■産休代替看護師とは?


派遣の仕事も過去数年間で大幅に規制が緩和されたことによって多様化しています。


今まで以上に派遣が医療業界に占めるウエイトが大きくなることが予想されており、
規制緩和がさらに進むと、派遣看護師でも時間単位で働けるようになります。


看護師さんにとって働きやすい環境が将来的に整備されると、期待されています。


派遣のメリットについてですが、派遣を利用すれば「期間限定」の仕事に比較的容易
に就くことができるので、転職・就職活動にかかる時間を短縮できます。


派遣の利用についてですが、まず最初に派遣会社に登録しなければなりません。


そこで自分の希望を伝えれば、それに合わせた仕事を紹介してくれます。


派遣の場合は働き方に関して、それほど制限されることはありません。


仕事期間が6ヶ月から1年位であれば「産休代替看護師」としての仕事があります。


ここでいう「産休代替看護師」とは、産休などを理由に長期間にわたって職場を離れ
なければならない常勤看護師の代わりとして病院や施設などで働きます。





■色々な職場を経験できる!


大手の「 派遣会社 」が看護師さんを派遣する職場として代表的なのが、大型病院の
病棟や外来勤務です。経営規模が小さい個人経営のクリニックもあります。


また医療機関だけでなく、特養や老健、デイサービスなどの介護施設もあります。


医療機関だけでなく、介護をはじめ様々な分野で看護師さんが不足しています。


「集団検診」や「訪問看護」などの仕事も期間限定であります。


実際に派遣の仕事は幅広いです。様々な職場で働くことができるので、看護師として
のプラスにこそなれど、マイナスになることは決してありません。


再び常勤看護師として働くさいに、派遣で働いた経験が大いに役に立つことでしょう。





■自分探しのチャンスがいっぱい!


派遣の仕事を通じつて、看護師としての適性を見出す人が少なくありません。


自分に向いている仕事や職場を知るいいきっかけになります。


派遣の仕事が終了しても、おなじような職場で働けばいいわけです。


例えばこれまで長い間大型病院で働いてきた看護師さんが、派遣の仕事を通じて介護
施設での仕事に「 やりがい 」を見出すことも少なくありません。


普通に常勤として働きながら他の職場を転々としたら、キャリアに傷がつくだけです。


しかし、派遣の仕事は契約期間をすぎれば、他の職場へ移行しなければならないわけ
ですから、キャリアに傷つくことはありませんし、逆にプラスに動きます。


看護師さんの仕事は専門性が非常に高いので経験がなにより評価されます。


派遣の仕事を通じて新らしい自分を発見するチャンスでもあります。ただ我慢して、
働き続けるよりも、派遣の仕事をきっかけに変化を求めるのも一つの手です。





『 こんな記事も読まれています 』