■献血関連の仕事の特徴について


献血関連の仕事は血液センター・献血ルームなどで採血するのが基本となっています。


血液センターと献血センターを混合されている方が少なくありません。


しかし、献血センターという施設は実在しません。正しくは血液センターです。


血液センターをはじめとした献血関連の職場は働きやすいうえに、夜勤や準夜勤などの
変則勤務がないにもかかわらず、お給料も比較的高めに設定されています。


献血関連の看護師求人の大半は、パートやアルバイトなどの非常勤が中心であるため、
求人数が多いので比較的採用されやすいうえに求職者側の希望が通りやすいです。


また、カレンダー通り(土日祝日)休めるなど複数のメリットがあります。


このため病院勤務の看護師さんの間でも転職先候補として非常に人気が高いです。


また、ダブルワークしながら採血の腕を磨いている看護師さんもいます。





■献血関連の仕事は採血が得意な看護師さんが有利!


献血関連の仕事の主な職場は、先にのべたとおり、血液センターや献血ルームです。


仕事の大半は採血ですが、採血を苦手としている看護師さんが近年増えています。


このため、パートやアルバイトなどの非常勤で職員を確保する必要があるわけです。


つまり、採血が得意というだけで、一生物の技術をみにつけたのと同じなんです。


それくらい、採血は医療機関では重宝される技術なんですね。


基本的に病院で採血する場合は、検査が中心ですから、採血する看護師さんに対して、
嫌がらせや、文句を言ってくる患者さんも多いので、度々問題となっています。


年々こうした傾向が広がっているため、採血を苦手にする看護師さんが増えています。
昔は多少の傷みは我慢してくれたのですが、最近は我慢する人が減ってます。


しかし、献血センターには検査目的で訪れる人もいますが、病気の人は来ません。


自分の血を提供していいと、自ら足を運んでくださる方が大半です。


このためトラブルが少ないので、非常に働きやすい職場とされています。





■こんな方に献血関連の仕事はぴったり!


献血関連の仕事は、ほぼ採血のみを行いますので、採血が得意な人の方が有利です。


どんなことでも、一つのことを極めるというのは並大抵のことではありません。


採血を極めれば鬼に金棒です。しかし、長年病院で働いてきた看護師さんからすると、
献血関連の仕事は、採血ばかりなので仕事が単調に感じるかもしれません。


そこで向き不向きが別れると思いますが、働きやすさで言えばダントツです。


しかも、ここ最近は採血が出来る看護師さんを確保するのが難しくなっています。


このため時給も2000円を超える求人が珍しくありません。厚遇が期待できます。


血液センターや献血センターなどの献血関連の求人は、常勤よりも非常勤が多いです。


職場によっては午前中のみの仕事もありますので、子育て中の若いママさん看護師には
ピッタリの仕事です。無理なく家庭と仕事を両立させることができます。


求人の中には「採血専門」で募集をかけているものもありまして、採血ができることを
条件に、かなりの高待遇が期待できますので、非常に人気が高いです。


雇用形態も色々あるので、献血関連の仕事に興味があれば是非ご一考ください。





『 こんな記事も読まれています 』