■新人看護師は仕事に慣れるまでは辛抱!!


新卒で看護師として始めて就職し、理想と現実の違いを経験して初めて見えてくるもの
があります。しかし、初めての職場であるため、比較検討する過去がありません。


このため今いる職場が自分にとって「良い」「悪い」でしか判断できません。


仮に職場に対する不満があれば、しばらくは不満が続きます。


これに耐えかねて答えを出すことを必要以上に急ぎます。


「他にもっと自分にあった職場があるはずだ」といった思いから転職に踏み切るケース
が少なくありません。それも一つの経験として考えれば「あり」だと思います。


しかし注意しなければならない点がいくつかあります。


もっと良い職場があると思って転職したら、前職よりも「ひどい職場」だったと、入職
して分かることもありますので、こうならないように気をつけなければなりません。


とくに病院での人間関係の問題は複雑ですから、常に転職(退職)理由のトップです。


看護学校時代には到底想象つかないほど深刻な場合もあります。


働き始めてすぐに退職したくなる気持ちも良く分かります。


看護学校の実習で出来たことが実際の現場で出来ないことも多いです。


また知らないことも沢山あって、一つ一つ教えてもらわなければ到底できないわけです
から、看護学校で一生懸命勉強して何とか手にした自信は吹っ飛びます。






■夜勤専従看護師と夜勤パートの違い


仕事を覚えることで精一杯、とても患者さんや職場の人間関係まで手が回りません。


毎日一生懸命頑張っているにもかかわらず、「仕事の飲み込みが悪い」「要領が悪い」
「仕事が遅い」「気が利かない」などど言われたら、誰だって落ち込みます。


また職場の上司や先輩看護師だけでなく、患者さんとの人間関係が悪化すれば、仕事に
集中できなくなり、色々と頭で考えてしまうため失敗することもよくあります。


無理に我慢して出勤すれば、精神的に病気になることもあります。


希望に満ちた新人看護師は、仕事に慣れるまでは大変です。


心身ともに疲れ切ってしまうことも少なくありません。


考えれば考えるほど悪いことしか考えられなくなり、どんどん自信がなくなります。


次第に「自分は看護師に向いていない」と思い悩むようになってしまいます。


しかし、こればっかりは誰もが通る道です。


今現在職場で淡々と仕事をこなしている上司や先輩方も昔は何も出来ずに悔しい想いを
しながら仕事を一つ一つ覚えていたのですから、思い悩む必要はありません。


仕事の悩みはきちんと仕事をこなせるようになると嘘みたいに解消されます。


できるだけ早く仕事を覚えて自分も他の職場の人たちを楽にさせてあげましょう。





■仕事ができるようになると人間関係もよくなる?


仕事を効率よく覚えるために毎日必ずメモを持参して、メモをとってください。


上司や先輩が教えてくれたことは必ず書いて下さい。


教えてもらったらかならず「ありがとうございます!」の一言を忘れないでください。


自宅に戻ってから、これらのメモをノートにまとめて清書します。


今日覚えたことや習ったことを具体的に書いていきましょう。そして、失敗に関しては
「なぜ失敗してしまったのか?」その原因と改善策を書いていきましょう。


頭だけで理解しようとすると混乱します。こうすることで理路整然としますので、次第
に対応できるようになりますし、仕事のスピードも少しずつですが上がっていきます。


そうすると徐々に周囲の人達から認められます。


そうなれば、人間関係も次第に良い物に変化していきます。


あせるとパニックになるので、自分のペースを守って進んでいきましょう!


もしこれらのことをクリアしても、一向に職場における様々な問題が解決されないので
あれば、転職を検討しましょう!それからでも全然遅くありません!


といいますのも、この時点でかなりの事ができるようになっているので、自信を持って
次の職場へ転職できますし、即戦力として活躍することができるでしょう!!





『 こんな記事も読まれています 』