■安心して再就職できる環境が整っています!


再就職の支援を受ける方法については、一番確実なのは各都道府県の「看護協会」や
「医療機関」、各市町村の「自治体」にお問い合わせいただくことです。


各支援サービスについて新設に教えてくれます。また看護師転職サイトを利用すると、
あなたの代わりに色々と調べてくれますので、不安であればこちらがベストです。


ブランク期間が長ければながいほど再就職することに対して不安があるかと思います。


しかし、現状では各都道府県の看護協会をはじめ積極的に「潜在看護師」の再就職を
支援していますので、安心して再就職するためのサービスを利用できます。


最近では慢性的な人材不足を解消するために多くの医療機関が必死です。団塊世代の
方々が過去5年間に渡って大量に引退したため、人材が手薄な状況が続いています。


このため地方では名のある大学病院でも「復職セミナー」を頻繁に開催していますし、
市役所でも講習会が行われていますので、万全な体制が整っています。





■ネットで簡単に調べることができます!


インターネットの普及によって、これまで以上に再就職しやすい環境が整いました。


インターネットで「地域名 看護師 再就職支援」と入力すれば関連情報が抽出される
ので、その中から色々と希望にあったサービスを探しだすのも一つの手です。


意外と見落とされているのが、県の看護協会のホームページです。


しっかり更新されているので、最新情報がいつでも入手できます。


また研修内容や実際にセミナーを受講した看護師さんが復職するまでの体験談なども
閲覧できるので、復職までの明確なゴールをしっかりイメージすることができます。


申し込みに関してもホームページからの簡単にできます。


県が実際におこなっている再就職を希望する潜在看護師の支援活動に関するこれまで
の経緯が記載されているので、復職までの道のりが自分で描くことがます。


復職支援セミナーを受講して、「復職したい」という意識を高めることが出来る点が
大きなメリットです。再就職を実現するための大きな原動力となります。





■最短距離で再就職する方法とは?


最短距離で再就職したいのであれば、「復職支援プログラム」がある医療機関に就職
することです。ブランク期間が長くても研修期間を経て入職することになります。


つまり、すぐに職場に配置されることはありません。


業務の流れを把握してから職場へと配置されるので、ストレスが大幅に軽減されます。


またプリセプター制度を導入している病院も増えています。


先輩看護師が入職したばかりの新人について指導してくれますので、職場に一人置き
去りにされるようなことはありませんので、安心して働くことができます。


潜在看護師さんの最も気になるのは仕事と家庭との両立についてじゃないでしょうか。
この点に関しては、ママさん看護師が多い職場ほど働きやすいと判断できます。


具体的には子育て支援として、病院の中に託児所があったり、福利厚生に手当が含ま
れているケースもあります。ので、こうした医療機関に就職すれば問題ありません。





『 こんな記事も読まれています 』