■治験関連の企業看護師について


企業看護師は、文字通り企業で働く看護師さんのことです。


一般企業の医務室で従業員の健康管理をするだけが企業看護師の仕事ではありません。
実際に企業看護師の仕事もここ数年でかなり多様化しています。


製薬会社では治験の仕事として企業看護師を求めています。


企業看護師が業務に携わる治験の仕事で代表的なのは以下の2つです。


(1)治験コーディネーター(CRC)

(2)臨床開発モニター(CRA)



治験コーディネーターは、医師の下で治験業務のサポートを行います。


一方、臨床開発モニターは治験に関する契約を行ったり、モニタリングを行います。
治験が正しく行われているか、それぞれの工程を精査するのも重要な仕事です。


治験の仕事は一般病院で働くのとは違ったコミュニケーション能力が必要です。


また、医療機器メーカーで医療機器の使用に関するサポートを行うフィールドナース
なども企業看護師の仕事の一つです。いずれも非常に人気の高い仕事です。


企業で働く看護師さんの仕事の中で一番専門性が低いとされるのが「産業看護師」の
仕事で、会社の従業員の健康管理などを行うのが主な仕事となっています。





■企業看護師の仕事を探すのは簡単ではない!


一般の間の人で企業看護師の存在を知っている人は皆無です。


それなりのキャリアがある看護師さんでも企業看護師について知ってる人は多くあり
ません。ですので、裏をかえせばそれだけチャンスがあるともいえます。


残念ながら企業看護師の求人自体はそれほど多くありません。


ハローワークで企業看護師の求人を探すのは困難です。


またナースバンクも取り扱っている看護師求人の帯はが病院が中心となっています。


このため、ハローワークと同様に企業看護師の求人を探すのは難しいです。


企業看護師は非常に専門性が高い仕事なので、看護師転職サイトの利用は必須です。


看護師転職サイトでは「 未公開求人 」として取り扱っています。


当サイトが唯一オススメさせていただいている看護師専門の転職・就職支援サービス
を提供している「 ナースではたらこ 」は、この分野にも非常に強いです。





■企業看護師は本当に休みがとりやすいのか?


企業看護師は、病棟勤務では考えられないくらい「お休み」を取りやすいです。


特に外資系の製薬会社は仕事は大変厳しいですが、休みは取りやすいです。


実際に医療機関や介護施設で働く看護師さんよりも労働環境は恵まれています。


一般病院では病床がある関係で日曜祝日だけでなく、お盆やお正月でも休むわけには
いきませんが、一般企業の多くが土日祝日はお休みなのも大きなメリットです。


人手が足りない病院で働くと、休みを取るという労働者の権利すら気を使わなければ
取りにくい環境にありますので、こうした点に魅力を感じる方が多いです。


しかし治験の仕事に就くとなると、より専門性の高い知識をみにつけなければなりま
せんので、楽観視しすぎると入職した後に大変な思いをするので注意しましょう。





『 こんな記事も読まれています 』