naitemoichinichi.png



■看護師と准看護師の資格手当は基本給に含まれる


看護師と准看護師の資格手当は基本給に含まれているケースが圧倒的に多いです。


ですので、看護師と准看護師とでは、「基本給」に差があるわけですが、仕事に関する
内容に大きな差はないわけですから、昔ほど大きな差はなくなりつつあります。


基本的に看護師と准看護師の資格は、別途「資格手当」として支給されません。


看護師もしくは准看護師の資格がなければ、看護師として働くことはできませんから、
これらの資格にプラスアルファとなる資格に対して資格手当が支給されます。


「そんなの当たり前でしょ?」と思われるかもしれません。


しかし...はじめて転職される方の中には、「資格手当」のある看護師求人は看護師、
准看護師の資格そのものに対して資格手当が支給されると勘違いされる方がいます。


看護師と准看護師では、本来職場で出来る看護ケア(実際の現場では差はない)に差が
ありますので、「基本給」は看護師の方が准看護師よりも高めに設定されてます。


つまりこの差額が看護師、准看護師の資格手当の差となります。


看護師さんが働ける職場は、大学病院、公立・私立の病院、診療所などです。


最近は、企業の医務室や健康管理室、保健所、老人保健施設など、高齢化社会が進むに
つれて、一般の人達の間でも健康に関する意識が急速に高まっています。


このため、看護師と准看護師の活躍の場は、年々着実に増えていますので、将来的に
看護師としてどうなりたいか、目標と目的を明確にする必要があります。


そうしないと、各職場にある見えない職場カーストに嫌な思いをすることになります。
そうならないためにも、目標・目的にあわせてキャリアを高めて行きましょう。





■基本給に差がある理由について


基本的に看護師の資格は「国家資格」です。看護高等学校、看護専門学校、看護短大、
大学で勉強し、卒業すると看護師国家試験の受験資格が得られます。


一方、准看護師は看護高等学校で勉強し、卒業すると都道府県知事試験の受験資格が
得られ、試験に合格すると都道府県知事から准看護師の免許が交付されるます。


つまり看護師のほうが資格取得するまでに勉強する期間も長く、医学や看護に対する
知識が深いわけですから、基本給(資格手当含む)に差があります。


看護師と准看護師では、学校で習得している看護に関する知識も技術も異なります。


しかし、職場での実務に関しては大きな差はありません。このため、准看護師は看護師
よりも安い賃金で雇用できることから、個人病院や診療所では広く就職先があります。


ただし、高い「看護基準」を満たすことで、一段高い「診療報酬」を得たいとする病院
では、残念ながら准看護師を採用していないところも現状では少なくありません。


繰り返しになりますが、実際の職場で看護師、准看護師の仕事に差はありません。


しかし、より長時間にわたって学ばなければならない分、医療に関する知識やスキルは、
看護師の方がありますので、それに見合った仕事に就くことができます。


このため法律上は、准看護師は看護師の指示に従って補助的な仕事を行うことになって
いることから、准看護師が師長などの「役職」につくことはできません。





■時間をかけて納得する求人を選びましょう!


実際に勤務される医療機関によって「基本給」が微妙に異なります。


しかし、どの職場でも、実務に関しては看護師と准看護師の仕事内容に特別大きな差は
ありませんが、病院によっては著しく准看護師の基本給が低いケースもあります。


また給与、昇格に関しては、看護師と准看護師とでは明確な差があります。


この点についても、きちんと調べる必要があります。


後になって嫌な思いをしないためにも大切です。


ですので多少時間がかかったとしても、入職されたあとに自らの選択を後悔しないため
にも、ご自身で納得できる仕事内容と基本給を支給してくれる職場を選ぶべきです。


求職活動を行なうのであれば、看護師求人の質が何より大切です。この点に関しては、
ハローワークよりも、看護師専門転職サイトを利用されることをオススメします。





『 こんな記事も読まれています 』