murinisukini.png



■専業主婦が再就職するきっかけ


結婚・出産をきっけに一度は病院を退職し、以降長い期間専業主婦として頑張ってきたママさんも、子育が一段落すると看護師として「再就職」することを検討し始めます。


再就職を検討し始めるのには何段階かありまして、最も多いのがお子さんが2〜3歳になるころです。丁度子育てがそれまでよりも手がかからなくなる頃ですよね。


ブランクもそれほど長くないので、再就職するにあたって、不安も大きくありません。しかし、病院に託児所や保育所がなければフルタイムで働くのは中々難しいです。


一般の保育園に通いながらですと、お子さんが万一発熱など体調を崩し、保育園側から迎えにくるように呼び出されても、直ぐに対応することができません。


病院に託児所があって、入職後すぐに利用できるところを探す必要がありますね。


また旦那さんをはじめ家族の理解が必要です。しっかり相談しなければなりません。


ですので、焦って常勤で働くのはオススメしません。


それよりも2〜3日程度パートで働き始めることをオススメします。


長期ブランクを生じさせないためにも、敷居が低いパートで働くのは非常に有効です。ですので、子育てから完全に解放された時点で常勤として働くほうがいいでしょう。






■なぜ長期のブランクが生じるのか?ブランクが障害になるのか?


再就職しようと思っているところに第二子を妊娠されるケースは少なくありません。


二人目のお子さんが生まれると、当然子育て期間が長引きます。


その分ブランクがどうしても長くなります。すでに子育てに慣れいますので、それほど手がかかりませんが、それでも4〜5年のブランクが生じてしまいます。


これくらい長期化すると、再就職したくても、復職することに抵抗があります。


どうしても「仕事に対応できるか?」と、考えてしまうからです。


また三人目ともなれば、子育てが一段落するまでに、10年近いブランクが生じます。


これほどまで長期化すると、さすがに再就職することをあきらめてしまいます。


ですので、復職するのであれば30代で復職されることをオススメします。





■10年以上ブランクがあってもある条件を満たせば大丈夫?!


結論から申し上げると、10年以上ブランクがあっても復職することができます。


ただし、条件があります。長期のブランクがある看護師さんでも受入れて、育てる体制(教育・指導)がある病院であれば、転職して働くことができます。


こうした病院では師長さんをはじめ、先輩看護師さんが手取り足取り教えてくれます。


実際にブランクのある看護師さんを育てている病院は実際にあります。


しかし、大抵の病院はそのような余裕はありません。職場は毎日戦場のようです。


10年もブランクが生じると採血も点滴も「緊張・恐怖」で手が震えます。


慣れるまでは、職場の他の看護師さんに色々と教えてもらわなければなりません。


忙しいとどうしても声を荒らげてしまうので、「いじめられた」と思ってしまいます。


自分よりも年下の看護師にこうした態度を取られると、余計にそう思うようです。





■専業主婦が再就職するきっかけは子どものためが多い?


子供が大きくなるにつれて、お金がかかります。


例えば上の学校に進学するために塾に通ったりすれば、毎月月謝がかかります。


進学すればしたで高額な学費が必要となりますので、親として心が休まりません。


子供が二人以上いる場合、どうしても旦那さんの給料だけでは生活が厳しくなります。このため家計を助けるために看護師の資格を生かして復職することになります。


どんなに大手の会社に勤務していても、業績が一度悪化すれば大量のリストラを行なうケースが少なくありません。夫婦共働きでこうしたリスクに備えるのも一つの手です。


看護師の資格は強いです。きちんと資格を有していれば再就職することができます。


しかし看護師の仕事を辞めてからブランクが長い人は、当然仕事に対して不安です。


身を持って看護師さんの仕事が大変であると体験しているだけに、退職する前のように若くない今、病院での仕事についていけるのか不安に感じるのは無理ありません。





■再就職の壁を作り出すのは?


家庭に入っている間に、医療技術の進化にともなって医療機器も進化しています。


新しい機器が導入されると病院内の仕事もそれにともなって変化します。


医療機器はコピーを取る感覚で自由に使える物ではありません。使用に関しては厳しく管理されていますので、医師の先生だけでなく看護師さんの役割も変化します。


また、退職する前にはなかった新しい看護技術が導入されているかもしれません。


仕事についていくことが出来るか不安にならないほうがおかしいです。


しかし、ご安心下さい。再就職に向けてしっかり準備すれば全く問題ありません。


潜在看護師の中から復職させる動きが全国的に活発化しています。


また、看護師さんが働けるのは医療機関だけではありません。一般企業の医務室でも、看護師の仕事はありますし、介護の世界でも看護師さんが求められています。





■不安を解消するために再就職支援セミナーを受講しましょう!


深刻な看護師さん不足を解消すべく、病院だけでなく自治体が支援する恰好で再就職を希望する潜在看護師さん向けに再就職支援セミナーを開催しています。


こうした再就職支援セミナーを受講してから再就職すれば不安は大幅に軽減されます。


しかも受講料は「無料」となっていますので、受講して得することはあっても、損することは絶対にありません。受講することで確実に再就職の道を前進できます!


自宅周辺でこうした再就職支援セミナーを行っている病院を探す方法としては、やはりネットでの検索が一番早いですし、最新の情報が入手しやすいです。


検索方法としては、ヤフーやグーグルで「地域名+看護師+再就職セミナー」と、入力すれば病院や市役所などのページ情報が検索結果として表示されます。


また、看護師転職サイトを利用すれば、専任のキャリアコンサルタントが、親切・丁寧に対応してくれるうえに、面倒な手続きをすべて代行してくれるので安心です。


最短距離で復職するためにも、看護師転職サイトを利用されることをオススメします


受講すれば、これまでの不安が解消されると思いますので、是非参加しましょう!




『 こんな記事も読まれています 』