■企業で働く=仕事が楽ではない!


病院勤務の仕事は非常にハードであるため、「年齢的・体力的な問題」から、これ以上
同じ職場で働き続けることに限界を感じている方が少なくありません。


そうした看護師さんの転職先として「企業看護師」は非常に人気が高いです。


しかし、これまで長い間「医療機関」で働いていた人が、いきなり一般企業に転職する
わけですから、仕事や職場の雰囲気に慣れるまでは何かと苦労がつきものです。


安易に企業看護師の仕事は病院勤務よりも楽だろうと考えるのは危険です。


勝手に都合よく期待しすぎると入職したあとに期待を裏切られます。企業看護師として
出来るだけ長く働き続けるためにも、実情を知っておく必要があります。





■夜勤がないので肉体的・精神的負担は小さい!


まず、企業看護師の仕事は一部の企業(工場を24時間365日稼働させる会社など)
をのぞいて、基本的に「夜勤」はありません。「日勤」のみとなります。


一般病院で正職員として働く場合は夜勤が前提となっています。


夜勤がつらいのは、日勤と夜勤を両方こなさなければならない点です。


昼と夜が月に何回も逆転することになりますので、質の高い睡眠を維持するのが困難な
ため、慢性的な睡眠不足と疲労感に悩まされている方が少なくありません。


ですので、夜勤がないだけでもかなり楽と感じることでしょう。


しかし、夜勤がないからといって、企業看護師の仕事=楽というわけではありません。


企業看護師の仕事には病院勤務にはない難しさがあります。


例えば企業の医務室で働く場合、職場には1〜2人しかいません。


こうした理由から全ての仕事をほぼ一人でこなさなければなりません。一般病院では、
分担制になっていることが多いわけですが、企業看護師の場合はそうではありません。


民間企業では分担制にするほうが効率が悪いと考える傾向が強いです。





■企業で働く方が仕事の責任感は大きい!


このため雇用側は看護師としての知識や技術に加えて強い責任感を求めています。


なぜなら少数精鋭で日々の業務に取り組まなければならないからです。


このため、企業看護師一人ひとりの責任が非常に重いです。


例えば医療機器メーカーでは、看護師として身につけた医療機器に関する知識と実際の
現場で起こりえる様々なことを想定し、自社製品の販売からサポートまで行います。


治験関連企業では、治験業務に関わる全ての人間や会社の間に立ち、交通整理のような
役割を果たしながら、高いコミュニケーション能力と責任感がなければ務まりません。


夜勤がない点だけをみれば肉体的にも精神的にも楽に感じることでしょう。


しかし、企業看護師=仕事が楽と安易に考えると痛手をこうむります。


これまで看護師として働いてきたことで身につけた技術や知識を応用する形で生かせる
ようになると、次第に仕事は楽しくなっていきますので、それまでが辛抱です。





『 こんな記事も読まれています 』