98.png



■新卒の看護師の離職率の高い病院の特徴とは?!


「日本看護協会」から発表されたデータによりますと、2013年に常勤の看護師さんの
「離職率」は、前年比0.1ポイント増の11.0%となっています。


一方、新卒の看護師さんの離職率についてですが、前年比0.4ポイント増の7.0%です。
特徴として、病床規模の大きな病院の方がそうでない病院よりも離職率が低いようです。


病床数が多い病院の方がお給料が高めに設定されており、各業務に関する院内研修も整備
されているので、こうした待遇や教育体制の差が大きく影響しているようです。


未だに現場志向の強い病院では、研修や勉強会などをほとんど行わずに従業員を迎え入れ
るところも少なくありませんが、そうした病院は総じて離職率が高いです。


しかも「なぜすぐに辞めてしまうのか?」、一切検証しないので、原因が分からないまま
(分かろうとしない)従業員を補充しようとするので、問題がエンドレスとなります。



【 看護業務の問題 】

病棟で働く看護師さんの多くが、一般の会社で働く人達からは想像できないほどの仕事量
を抱えています。こうした状況にありながら、さらに業務の効率化を求められています。


中でも以下の三つは病床規模が大きくなればなるほど増えていきます。


(1)薬剤の管理

(2)書類作成

(3)書類・伝票の整理


しかし、悲しいことに病院側は、看護師さん個人の能力の問題と考える傾向が強いですが、
個人がどんなに頑張っても、これらの業務の効率化を高めるのは限界があります。


無理に進めると、本来やらなければならないメインの業務に支障をきたします。


事務職員の数を増やすなどして、看護師さんの負担を軽減すべきなのですが、こういった
ことに関しても病床規模が大きい病院の方が、しっかり対策を取られています。




【 新卒看護師のお給料 】

2014年度の新卒看護師の初任給は以下のとおりとなっています。


(1)高卒+3年課程卒が平均基本給与額19万7,689円
   平均税込給与総額26万2,074円


(2)大卒が平均基本給与額20万4,683円
   平均税込給与総額27万200円


新卒看護師のお給料は毎年微増ながらも確実に増えている状況が続いています。


まとめますと、新卒の看護師さんが1年以内に退職する原因は以下の通りです。


(1)新人看護師のための院内研修がしっかり整備されていない

(2)業務全般が著しく効率が悪い

(3)(2)が原因で職場内で問題が多発

(4)(2)(3)が原因で人間関係に問題あり

(5)お給料や待遇面が良くない





■新卒の看護師が再就職するのに適しているのは?


様々な理由で、やもえず入職されてから1年以内に退職してしまった新卒の看護師さんが
再就職するのであれば、大学病院や総合病院などの大型病院がいいでしょう。


上述した通り新卒の看護師さんの離職率は年々上昇傾向にあり、7%台後半にあります。


傾向としては、病床数が多い大きな病院ほど離職率が低いです。


大型病院には新人看護師を育成する「研修」や「プリセプター制度」があります。


新卒の看護師さんをしっかり指導してくれる先輩看護師がいます。


ですので、人によって言うことが違うため混乱するといったことがありません。


このため看護技術や知識にとどまらず、幅広い知識を学ぶことが出来ます。


大きな病院では勉強会や発表会、研修なども良くあり、勉強する機会が多いので、将来的
なキャリアプランを早い段階で作り上げることをオススメします。


目標・目的が明確な状態で働くのと、全くない状態で働くのとでは、言うまでもなく、
将来的に大きな差がでますので、キャリアプランを作成することが何より重要です。





■再就職するのに必要な心構えとは?


また「看護技術」に関してですが、色々な検査の補助や、手術後の患者さんの経過を観察
したり、処置するにしても、大型病院なら多くのことを深く学べます。


できるだけ若いうちに色々なことを経験することにより、将来何らかの形で役立てること
ができます。例えば他の病院に転職することになっても、対応できます。


新卒のときに色々なことを吸収しましょう。


時には先輩に厳しく注意されることもあるでしょう。


これは非常に有り難いことなんです。


確かに怒られるのは気持ちのいいことではありません。しかし、どんなに技術や知識を身
につけても人間的に成長することができなければ意味がありません。


かえってそれらが重荷になるからです。例えば将来ある程度の年齢に達して、それなりの
ポジションを与えられても、その「重責」に耐えることができません。


仕事を続けて何か壁にぶつかった時に、乗り越える力となるのが、下積み時代にどれだけ
頑張れたかなんです。これを無くして看護師の仕事は続けられません。


看護師以外の仕事にキャリアチェンジした場合も同じです。


技術や知識は確かに大事ですが、身につけたら終わりというわけにはいきません。





■再就職して一人前の看護師になるために必要なこと


新卒の看護師さんが再就職する場合、ひたすら耐える覚悟があるのか?、自分自身に問い
ただす必要があります。なければ看護師として働くことを諦めなければなりません。


ひたすら我慢して勤めながら、一人前の看護師になるために必要な技術と知識を身につけ
なければならないわけですから、それ相当の覚悟がなければ難しいです。


同じ職場の先輩も皆さん同じように苦しみながら一人前になりました。


今だってもしかしたら逃げ出したいときがあるでしょう。


しかし若いころの下積みがしっかり支えてくれるので、逃げずに踏ん張れるのです。


それを理解できるようになると、職場で働いている人たちを素直に尊敬できます。


看護学校で大変な思いをして看護師になったわけですから、できるだけ沢山のことを若い
うちに学んだほうが絶対将来役に立ちますので、諦めずに頑張ってください。


病院は学校ではないので、指示を待ちながら突っ立ているだけではダメです。


分からないことがあれば、積極的に自分から先輩方に質問して下さい。


そのさいに必ずメモをとってください。そのためにも常にメモを携帯しましょう。


そして、必ず「ありがとうございます」を忘れないで下さい。


また、同じ質問をくりかえさないために、その日の内にノートにまとめて下さい。


これでかなり理解が深まります。このノートがあなたの財産になります。


そうすることによって、一人前の看護師になるためにこれまで大変な苦労を重ねて必要な
技術と知識をみにつけた先輩たちから色々と教えてもらえるようになります。





『 こんな記事も読まれています 』