36.png



■見た目が何より大事な理由


面接当日の服装や身だしなみについてですが、第一印象でその人の運命が決まります。それくらい見た目が大事なんです。事実これまで以上に見た目が問われています。


患者さんの中には看護師さんの身だしなみにクレームをつけてくる方も実際にいます。


ちょっとしたことがきっかけで大きなトラブルになる可能性もあるんです。


ですので、面接だけでなく、入職後も好感がもてる服装を心がけてください。


看護師さんの服装や身だしなみに関しては、職場全体のイメージを左右します。


看護師さんは清潔感が病院側からなにより求められます。


患者さんから信頼されるためにも清潔感が大切です。仮に看護師として優れたスキルがあっても、見た目が汚らしかったら良い印象は与えることは当然できません。


ですので、面接の場では当然のことながら見た目の印象が問われることになります。覇気がなく疲れ切った表情で面接に挑めば、いい結果はまず得られません。






■好印象を与える服装や身だしなみ


次に女性のメイクについてですが、ナチュラルメイクを心掛けて下さい。


昭和の女優のようなド派手メイクはご法度です。


子育てなどを理由に長いブランクが生じた看護師さんが再就職する場合、逆に地味過ぎるケースも少なくありませんので、働いている友人に相談してください。


香水も香りがきついものは不快感を与えてしまいますので注意してください。


爪は意外にないがしろにされています。目立たないから大丈夫と高をくくっています。しかし、面接官はしっかり見ていますから、長いなら短く切ってください。


またマニキュアは面接前日までに落として下さい。


アクセサリー類もきちんと外してくださいね。


次に服装についてですが、スーツもしくはジャケットが基本となります。


できるだけ地味目がいいです。長い髪はきちんと束ねた方が良い印象を与えられます。


派手な色のカラーリングは控えて下さい。


もしかなり目立つようでしたら自然な髪の色に染め直しましょう。





■声は服装や身だしなみと同じくらい大事!


くどいようですが面接では面接官に良い印象を与える必要がどうしてもあります。


そして採用を決める要因として「第一印象」が占める割合が高いです。


かといって媚びへつらう必要は全くありませんが、面接官に選ばれなければ内定はもらえませんので、第一印象を良くするためには服装や身なりだけではだめです。


それなりの知性も求められますが、第一印象だけで人は決めつけてしまいます。


見た目とおなじくらい大事なのが「声」です。


殘念ながら小さな声で喋るだけで消極的な人と決めつけてしまいます。


一度そう思われてしまったら、どんなに頑張って面接中の受け答えが良くても、面接官に良い印象を与えることは難しいので、採用される可能性は低いです。


それくらい面接で第一印象が占める割合が大きいわけです。


ですので、声がしっかり通るように意識してはっきり喋るようにしましょう。


オススメなのは、テレビのタレントさんなど、あなたが常日頃印象が良いと感じている人の真似をすることです。そうすると自然と無理なく立ち振る舞うことが出来ます。





『 こんな記事も読まれています 』