■メインの仕事は健康管理


デイケアにおける看護師さんの仕事についてですが、基本的に利用者さんの健康管理
がメインの仕事となっています。ですので医療的ケアを行う機会も少ないです。


デイケアなどの「 介護施設 」では、必ず医師を配置することが法によって義務づけ
られているのですが、医師は基本的に施設内には常駐していません。


というのも病院での仕事を兼任しているからです。


このため、実際に医師の先生方が施設に訪れるのは限られています。


看護師さんは医師の先生と連絡を取りながら、指示に従って適切に対処します。





■緊急時は医師に代わって対処する


デイケアは病院ではないので一般病院のように入院患者がいません。


また救急搬送されることもありません。


しかし、利用者の大半が高齢者であるため容態が突然急変することがあります。


例えばリハビリやレクレーションを行っている間に突発的に起こります。


そうした場合、看護師さんが先頭にたって対応しなければなりません。


といっても看護師さんが実際に行える医療行為は限られていますので、医師の先生の
指示に従いながら、適切な対応しなければならないので、冷静さが求められます。





■利用者とのコミュニケーションが大切


デイケアのような介護施設も「 人材不足 」のところが多いです。


バイタルチェックや利用者さんが服用する薬の管理など、利用者さんの健康管理以外
にも色々なことを行わなければなりません。介護の仕事もその一つになります。


介護の仕事にまったく興味がない人には不向きかもしれません。


レクリエーションにも参加して、利用者と積極的にコミュニケーションを取ったり、
食事介助、トイレ誘導、湿布、爪切り、胃ろう管理なども行います。


中でも利用者さんとの「コミュニケーション」は難しいです。


病棟勤務時代よりも聞く力が大切となります。


とにかく利用者さんに沢山しゃべってもらうために質問を事前に用意しましょう。





■環境の違いに戸惑うこともある?


同じ介護施設であっても、仕事内容は各施設によって微妙に異なります。


ですので、後々問題にならないようにするためにも応募する際には、求人先について
しっかり調べることをおすすめします。これだけでもかなりトラブルを防げます。


病院から転職された看護師さんの場合、環境の違いに戸惑うことも多いです。


しかし、夜勤はありませんし、勤務シフトも複雑ではないので、慣れると体力的にも
精神的にも負担がそれほど大きくないので、働きやすいと感じる方が多いです。


こうした情報を自分自身で調べるのは正直大変です。


ですので看護師転職サイトを利用して転職活動することを強くオススメします。






『 こんな記事も読まれています 』