■扶養手当が支給されケースとは?


病院によっては家族手当同様に「 扶養手当 」が支給される所が少なくありません。


特に最近は「 結婚・出産・離婚 」を経て、シングルマザーとして働く女性看護師さん
が多いので、常勤で勤務されている場合は扶養手当が支給される可能性が高いです。


シングルファザーとして常勤で勤務する男性看護師さんの場合も同様です。


また本人が結婚していなくても、両親と同居して家長として両親を扶養している場合も
支給されるケースがありますので、必ず求人先に確認しましょう。


ちなみに一人あたりの手当は5000円前後なので、それほど高くはありません。


しかし、年間にすると結構な額になりますので、本当にありがたいですよね。


大きく昇給することはないので、こうした諸手当が付与されるのは助かります。


しかし手当ばかりに目がいってしまうと失敗する可能性が高いので注意しましょう。





■扶養手当を基準に求人を選ぶと失敗する?!


家族と同居しているだけの場合は、扶養手当が支給されることはまずありません。


扶養していることを証明できなければ適用されません。


また、全ての病院で扶養手当が支給されているわけではありません。


実際のところ扶養手当を支給していない病院が多いです。


どちらかというと扶養手当を支給しない方向に動いています。


雇用される側からすれば、「総支給額」が増えるのであれば、扶養手当であれ、なんで
あれ手当が支給されるのは嬉しいわけですが、注意点がいくつかあります。


求人を選ぶさいに「扶養手当」を基準に選ぶのはオススメできません。


仕事内容や勤務体制、労働条件、基本給などの条件を総合的にみて判断する必要があり
ます。家族手当以上に職場に魅力を感じなければ、当然のことながら長続きしません。





■扶養手当を支給している求人先の特徴とは?


扶養手当ありの看護師求人の特徴としては、扶養手当以外にも色々な手当を支給してる
傾向が強いです。夜勤や準夜勤などの変則勤務を労うための物が比較的多いです。


例えば「交代勤務手当」などです。諸手当が多いと良心的に思えてしまいますよね。


これは夜勤手当とは別になっています。交替勤務手当は、日々過酷な労働を強いられる
交代勤務を行なう看護師さんを労うために支給されるものです。


また「超過勤務手当」「時間外手当」「残業手当」は、所定労働時間外の勤務を行った
ことに対して支給される手当ですが、看護師さんの給与の多くの部分を占めています。


ですので、総支給額はかなりの金額になりますが、基本給をベースにボーナスや退職金
が算出されるので、基本給が低いと結果的に損することになります。


そうならないためにも、きちんと基本給と諸手当をトータルで検討しましょう。






『 こんな記事も読まれています 』