akirametakunai.png



■人間関係に問題ある職場は患者からのクレームも酷い


看護師さんが転職を決めた理由として「 職場の人間関係の悪さ 」が非常に大きな割合を占めています。よりよい人間関係を求めて転職するのは悪いことではありません。


しかし、医療機関の多くが今現在大変厳しい状況にあります。


人材不足のため、病院いよって提供する医療サービスに大きな差が生じています。


職場での人間関係が悪いところは、患者さんからのクレームも比例して多いです。


それぐらい過酷な状況にあります。ですので、あまりにも急いで転職しようとすると、「転職候補先」に対して期待が大きくなりすぎるので、注意が必要です。


例えば「転職すればこの嫌な人間関係から離れられる」といった具合です。



■転職候補先を美化しすぎるのは危険!


しかし残念ながら職場の嫌な人間関係を理由に転職したにもかかわらず、実際に入職したら、もっと人間関係がひどい職場である可能性も十分ありえます。


ですので、あまりにも転職を急ぎするのも問題です。転職を失敗させる要因となりますので、あせらずにしっかり「時間」をかけて取り組むべきです。



どこでも大なり小なり人間関係の問題があります。これは避けられない問題ではありますが、それでもよりよい環境にあるか調べられる指標に「 離職率 」があります。





■人間関係について目安となる指標について


「 離職 率」が低ければ、看護師さんの仕事や病院に対する満足度が高いということなので、一つの目安となります。しかし、自分で調べるのは大変です。


当サイトでオススメさせて頂いている「ナースではたらこ」では、幅広い医療機関に関する情報を網羅しているので、適切なアドバイスをしてくれます。


人間関係を理由に転職を繰り返さないようにするためにも、できるだけ余裕を持って転職活動する必要があります。そうすることで冷静に求人先候補をしぼりこめます。


焦って何とかしようとするのはやめましょう。


ナースではたらこ