67.png


■常勤看護して働くのが困難になったら?


現役で働く看護師さんの約9割は女性です。男性看護師の数も過去十年で大きく伸び
たと言われていますが、それでも全体の8%程度なので1割に達していません。


しかも看護師の資格を取得するまでに大変な思いをしたにも関わらず、看護師として
常勤で生涯働き続ける人は、殘念ながらそれほど多くありません。


事実、潜在看護師の数は右肩上がりで増え続けており、すでに60万人に達してます。


女性の場合は結婚や出産など様々な事情によって、常勤での勤務が困難となります。


例えば子供が小さいときには「 子育 」がありますし、子供が無事成人したころには
両親の「 介護 」もありますので、そうなると常勤で働くのは困難です。


無理して働き続けても、必ずといっていいほど身体を壊してしまいます。


そうなれば「 夜勤 」ができなくなってしまいますので、どんなに頑張っても病院側
から「 常勤 」として働くことを拒否される可能性が高まります。


ですので、無理せずアルバイト看護師(非常勤)として働く方が得策です。





■看護師の資格を最大限に活かしましょう!


常勤で長年勤務しながら、事情があって退職し、その後看護師の仕事に復帰すること
なく、近所のスーパーでレジ打ちのパートで働いている方が少なくありません。


本当にもったいないですよね。スーパーのレジ打ちですと、せいぜい900円くらい
ですが、アルバイト看護師さんの時給は2000円前後が相場となっています。


常勤看護師のように勤務シフトの縛りもきつくありません。


自分のペースで働くことが出来る点もアルバイト看護師として働く大きな魅力です。


看護師の資格を持っていると、これほどまで有利に働くことができるんです。


どこの病院も経営は厳しい状況にあるので、勤務シフトを細分化し、こま切れで人材
を人材不足が深刻な職場に配置して、何とかその場をしのいでいる状態です。


しかし、これがアルバイト看護師のような非常勤にとって非常に有利です。


週二日からOKだったり、午前中だけでもOKだったり、自分の都合に合わせて働けます。





■アルバイト看護師の求人はたくさんあります!


アルバイト看護師として働ける医療機関は常勤の求人以上に沢山あります。


アルバイト看護師として働けば、今現在あなたがおかれている状況に合わせて働ける
ので、家庭を再優先し、家庭と仕事の両立が無理なくできます。


アルバイト看護師の求人は、経営規模が大きな大型病院だけではありません。


個人経営のクリニックや老人福祉施設、介護保険施設でも募集しています。


また、一般企業などでも幅広く募集していますので、長期間のブランクを生じさせる
ことなく、アルバイト看護師として働き続けることをおすすめします。


とくに結婚された若い女性看護師さんの場合、旦那さんのお給料だけで生活するのは、
厳しいケースが多いので、アルバイト看護師として働いて、家計を支えてます。


出来るだけ時給の高い職場で毎日4時間程度働けば、それなりの額になります。


扶養控除の範囲内で働けば、無理なく家庭と仕事を両立することができます。





『 こんな記事も読まれています 』