い上戸の星を
見るわけさ。
 
 
(4)
 
どんなおとなたちも、
初めは子どもだったのだ。
 
でも、それを
覚えている人は
ほんの少ししかいません。
 
 
(5)
 
人間たちは
もう時間がなくなりすぎて
 
ほんとうには、
なにも知ることが
できないでいる。
 
なにもかも
できあがった品を、
店で買う。
 
でも友だちを売ってる
店なんてないから
 
人間たちには
もう友だちがいない。
 
 
(6)
 
人間は、
花のいうことなんて
 
いいかげんにきいていれば
いいんだから。
 
花はながめるものだよ。
 
においをかぐものだよ。
 
 
(7)
 
この子が綺麗なのは、
 
心の中に薔薇を
一輪持ってるからだ
 
 
(8)
 
それがどんなに
大事なことか
 
おとなには、ぜんぜん
わからないだろう!
 
 
(9)
 
ぼくはあの花を
愛していたんだ。
 
ただあの頃のぼくには、
花を愛するということが、
 
どういうことなのか
わからなかったんだ。
 
 
(10)
 
大事なのは、
重々しいことじゃない。
 
微笑むだけでいい。
 
人は微笑みで報われる。
人は微笑みで生かされる。
 
命を捨ててもいい、
と思うほどの
微笑みさえあるのだ
 
 
(11)
 
ある偶然が人の心に
愛を目覚めさせる。
 
すると一切が
この愛を中心にして
秩序立てられる。
 
この愛が
「これからも
 つづいていく」
という未来を想わせる。
 
 
(12)
 
ほんとうのところ、
失った仲間の代わりに
なるものは、何ひとつない。
 
昔からの仲間を
つくり出すことは
できない。
 
あれほどたくさんの
共通の記憶、
 
ともに味わったあの苦境。
 
たび重なる
言い争いと和解、
あの心のときめき。
 
この宝物にまさる
ものは何もない
 

» 続きを読む

小さなことを積み重ねると夢が現実になる!最初の一歩を踏み出す勇気があればいい!夢が叶う10の習慣


7520190601keihatu.png
 
 
【 夢が叶う10の習慣 】
 
 
(1)
 
毎日の生活の積み重ねが
人生そのものになっていく
 
「日々の習慣」こそ
自分の人生そのものである
 
 
(2)
 
一日の充実度を高める秘訣は
朝の時間を有効に使うことにある
 
 
(3)
 
周囲に「いつも幸せそう」
といわれるくらい
つねに楽しい気分で
仕事をする
 
 
(4)
 
目の前の仕事に「ワクワク要素」
を見つけることが成功習慣になる
 
 
(5)
 
人間はリラックスしているときに
最大の「力」を発揮する
 

» 続きを読む

「母の無償の愛を感じて...」かならず別れのときがやってくる!愛している人に愛しているとちゃんと伝えよう!


11520180901keihatu.png
 
 
【 母の無償の愛を感じて... 】
 
 
人生で起こることは
 
何か大切なことを気づかせて
 
くれるために起こるようです
 
 
 
桜が舞う季節のことでした
 
 
 
病院主催のお花見会に参加するため
 
病室から小さくなった母を車椅子に
 
乗せて近くの神社に足を運びました
 
 
 
母は34歳のときに
 
難病のベージェット病が発症
 
 
 
母がずっとつけていた日記には
 
ほとんど毎日のように微熱や頭痛が
 
あると書かれていました
 
 
 
私は妹と一緒にその日記を見ると
 
 
「 無理をすると発症するから 」
 
 と医者には言われていることも
 
 記されていました
 
 
 
子供たち二人が学校から
 
帰ってきたら
 
お腹を空かさないよう
 
いつもお菓子が買ってありました
 
 
 
お菓子はいつも妹と半分にして
 
分けて食べていました
 
 
 
看護婦をしていた母にとって
 
毎日のようにお菓子を買っておくこと
 
だけでも大変だったはずです
 
 
 
母は病気のため
 
身体がだんだんと
 
動かなくなっていきました
 
 
 
やがて身体に必要な栄養は、
 
毎日3度の点滴で補うように
 
なっていました
 
 
 
幼い頃に大火傷を負い
 
頭皮に後遺症が残った
 
母のこれまでの人生はきっと
 
辛かったことのほうが多かったはず
 
 
 
それでも
 
人を傷つけることは
 
決して言いませんでした
 
 
 
誰に対しても優しかったのは
 
人の痛みがよくわかったから
 
なのかもしれません
 
 
 
母の病気が進行するにしたがい
 
身体の自由が利かなくなった
 
 
 
母の身の回りの
 
お世話をすることが
 
多くなりましたが
 
 
 
そのうち
 
母を幼い子供のように
 
接するようになっていました
 
 
 
お花見会では
 
看護師さんたちが
 
桜が舞うポカポカ陽気の中
 
おでんをふるまってくれていました
 
 
 
「おでんが欲しい?」
 
 と聞くと 食べたいという
 
 
 
久しぶりに人間らしく
 
口から「おでん」を食べさせて
 
あげられることに嬉しさを感じました
 
 
 
おでんを小さく小さく刻んで
 
スプーンの上にのせ
 
口元に運びます
 
 
 
「 おいしい 」
 
 
母が本当に美味しそうに食べ
 
嬉しそうな表情をするので
 
自分も本当に嬉しくなり
 
嬉しくて 嬉しくて
 
涙がにじんできました
 
 
 
口元にスプーンでおでんを運ぶとき
 
母が自分が赤ちゃんのときに
 
今の自分が母に「おでん」を
 
運ぶのと同じようにスプーンで
 
口元に運んでいたときの映像が
 
入ってきました
 
 
 
それと同時に
 
子を思う母の愛情が
 
ポンと心に入ってきました
 
 
 
時を越えて...
 
母の愛を受け取った瞬間でした
 
 
 
そこには
 
愛しかありませんでした
 
 
 
子が存在しているだけで
 
愛おしく感じる心
 
 
 
自分のすべてを注ぎ込む
 
愛情がそこにはありました
 
 
 
母の無償の愛を感じて
 
泣き崩れました
 
 
 
おでんをのせたスプーンを
 
口元に運びながら
 
無理に微笑もうとすると
 
余計に涙が溢れます
 
 
 
こんなにも愛されていたんだ
 
と思うと涙が止まりませんでした
 
 

» 続きを読む

最近の記事



にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


転職・キャリア ブログランキングへ

過去ログ
リンク集
タグクラウド
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Copyright © 看護師転職・求人.com All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます