■産業看護師の求人市場の現状について!


産業看護師として働きたいと思っていても、実際に産業看護師になるのは大変です。
それくらい看護師さんの間で産業看護師は人気の高い職業なんです。


一般企業では一部をのぞいて夜勤がありませんので、産業看護師の仕事は基本的に
夜勤がありません。こうした点に魅力を感じている看護師さんも多いです。


実際に一般病院で働く看護師さんの転職先として非常に人気があります。


しかし、産業看護師の求人そのものが少ないのです。


ただし、悲観する必要はまったくありません。


というのも、ある程度規模の大きな会社では、従業員の心と体の健康管理を会社主導
で行なうケースが年々増えており、今後さらにこうした動きが広がることでしょう。


ただし現状ではこうした動きに比例して産業看護師の求人が増えているわけではあり
ません。企業側も「産業看護師の募集」に関しては非常に慎重です。





■産業看護師の求人数が少ない理由とは?


国内の企業数は、中小企業が約430万社あるのに対し、大企業は1.2万社です。


中小企業の大半は産業看護師を雇用するどころか、医務室すらないところが多いです。


実際に医務室を会社内に設置するとなると、それなりの費用がかかります。


そして、年間の維持費も相当かかるので、中小企業でもそれなりの会社でなければ、
維持することは到底できません。ですので、甘い期待を抱くと裏切られます。


また仮に医務室を設けて産業看護師を配置しても採用枠そのものが非常に少ないです。


一方、大企業は、中小企業と比べれば確かに産業看護師を雇用しているところが多い
わけですが、それでも一般の病院とは比較にならないほど少ないのが現状です。


このため、産業看護師の求人はどうしても数に限りがあります。





■産業看護師の求人を探すさいの注意点


最後に産業看護師の求人の探し方についてですが、基本的に「ハローワーク」や一般
の「転職サイト」で取り扱われることはまずありません。


看護師転職サイトの未公開求人が一般的です。


しかも欠員が出たために募集を掛けるケースが圧倒的に多いです。


しかし、産業看護師の仕事は基本的に離職率が低いので、中々募集がかかりません。


ですので看護師転職サイトを利用したからといって、すぐに産業看護師として働ける
わけではありませんので、あせらずに時間をかけてじっくり取り組むべきです。


まず会員登録して、いつでも求人を紹介してもらえる体制を整えておきましょう。





■看護師転職サイトに登録して気長に待ちましょう!


看護師転職サイトはすでに100社以上ありますが、取り扱っている求人の大半は、
一般の病院やクリニックです。医療機関以外の求人は本当に少ないです。


しかも、医療機関以外の求人を取り扱うことができるのは、ごく一部の大手です。


やはり、親会社が大手求人サイトで、その子会社として看護師転職サイトを展開して
いるところが強いです。何といっても情報の質と量で圧倒的に優れています。


驚くべきことに看護師求人サイトを3つも4つも登録することを勧めているところも
ありますが、その分やり取りが増えるので、否応なしに時間が削られてしまいます。


ですので、当サイトでは厳選した結果として一社のみご紹介させて頂いてます。





『 こんな記事も読まれています 』