■再就職のための環境がしっかり整備されています!


インターネットが普及する以前は、長期のブランクがある看護師さんの再就職を支援
するサービスは少なかったので、実際に復職するのは本当に大変でした。


復職を決意してから就職活動までの道のりも遠く、求人探しをはじめ、自分で何から
何までやらなければならないので、諦めてしまうケースが少なくありませんでした。


しかし、今では当時とは比較にならないほど環境が大きく変わり、再就職を支援する
ためのサポート体制が整備されていますので、再就職は決して難しくありません。


再就職を支援するサービスの代表が再就職を支援する研修やセミナーです。


こうしたサービスは、深刻な人材不足を解消するためのもので、中身に関しては統一
されているわけではなく、市町村や、県の看護協会によって微妙に異なります。


またネットの高速化がここ数年で一気に進んだことによって、病院での臨床実習だけ
でなく、eラーニングを採用することで、よりフォローしやすい環境が整っています。


こうした研修やセミナーの受講生は、ストレスなく復職するために看護に関する基礎
技術を動画で空いている時間を利用して自宅にいながら学ぶことができます。





■完璧になんでもやろうとすると苦労する!


また、研修を修了した後についてですが、残念ながら全ての看護師さんが再就職する
わけではありません。「自分にはもう無理だ」と諦める方もいます。


しかし研修を受けたことで看護師として自信を取り戻す方も多いです。就職希望者は、
研修やセミナーを開催した医療機関などに就職の申込みを行なうことができます。


実習に関しても、各医療機関がそれぞれ独自のプログラムを用意しています。


受講者の皆さんは、実践しながら「看護技術」の基礎演習を行なうことができます。


そうすることで徐々に感覚を取り戻すことができるように設計されています。





■さらに学びの質を高めていく!


実習は、一人で行うわけではありません。必ず他の受講生達と一緒に行いますので、
交流しながら受講できるのも、こうした研修を受講する大きなメリットです。


同じような状況にある方が参加しているので、再就職すうるえでの色々な悩みや不安
を共有しながら軽減できますし、人によっては生涯の友ができます。


最近では様々な感染症が社会問題になっており、メディアをにぎわす機会が多いです。
一般の人達から対策するために意見を求められる機会も実際に多いです。


このため最近では感染管理についても研修で学ぶことができます。


それ以外でも医療機器の取り扱い方から心肺蘇生法などの研修もありますので、
再就職できたからもういいではなく、さらに学びの質を高めていくことが大切です。





『 こんな記事も読まれています 』