■考えれば考えるほど不安になる!


長期のブランクがある看護師さんが再就職するにあたって問題は特にありません。


どこの医療機関も人材不足であるため、「潜在看護師」を積極的に採用しようとして
います。そのために研修プログラムを独自に設けている病院も年々増えています。


そうした病院なら入職して研修を受けたのちに職場に配置されるので、慣れるまでは
大変かもしれませんが、無理なく「復職」することができます。


唯一問題があるとすれば、求職活動に入る前に色々と考えてしまうことです。


「以前のように働くことが出来るのか?」「ハードな仕事をこなせるのか?」など、
自問自答を繰り返す度に自分自身を不安に落ち入れる答えしか返ってきません。





■仕事と家庭を両立させるためには?


常勤で働くとなると、病院によっては日勤と夜勤の両方行わなければなりません。


慣れるまでは生活リズムを安定させることが難しいです。


しかし、最近では看護師さんの働き方も多様化していますので、常勤であっても日勤
のみで働ける病院が増えてます。こうした病院で働けば仕事と家庭を両立できます。


無理して日勤・夜勤を行なうも、体調を崩して仕事を辞めざるえないケースもありま
すので、家庭と仕事を両立させるためにも、無理してはいけません。


過去に仕事で無理がたたって身体を壊してしまった経験があるのであれば、なおさら
のこと「 勤務条件 」に関しては慎重になったほうが良いでしょう。





■妥協すると後で後悔することに!


看護師転職サイトを利用して再就職するのであれば、家庭と仕事を両立させるための
条件を申し出てください。夜勤が無理なら「夜勤なし」ときちんと伝えましょう。


ブランクがある看護師さんの中には、内定が欲しいがために無理して求人先の条件を
一方的に受け入れようとする方が少なくないのですが、これは得策ではありません。


入職してから後悔するのは目に見えています。無理して働いても長続きしません。


しっかり現状を把握して、それに合わせて条件を設定しましょう。


勿論健康に自信のあるならば全く心配する必要はありません。


長期のブランクがあっても復職直後から昼夜関係なく働く看護師さんもいます。


しかし、全員が全員こうした方のように働けるわけではありません。





■条件を絞り込むことの重要せいについて


色々不安があるでしょうが、まずは最初の一歩を踏み出すことが肝心です。


いきなり求職活動をスタートさせるよりも、看護師転職サイトに再就職について相談
することから始めてみることをオススメします。その方がストレスなく復職できます。


ブランクがあって、そこのとで再就職するにあたって色々悩まれてきたのですから、
最初から無理せずに、条件にあった理想の職場を探してもらいましょう。


「希望の診療科」、「働ける時間帯」、「夜勤なし」、「日曜出勤なし」、「給料」
「勤務可能エリア」、「子供の送り迎え」など、条件を具体的に伝えてください。


家庭と仕事の両立は不可能ではありません。ブラングがあっても再就職は可能です。
看護師転職サイト「ナースではたらこ」では全面的にサポートしてくれます。





『 こんな記事も読まれています 』