■ハローワークとナースバンクの裏事情


看護師転職サイトは、 看護師だけに特化した転職支援サービスを提供してくれます。
ですので、ナースバンクやハローワークとは極端な話、サービスの質が異なります。


これは決して大げさな話ではありません。実際にそれくらい差があるんです。


まずナースバンクを利用した場合の転職成功率は、過半数を維持できる程度です。


48%もの看護師さんが転職に失敗してしまうくらいサービスがお粗末なんです。


基本的にナースバンクやハローワークが提供してくれる求人は「公開求人」のみです。
ちなみに「公開求人」とは誰でも閲覧可能な求人のことをさします。





■看護師転職サイトは未公開求人がたくさん!


一方多くの「看護師転職サイト」が保有している好条件の求人の大半が「非公開求人」
であるため、あなたの希望にあった転職活動を有利に進めることがでます。



公開求人と非公開求人を比較した場合、求人の質の高さでいえば、圧倒的に非公開求人
の方が高いです。その差は一目瞭然で、公開求人の求人情報は全く当てになりません。


例えば「平均残業時間」「福利厚生」「給料」「休日」について詳細に記載されては
いますが、実際に聞いてみると違う場合が少なくありません。


ですので、自分で求人先に事細かに確認しないと後々大変なことになります。





■転職サービスの質が違います


ハローワークは公的機関であるため、転職活動するうえで安心感はあると思いますが、
残念ながら職員の大半は医療機関への転職・就職に関する知識は全くありません。


言葉は悪いですが完全な素人です。民間の転職支援サービスとは比較になりません。


一方、ナースバンクのスタッフの多くが元看護師です。


実際に提供してくれる転職支援に関するサービスはお世辞にもよくありません。


せいぜい転職先の斡旋と、面接日や職場見学の調整のみ行う程度です。


一方、看護師転職サイトは給料アップ交渉、退職交渉、条件交渉、職場の詳細情報収集
といった、自分でやるのが面倒なことを全て代行してくれます。


どちらが看護師さんが本気で求めている看護師の転職支援サービスであるか、言うまで
もありませんよね。是非看護師求人サイトを検討してみてください。





『 こんな記事も読まれています 』