■給料アップのためにも昇給は何より重要!


基本給が昇給することによって、給料(年収)が増えます。


ですので、昇給があれば確実に労働意欲が増しますし、職場の士気も高まります。


特に昇給額が予想を超えると、モチベーションがより高まりますよね。


反対に昇給額が小さいと、「これくらいしか評価されていないのか」と思ってしまい
ますので、仕事に対するモチベーションは一気に下がってしまいます。


病院側も、従業員は昇給すれば、色々な点で良い働きをしてくれることを知っている
わけですし、上手く利用すべきだと思うのですが、非常に難しい状況にあります。


日本国内にある病院の実に半数以上が赤字経営で火の車だからです。


このため、毎年かならず昇給があるとは限りません。





■年齢や勤務年数によって昇給額が異なる


しかし働く側からすれば、昇給が全くないよりも、小額でも昇給があった方がいいと
思いますよね。昇給の額は勤務年数が長いからといって多いとは限りません。


実際にはその逆の場合が圧倒的に多いです。


ベテラン看護師さんの中には昇給があっても1000円以下ということもあります。


看護師さんの年齢によっても昇給額が大きく異なります。


若い看護師さんのなかには昇給額が5000円以上に設定される場合が少なくありま
せん。年収で6万円以上増えることになるので、決して小さくありません。





■ベテラン看護師の昇給に対する根強い不満


仕事の中身とその責任がほぼ同じでありながら、「昇給額」に大きな差があることに
ベテラン看護師さんの中には、不満に感じている方が意外と少なくありません。


お給料の総支給額が若手看護師さんよりも多いということを忘れています。


こういったことを経営陣はきちんと説明する義務があります。


しかし長年勤務していると、例え一従業員であってもは経営に関してある程度理解を
示してくれると一方的に思い違いをしている経営者が少なくありません。


これは病院だけでなく、一般の会社でもいえることです。注意しないと、ベテランの
従業員が一方的に不満を抱えたまま、職場の士気を著しく下げる行動を取ります。





■転職する場合は過去の昇給額を調べる


実際に病院によって、昇給のシステムも金額も異なりますので、転職するのであれば
過去のベースアップの実績も重要な「判断材料」となります。


ただ漠然と昇給を期待しても意味がありません。


逆に裏切られることのほうが多いです。そうならないためにも過去のペースアップの
実績を把握します。そうすればどれくらいが妥当かが見えてきます。


そういった情報は自分で調べるのは非常に難しいです。


しかし、「看護師求人サイト」を利用すれば簡単に調べてくれます。





『 こんな記事も読まれています 』