■介護老人保健施設の特徴


特別養護老人ホーム、有料老人ホームは日勤のみです。一方「介護老人保健施設」は、
夜勤はありますが、施設によっては日勤専従の求人も少なくありません。


また残業も多くないことから、一般病院で勤務するよりも精神的にも肉体的にも負担が
小さいため、介護老人保健施設で働くことを希望される看護師さんが増えています。


しかし、負担が小さいといっても仕事が楽という意味ではありません。


要介護認定を受けられている利用者さんの多くが施設で最期を迎えます。


それまでの間は看護と介護を通じてお世話をすることになります。


認知症がかなり進んでしまっている方も多いので、イライラすることもあるでしょう。
そこをぐっとこらえて、利用者さんの行動や話を受け止めなければなりません。


看護と介護のエキスパートを目指すくらいの気持ちがなければ務まりません。






■介護施設へ転職する方法について


介護老人保健施設への転職を希望される看護師さんの多くが、ネットを中心にサービス
を提供している「看護師転職サイト」、「人材紹介会社」を利用されています。


実際に多くの看護師さんが「公開求人」をチェックしながら、「無料会員登録」しても
大丈夫と判断した企業の求人サービスを利用して、求職活動を行っています。


こうしたサービスを利用するにあたって何よりも信用が大事です。看護師さんに限らず、
ネット環境を個人で利用できる方の多くが、こうした求人サービスを利用しています。





■介護施設への転職も看護師転職サイト


当サイトがおすすめする「ナースではたらこ」には、毎月沢山の看護師さんが利用し、
専任のキャリアコンサルタントと二人三脚で希望する転職・就職を実現されています。


最近は医療機関以外の求人の取り扱いも増えていますので、「介護老人保健施設」など
の介護施設の看護師求人も増えていますので、転職・就職しやすい環境が整ってます。


介護施設そのものが病院ほど多くありませんので、求人は医療機関の求人ほど多くあり
ません。このため希望にあった求人が紹介されるのを待つことになります。





■仕事と家庭を両立させたい方に適した職場!


ここに来て一般病院に勤務する看護師さんの間で「 介護施設 」が注目されている理由
の一つに「 日勤常勤 」で働ける職場が比較的多い点があげられます。


やはり仕事とプライベート(家庭を含む)を両立したいと、考えている看護師さんには
日勤常勤の職場は理想のようです。今後さらに人気が高まる可能性が十分あります。


デイケア、デイサービスは日勤が中心ですが、介護老人保健施設の場合は利用者さんが
宿泊する設備がありますので、当然のことながら夜勤もあります。


一般の病院と異なり、緊急搬送されるようなことはありません。


しかし、利用者さんは高齢であるため容態が急変することがありますので、病棟勤務の
経験がなければ、こうした突発的な事態に冷静に対処するのはむずかしいです。


この点をしっかり考慮したうえで転職活動をスタートさせてください。





『 こんな記事も読まれています 』