imaaitainara.png



■仕事内容を十分理解していない!


転職先で、どのような仕事をするのか、面接のさいにきちんと確認しないまま入職してしまう看護師さんが少なくありません。当然のことながら入職後に問題が生じます。


採用した病院側は即戦力として採用したわけですから、何をすればよいのかすでに理解していると思っています。ところが当の本人が全く理解していません。


前職と同じ診療科で働くのであれば、まだ分かりますが、そうでない場合は受身の態勢ではいけません。自ら率先して不透明な部分を質問して理解を深める必要があります。



■勝手に自分の理想通りになると思い込む


ある看護師さんは、前職と違う診療科に無事転職がきまりました。


しかし看護師として確かな経験があっても、未経験の診療科で働くため、研修のようなものがあると勝手に思い込んでいたようで、勤務初日からあたふたすることに。


職場の人達が何からなにまで教えてもらえると本気で思い込んでいたようです。


職場のスタッフは、経験のある看護師さんが来ると思っていますから、自分からなにも動こうとしない、その姿を見かねて「あなた何しに来たの?」と怒られたそうです。


これでは、期待と現実との差が大きすぎて、失望するに決まっています。


他の業種では考えられないことですが、多くの病院は、未経験でありながら転科を希望している場合でも、色々な事情があって採用してしまうケースが少なくありません。


勿論面接では、やる気が伺えたから採用したのでしょうが、受け身の姿勢ではダメです。





■下手にキャリアがある看護師にありがちな問題


またある程度キャリアがあり、スキルもそれなりに高い看護師さんの場合、「即戦力」として自分が過剰に期待されていると勘違いしてしまう場合があります。


まるで自分が現場の責任者として、現場をしきれるような錯覚を抱いてしまうケースが少なくありません。そういった思いあがりがアダとなってしまいます。


当然のことながら職場で仕事のやり方などで他のスタッフと衝突します。どんなに優秀でも、転職したら仕事と職場の雰囲気になれるまでは、謙虚さがどうしても必要です。


また、しっかり確認しなければならないのに、確認することを怠ると、入職したあとに職場に対する不満を抱くことになりますので、きちんと確認しなければなりません。