■週休3日で家庭と仕事を無理なく両立できます!


人材不足を解消するために多くの医療機関では「勤務シフト」の柔軟性をより高めて
従業員が働きやすい環境を整備することによって人材確保に努めています。


実際に看護師さん一人あたりにかかる負担を軽減しようとする動きが広がっています
ので、将来的に「労働環境」が大きく改善されることが期待されています。


そうすることによって離職率が低下し、人材を安定的に確保できると考えています。
ですので週休3日の看護師求人は今後さらに増えることが予想されます。


最近は家庭を持つ看護師さんが離婚するケースが増えています。


常勤で働くと家族と過ごす時間が削られてしまい、すれ違いが多くなります。


看護師さんの仕事は女性が就く仕事の中でもかなり高収入です。このため自分の稼ぎ
だけで十分生活できてしまうので、離婚に踏み切りやすいとされています。


そうした中で週休3日であれば、プライベートをしっかり充実できます。


家庭がある子育中のママさん看護師でも週休3日であれば無理なく働けます。


ご主人が一般の会社に勤務されている場合でもすれ違うことはありません。


また他のスタッフに気兼ねすることなく休めるので、子供や家族との時間を優先する
ことができますよね。理想的な環境で働けるのは本当に幸せなことです。





■週休3日の看護師求人はこんな方にもおすすめ


週休3日の看護師求人は、圧倒的にパートやアルバイトが中心です。


しかし医療機関によっては、パートやアルバイトだけでなく、「正職員」で週休3日
の看護師求人もあります。代表的なのが美容関連のクリニックです。


デイケアなどの介護関連もありますので、根気よく探しましょう!


週休2日もありがたいですが、どうしても仕事の疲れを取ることに時間を取られます
ので、「休みの日は寝てます」という看護師さんも少なくなりません。


しかし、週休3日であれば自分の趣味にあてることが無理なくできます。


これまでがむしゃらに働いてきたベテラン看護師さんの中には、限界を感じ始めてる
方もいらっしゃると思います。そうした方にも週休3日の職場は魅力です。


疲れをしっかり取ることができるので、無理なく現役を続行できます!





週休3日ならダブルワークも十分可能!


週休3日で勤務している看護師さんのお給料は、当然のことながら週休2日で働いて
いる看護師さんよりも少ないですが、一般の会社の女性社員よりも稼げます。


しかし、もっと稼ぎたいのであれば、ダブルワークも十分可能ですよね。


夜勤専従のスポットのお仕事は月1〜2日程度でも働けます。


1回3万円〜4万円が相場となっています。これで十分足りない分をカバーできます。


子育てに解放されてから、週休2日の「病棟勤務」に戻るのも一つの手です。


週休3日の職場はデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いです。






『 こんな記事も読まれています 』