matauragirareru.png



■ナースバンクのメリットとは?


ナースバンクは、看護師さんの求職活動を支援するだけでなく、長期のブランクがある
潜在看護師の相談から復職をサポートするため、看護協会によって運営されています。


ご存知の通り看護協会は日本全国の都道府県にあるため、日本国内の医療機関に関する
情報を幅広く網羅しているので、ナースバンクはハローワークのような存在です。


ナースバンクは公的機関なので、何より看護師さんから信用が高いです。


このため過去にナースバンクを利用されたことがなくても、ナースバンクなら安心して
利用できると考える看護師さんは少なくありません。それほど信用されています。


ナースバンクは、「e-ナースセンター」をはじめ、インターネット上に沢山のサービス
を展開していまして、求職者は膨大な「求人情報」を自由に閲覧できます。


そして、ナースバンクは看護師転職サイトとは異なり、求人先の病院やクリニックから
「紹介料」など各種手数料を請求することはないので、中立的な立場で運営してます。


ですので、例えば求人先から優先的に良い人材を紹介するようにと、特別な圧力を受け
ることはありえませんので、求職者の方々が不利益をこうむることはありません。





■ナースバンクのデメリットとは?


勿論ナースバンクには看護師転職サイトにはないいデメリットもあります。


求人情報の量は他を寄せつけないほど膨大にありますが、一つ一つの中身を精査すれば
分かるのですが、あまりにも情報量が少なく、内容が非常に乏しいです。


求職者の就職・転職活動において何より大切なのが求人の質です。


しかし、情報量が多ければ多いほど、一つ一つの中身が薄くなってしまいます。


これはナースバンクが悪いわけではなく、こういった「求人サービス」を展開していく
うえで、求人数の量を拡大すると、どうしても生じてしまう非常に大きな問題です。


仮に求人数が10万件あろうが、20万件あろうが、求人票一つ一つの内容があまりに
も乏しければ、求職者の就職・転職をサポートすることは難しいです。


この点に関する問題は「ハローワーク」と全く同じです。


例えば「給与」、「福利厚生」、「従業員の離職率」、「職場の雰囲気」、「人間関係
の問題」、「夜勤や残業が1ヶ月にどれくらいあるのか?」といった情報は重要です。


しかし、残念ながら求人票からこうした情報を調べることは出来ません。


それほど内容が薄いです。この結果職業マッチングが咬み合いません。


また情報がきちんと精査されていないので、仮に担当された職員のアドバイスを鵜呑み
にすると、あとあと問題となる可能性が高いので、自ら注意する必要があります。


基本的にナースセンターで働く職員は元々看護師ですから、本来であればば看護師さん
の仕事については勿論のこと、就職・転職活動に対する理解度も深いはずです。


しかし残念ながら色々な制限があることから、立場が変わるとそうもいっていられない
ようでして、求職者の希望を聞き、右から左に物を流すかのように手配するだけです。





■ナースバンクよりも看護師転職サイト?


民間と比較するのは気が引けますが、残念ながら「就職・転職支援」に関する知識など
に関しても、民間が運営している看護師専門の転職支援サービスよりも落ちます。


ですので、当然のことながら、実際にナースバンクを利用された看護師さんの中には、
不満の声が多く寄せられています。事実利用者の約半数は転職に失敗しています。


ナースバンクは、各都道府県に1カ所しかセンターが設置されていません。


また、営業時間も平日の午前9から午後4時までとなっているため、直接最寄りにある
センターを訪れて相談したいと思っても、これでは気が引けてしまいますよね。


ナースバンクのサービスをネットで利用できるe-ナースセンターを利用した場合でも、
求人先を紹介してもらおうと応募しても、紹介されるまでに1週間程度かかります。


このため就職や転職が決定するまでに、かなりの時間を浪費することになります。


また、求人先との条件交渉(給料など)などは、看護師さん自らが行わなければなりま
せん。このため、働きながら転職活動を行なう場合、何かと苦労します。


ナースバンクには、安心して利用できるというメリットはありますが、当サイトでは、
看護師転職サイト「ナースではたらこ」を、オススメさせていただいております。





『 こんな記事も読まれています 』