■臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事!


看護師資格を生かして製薬会社など治験関連企業で働く場合、「臨床開発モニター」
というお仕事があります。臨床開発モニターは治験を裏から支える重要な仕事です。


治験は新薬を開発するために絶対的に必要なご有無です。


しかし、その工程だけでも膨大な数がありますし、薬を服用する患者さん(被験者)
だけでも相当な数がいるので、それをまとめるのは本当に大変な仕事です。


これら治験の業務をまとめるのが、治験コーディネーターの仕事で、治験の各業務が
正しく行われているか、確認するのが臨床開発モニターの仕事となります。


このため臨床開発モニターは、治験コーディネーターのように患者さんと接すること
はほとんどありません。緻密なデーター収集及びデータ管理が仕事の中心です。


このため治験の仕事に興味のある看護師さんの多くが、治験コーディネーターの仕事
により興味を示しています。実際に治験コーディネーターの方が向いています。





■臨床開発モニターの仕事とは?


現役で活躍されている臨床開発モニターの多くが製薬会社に属しています。


臨床開発モニターは、提携先の医療機関にて、医師をはじめ治験にかかわるスタッフ
とともに治験の開始から完了までの各工程を確実に行なうために作成していきます。


そのために何度もミーティングを重ねて確実なものにしていきます。


治験が実際にスタートしてからが大変で、患者さんに副作用の症状が出ていないか、
こと細かに確認しながら、治験に関する様々なデータを集めていきます。


もちろんデータを集めたらそれで終わりというわけにはいきません。


そのデータをしっかりまとめて報告書を作成なければなりません。


臨床開発モニターは、治験の全てに関わる重要な仕事であるため、治験終了に関する
色々な手続きも行わなければなりません。このため最後まで気が抜けません。


言葉にすると簡単ですが、ミスが許されない仕事なので、何かとストレスが多いです。





■臨床開発モニターに求められるスキルとは?い


先に述べた通り、治験コーディネーターは、治験の工程にあわせて段取り通り進めて
いくのが仕事ですあるため、被験者である患者さんとも接する機会が多いです。


しかし、臨床開発モニターは患者さんと接する機会は少ないです。


「縁の下の力持ち」的に治験に関する全ての業務を支えていきます。


このため臨床開発モニターの仕事は必然的に事務的な作業が多いです。


パソコンで治験に関する様々なデータを作成したり、管理するのも重要な仕事です。


臨床開発モニターの仕事は一見すると地味ですが、非常に重要度の高い仕事です。


また日々治験に関する膨大なデータを処理をしなければならないので、これらを確実
に処理していくためにも、高い「データ処理能力」がどうしても求められます。


仕事が仕事なだけに、臨床開発モニターの仕事は残業が多いですが、その分「給料」
に確実に反映されるので、やりがいはありますが、その分責任は非常に大きいです。


一般病院に勤務していた看護師さんが、臨床開発モニターにキャリアチェンジされる
ケースはあるにはありますが、治験コーディネーターほど多く無いのが現状です。


看護師資格と病院勤務で培った経験を最大限生かすのであれば、臨床開発モニター
よりも、治験コーディネーターの方が看護師さんに向いています。





『 こんな記事も読まれています 』