425.png



■なぜ職場の人間関係が悪くなるのか?


御存知の通り看護師さんの仕事は、常に職場のスタッフ同士の連携が求められます。人の命がかかっているので、一人よがりな行動は絶対に許されませんよね。


このため人間関係が悪い職場で働くほど苦痛なことはありません。


人間関係の悪い職場は、医療機関に限ったことではなく、どこの業界にもあります。


事実どこの職場にも「あっ、この人嫌だな」と直感的に思う人は必ずいますよね。


職場の雰囲気が悪くなる原因には、色々ありますが、どうしても嫌な人の周りには、なんともいえない「 嫌なオーラ 」がどんよりと漂っていますよね。


それもほそのはず「この人イヤダイヤダ」と職場のスタッフ全員が思うからです。


嫌な人は、その期待に答えるかのように、嫌なことを仕掛けてくるので、心が「嫌な」気持ちに偏り過ぎないように注意しなければなりません。


そうしないと、ひたすら嫌なことが増えていきます。






■なぜ職場の雰囲気がこれほどまでに悪いのか?


なぜこのようなことがおこるのかといえば、最も大きな原因は人材不足です。


慢性的に人材が足りなくなると、現場では当然ミスが多発します。


一人あたりの看護師さんにかかる負担が増えているので無理もありません。


しかし、上からの圧力によって、より厳しく管理されることなります。


そうなるとさらに負担が大きくなります。当然嫌気して退職する人が出てきますよね。給料はそのままなのに、人が減ってしまうことで、自分の時間が削られます。


職場の問題を上司に相談するも、現場に対する理解が低いので「トンチンカンな答え」しかかえってこないこともあり、改善する方向へ動こうとしてくれません。


しかし、そのまま放置すると、より職場の雰囲気が悪くなります。


こうした負のスパイラルに陥っている医療機関が増える一方です。





■人間関係が良い職場の特徴とは


それでは反対に人間関係が良い職場は本当に働きやすい職場なんでしょうか。


その前に働きやすい職場とはどのような職場であるか考えてみましょう。


やはり良い職場というのは、そうでない職場と比較するとスタッフの数が多いです。そのため職場全体に「余裕」があるため、ギスギスしていません。


スタッフが多いので、残業も少ないですし、シフト通りに休みが取れます。


また十分なスタッフを確保するには給料などの条件をしっかり満たす必要があります。そうすることによって「 良い人材 」を確保することが出来るわけです。





■良い職場を探す簡単な方法とは?


これだけ環境がしっかり整備されていれば、仕事によるストレスは当然減ります。


そうなれば当然イライラすることもありません。


苛めたり嫌がらせをする人も少ないです。


そして職場の雰囲気を測る指標として使えるのがスタッフの離職率や有給消化率です。


指標としては、これだけで十分ですが、それ以上に大切なのは、しっかり病院見学することです。入職して後悔しないためにも、足を運ぶことがやはり大切です。


ちなみに上述した指標となる数字を自分で調べるのは困難です。


「 看護師転職・求人サイト 」を利用すれば、可能な範囲内で調べてくれます。


当サイトが唯一オススメさせて頂いている「 ナースではたらこ 」は、直接医療機関に取材しているので、情報の質が他社と大きな差があります。





『 こんな記事も読まれています 』