17.png



■再就職は気負いすぎると挫折します!


看護師さんの多くが、「結婚・出産」をきっかけに家庭に専念することになります。


このため必然的に長期間にわたるブランクが生じることになるわけですが、これは何も
看護師さんだけではありません。一般の会社で働く女性にもあてはまります。


これが女性の「社会進出」を妨げる大きな要因の一つとなっています。


そして。子育てに手がかからなくなると「再就職」するための準備にとりかかります。
どうしても子供が大きくなるに従って色々とお金がかかるので無理もありません。


とはいっても、まだ再就職を検討し始める段階です。


つまり、当面はお金の心配はないので、無理して働かなくてもいい状態にあります。


このため再就職を検討するだけで終わってしてしまう可能性が非常に高いです。


長期のブランクがありながら再就職するには、しっかりとした目的がなければ難しく、
いざ再就職しようと思っても、色々と考えてしまうので、後ずさりしてしまいます。


あまりにも気負いすぎると高い確率で挫折しますので、最初からいきなり常勤で再就職
するよりも、パートやアルバイトで働きはじめることをオススメします。


非常勤看護師としてであれば、ある程度自分のペースで無理なく働けます。


また、長期のブランクを生じさせなくてすみますし、ある程度自信ついてきたところで、
常勤として就職し直すこともできますので、あせる必要はまったくありません。


自分の自由にできるお金を稼ぐくらいの気持ちで働きに出るほうが、看護師として復職
することが容易になります。余裕がありながら、無理に常勤で働く必要はありません。






■退職してすぐに再就職する場合の注意点とは?


看護師として再就職される方は、子育てや家事など家庭の仕事を優先させなければなら
ないために長期にわたるブランクが生じてしまった方ばかりではありません。


実は退職したばかりの看護師さんも多いです。長期間にわたって同じ職場で働き続けた
看護師さんのなかには在職中に転職活動しない方も少なくありません。


求人は沢山ありますので、再就職するうえで特に困ることはないと思います。


しかし、いくらブランクがないからといっても、再就職するためには準備が必要です。
何も考えずに条件がよい求人票の中から次の職場を選んでしまうのは大変危険です。


前職よりも職場環境が悪いところへ就職することになる可能性が高いからです。


せっかくの機会ですから、さらに看護師として一段上を目指してみるのもいいですね。


そのためには適切な職場を選ばなければなりません。色々な情報を精査しながら準備が
必要ですし、研修に参加して、より高度な看護技術や知識を勉強することも大切です。





■再就職セミナーは絶対に受けたほうがいい?


ブランクがあってもなくても再就職先を探す前に「再就職セミナー」を受講されること
をオススメします。ブランクがある方は、一から看護を学びなおすことができます。


ブランクがない方の場合は、看護技術や知識を人に教える方法を学びます。


そうすることによって、これまで身につけたものがより確かなものになります。


また、看護師としてさらにスキルアップするうえでも非常に役に立ちますし、他の病院
では「どうやってやるのか?」を知るだけでも非常に勉強になります。


医療は急速に進歩しており、その度に職場での業務も少しずつ変わります。


ですので、研修セミナーを受講することによって、最新の医療機器の取り扱い方だけで
なく、看護知識、看護技術に関することをしっかり学ぶことが出来ます。


研修セミナーの調べ方は以下のとおりです。



(1)市役所など役場に問い合わせる

(2)大学病院などの医療機関に問い合わせる

(3)住んでいるエリア付近にある看護協会に問い合わせる

(4)ネットを利用して自分で探す

(5)看護師転職サイトを利用して再就職の相談から始める


申し込みに関してはネットで申し込むのが一般的です。


子育て中の方は、是非市役所に足を運んでください。


働きながら受けられる子育て支援の行政サービスは、意外と知らない方が多いんです。
行政側も広報誌やハガキなどで案内するだけなので、知らないのも無理ありません。


利用できるものは、すべて利用するくらいの気持ちで挑んでください。


そうすれば、より仕事と家庭を両立することが可能となります。





■円満退職は絶対です!!


再就職のための職場探しは大事です。自分にあった条件で職場探しをしましょう。


現職の方の退職についてですが、3か月前には退職について上司に相談しましょう。


相談といっても退職することを上司に伝えるだけです。また法的には2週間前に伝えれ
ば良いことになってはいますが、余裕をもって3ヶ月前には伝えましょう。


中々難しいですが、円満退職できるように、説明する理由もしっかり考えましょう。


上司の方は後任人事について考えなければなりません。


完全な売り手市場にありますので、後任の人材を確保するのは容易ではありません。


ですので、円満に退社するためにも退職願は早いほうがいいです。


退職願いを出してから休日を中心に就職活動をします。


看護師転職サイトを利用すれば、仕事と就職活動を並行して行なうことができます。


何度も退職・再就職を繰り替えすことになると、これまでのキャリアに傷がつきます。


そうならないためにも、再就職するにいたった原因についてしっかり考えましょう。
そうすることによって、次の再就職先をきちんと選ぶことができます。





『 こんな記事も読まれています 』